現状に問題意識を持ち、課題と取り組みの『見える化』によって、いつでも、どこでも、どんなときでも、期待される水準以上の成果を継続的かつ確実に出します。