フリーソフトの使い方
■ 

SpybotSearch&Destroy

                                                    初心者講座 Part13 Securityへ戻る
SpybotSearch&Destroy
○. インストールとレジストリのバックアップ
ダウンロードした、SpybotSearch&Destroyを実行すると上の上段左端の画像、セットアップ言語の選択ダイアログが表示されるので、Japaneseを
選択してOKをクリックします。 上段中央の画像、使用許諾画面では同意するにチェックを入れます。後の画面は何も変更する必要がないのでセ
ットアップウィザードに従い、次へをクリックして進み、最後にインストールをクリックします。インストール経過の画面が表示され、終了すると下段
右端の画像、セットアップウィザードの完了画面が表示されるので、完了をクリックしてインストール作業を終わります。SpybotSearch&Destroyが
初回起動すると左下の画像、注意事項ダイアログが表示されるので、『 □ 次回からこのメッセージを表示しない 』 にチェックを入れてOKをクリッ
クします。次に、万一の場合に備えて、右下の画像の 『 レジストリの完全なバックアップを作成 』 をクリックしてレジストリのバックアップを取って
おいて下さい。
SpybotSearch&Destroy
左上の画像、レジストリのバックアップが終了すると、次へがクリックできるようになるのでクリックして右上の画像へ進みます。アップデータの検索画面ですが、ここでは何もせずに、次へをクリックして左下の画像へ進みます。免疫画面ですが、ここでも何もせずに、次へをクリックして右下の画像へ進み、『 プログラムを使用開始 』 をクリックします。
■ 操作方法
SpybotSearch&Destroy
○. アップデートとスキャン操作
実際の操作は下の画像、1‐1 SpybotSearchDestroyのメイン画面上で操作します。 最初に遣っておく必要があるのがアップデータの検索と更新
です。ウィルスの定義ファイル同様にスパイウェアの情報も常に新しいものでないと意味を成しません。この画面にも表示されているように常にア
ップデータの検索と更新をするように心掛けて下さい。 実際の操作方法は、『 アップデータを検索 』 ボタンを押すと画像、1‐2 のアップデート画
面が表示されて検索が始まります。 検索が終了すると画像、1‐3 のようにアップデータの項目にアップデータ名が表示されるので、チェックボッ
クスにチェックを入れて 『 アップデータをダウンロード 』 ボタンを押すと進行状況が表示されます。 アップデータのダウンロードが終了するとアッ
プデータの更新は完了です。次に、スパイウェアをスキャンする操作ですが、これもメイン画面の 『 スキャン開始 』 ボタンを押すと画像、2‐1 の
検索 & 修正/削除画面が表示され、スパイウェアのチェックが始まります。チェックが終わると画像、2‐2 のように、問題個所の項目にスパイウ
ェア名が表示されるので、チェックボックスにチェックを入れて 『 問題個所を修正/削除 』 ボタンを押します。確認ダイアログが表示されたら 『 は
い 』 を押すと実行されて画像、2‐3 のように修正された旨のダイアログが表示されますので 『 OK 』 を押すと終了です。注意しなくてはならない
のがスパイウェアとして発見された問題個所にスパイウェア以外の必要なエントリ等が表示される場合がある事です。SpybotSearchDestroyの画
面にもあるように、使用は自己責任である事を理解してレジストリのバックアップを取ることや、スパイウェアをチェックした後の問題個所に表示さ
れた項目に不安が残るような場合には、Goole等で検索して調べた上で修正/削除を実行する位の慎重さを持つよう心掛けて下さい。
SpybotSearch&Destroy SpybotSearch&Destroy
○. 侵入防止操作
SpybotSearchDestroyには、スパイウェアの侵入を防止する機能もあります。操作方法は簡単で上の画像、1‐1 の赤枠で囲んだ 『 Immunize -
免疫 I 』 ボタンを押すと画像、3‐1 が表示されるので、警告ダイアログボックスのOKを押します。画像、3‐2 が表示されるので 『 免疫化 I 』 ボタ
ンを押すと設定が変更されてスパイウェアの侵入そのものを防ぐ設定が即時に反映されます。万が一不具合が起きた場合は画像、3‐2 の 『 解
除 』 ボタンを押すと、この機能は即時に解除されるようになっているので元に戻して様子を見て下さい。