フリーソフトの使い方
■ 

DVDStyler

DVDStyler
○. インストール
ダウンロードしてきた、DVDStylerの.exeファイルを実行すると上の画像、上段左端のインストールウィザード開始画面が表示されますのでNEXT
をクリックします。上段2枚目の画像、インストール先の変更画面では、通常、何もせずにNEXTをクリックして先へ進めば良いのですが、旧バー
ジョンを利用される場合は、『 C:\DVDStyler 』 等のように、Cドライブ直下のフォルダにインストール先を変更しないとエラーが発生する事がある
ようです。 上段3枚目の画像は、スタートメニューに登録するフォルダ名の変更画面ですが、そのままNEXTをクリックして上段右端の画像、ショ
ートカットの作成画面へ進みます。 好みでチェックを入れてNEXTをクリック。下段左端の画像でInstallをクリックするとインストールが始まり、下
段2枚目の画像、インストール状況が表示されます。 インストールが終わると下段3枚目の画像が表示されますが、続けて日本語化をする場合
はチェックを外してFinishをクリックします。 これで、インストール作業は完了です。 DVDStyler本体のダウンロードは、フリーソフト Part2 厳選フ
リーソフト紹介
 を利用して下さい。
○. 日本語化
ダウンロードしてきたDVDStylerの日本語化パッチを解凍し、DVDStyler15b5JP_r1.EXEファイルをDVDStylerのインストールフォルダへコピーして
実行すると、上の画像下段右端のように実行状況が表示され、日本語化完了を知らせてくれるのでOKボタンを押すだけです。日本語化する場合
の注意点は、DVDStylerを起動していない状態で作業をする点と日本語化ファイルのコピー先を間違えないようにする点です。DVDStyler日本語
化パッチのダウンロードについても、フリーソフト Part2 厳選フリーソフト紹介 を利用して下さい。
○. 初期設定
DVDStylerを起動して、下の画像のように構成 → 設定をクリックすると設定ウィンドウが開きます。画像の赤枠で囲んだ部分で表示言語、メニュ
ーの映像形式、フォルダ表示のデフォルトの3項目を設定します。表示言語については、プルダウンメニューから日本語を選択、次のメニューの
映像形式については日本国内での映像機器で利用される『 NTSC 』方式をプルダウンメニューから選択します。3番目の項目のフォルダ表示の
デフォルトについては、ソースファイルを保存しているフォルダのパスを指定して初期設定は完了です。
DVDStyler
■ オーサリング操作
DVDStyler
1. (参考画像=上左側)
DVDStylerを起動し、フォルダタブをクリックします。
2. (参考画像=上右側)
DVDビデオに取り込みたい動画のソースファイルを下のエリアへドラッグ&ドロップします。
エクスプローラーから直接ドラッグ&ドロップしたり、複数のファイルを登録する事も可能です。
また、DVDビデオの規格に合わないソースの場合やソースフォルダ、ソースファイル名に日本語( 2バイト文字 )が含まれているとオーサリング
時にエラーを起こすので注意して下さい。
3. (参考画像=下左側)
登録したソースファイルをダブルクリックするとチャプタ設定ウィンドウが開きます。
チャプタの位置はデフォルトの状態では15分置きに設定されているので、チャプタの開始時間をソースファイルに合わせて変更します。
4. (参考画像=下右側)
背景画像タブをクリックして背景画像のサンプルを表示させ、使用する画像を右側のメインエリアへドラッグ&ドロップします。
別の画像を使いたい場合は、エクスプローラーから直接ドラッグ&ドロップします。
また、画像を重ねて配置する事も可能です。
操作は手動で位置の調整やサイズの調整ができるので、ユーザーの感性や好みで調整して下さい。
DVDStyler
5. (参考画像=上左側)
背景画像の右クリックメニューでプロパティを選択実行すると、プロパティウィンドウが開きます。
このウィンドウでも背景のサイズや位置、透明度等の調整ができます。
6. (参考画像=上右側)
ボタンの配置は、ボタンタブをクリックしてボタンのサンプルを表示させ、使用するボタンを右側のメインエリアへドラッグ&ドロップした後、手動で
配置位置を調整します。
また、ボタンを配置した画面上で右クリックし表示されるメニューの 『 追加 』 → 『 テキスト 』 を実行するとテキストの追加ウィンドウが表示され
るので、テキストボックスに入力してOKボタンを押すと画面に文字が表示されます。
この文字も手動で配置位置などを調整します。
7. (参考画像=上右側、下左側)
配置したボタンを右クリックして表示されるメニューのプロパティを実行するとプロパティウィンドウが開きます。
このウィンドウでボタンを押した時のアクションや表示色、配置位置やサイズを決定します。
8. (参考画像=下右側)
オーサリングを実行するには、ツールバーのファイル → DVDに書込みを実行して表示される書込みウィンドウで保存先の選択や出力ファイルを
ISOファイルにするか、DVD-Video( VIDEO_TS+AUDIO_TS )ファイルにするかの選択をして開始ボタンを押します。
DVDStyler
9. (参考画像=下左側)
オーサリングが始まり、生成の状況が表示されます。
10. (参考画像=下右側)
すべての処理が終わると、生成が正常に終了した旨の表示が有り、作業は終了です。
保存先フォルダで確認しライティングソフトでDVDメディアへ書き込めば、DVD-Videoが完成します。
DVDStyler
●. オーサリングに失敗した場合のエラーについては、日本語パッチ配布元サイト、DVDなToolsたちのFAQ を参考にして下さい。
PR  ソースネクスト PR