初心者講座
■ 保守操作
●. パソコンは精密機械です。当然、ディスプレイの液晶を拭いたり、本体やキーボードの埃を取り除いたりと物理的な保守作業を怠らないようにするの
は大切なことです。しかし、ここでは物理的な保守作業の解説を行う訳ではありません。ここで言う保守操作とは、OSのケア、つまり、Windowsの動作を
快適に保つために定期的にやるべきWindows上でのメンテナンスの解説です。
アップデート
(参考画像=上左側)
Windowsでは、リリースされた後から出てくる不具合やセキュリティ面での問題などを解消するためにWindowsのUpdateを行っています。通常、Windows
では、自動的に更新プログラムをインターネット経由でダウンロードし、更新を促すようになっていますが、定期的にユーザー自身で更新プログラムの有
無を確認してインストールするくらいの心構えを持ちたいものです。スタートメニュー → すべてのプログラムで、一番上にある項目のWindows Updateを
実行します。画像のページへ移動するので、高速、(自動モード) もしくは、カスタム (更新プログラムをユーザー自身で選択する) のどちらかを選択して
クリックすると、正規ユーザーの確認画面へ移動します。後は、画面の指示に従って操作するだけです。よく分からない場合には、高速を選択する方が
無難でしょう。この操作は、セキュリティ面での重要な保守操作と言えます。また、MediaPlayer周辺ツールのUpdateも心掛けて下さい。
(参考画像=上右側)
更新プログラムをまとめたものをサービスパックと呼びますが、WindowsXPの場合は、SP2 (サービスパック2) が最新版です。SP2がインストールされて
いないPCには導入するべきですが、一部のPCでは、導入前にメーカーの修正プログラムを必要とするものもありますので、事前に確認して下さい。SP2
導入済みの場合は、Windowsの更新プログラムの自動適用機能の設定ができます。初期値では自動が推奨されていますが、更新が他の作業中に重な
ると、作業中であっても自動的に再起動される可能性もあり、実行中の作業が強制終了されてしまいますので、二番目のダウンロードは自動で、インスト
ールは手動と言う設定に変更しておきます。この設定はコントロールパネルの自動更新項目から行えます。
(参考画像=下左側)
ソフトウェアのインストールやアンインストールを繰り返しているとスタートメニューも煩雑になってきます。ソフト自体をアンインストールしたのにメニュー
に項目が残っているもの、リンク切れになったままメニューに項目が残っているものなどは不必要です。そこで、スタートメニューを整理するという保守操
作が必要になってきます。必要なくなった項目は右クリックで削除を選択し実行します。次に、画像のようにスタートメニュー → すべてのプログラムで項
目を選択して右クリックし、表示されるメニューから 『 名前順で並び替え 』 を選択して実行します。これでプログラムグループ → ショートカットの順に並
べ変える事ができるので多少は使いやすくなります。また、ドラッグ&ドロップで個別に項目を並べ替えることもできますが、初心者講座 Part2 基本設定
で説明しているタスクバーとスタートメニューのプロパティ画面のスタートメニュータブ → カスタマイズボタン → 詳細設定へと進み 『 「スタート」メニュー
に項目をドラッグ/ドロップできるようにする 』 のチェックボックスにチェックを入れておかなければこの方法は使えません。
(参考画像=右、下右側)
ショートカットの削除更にスタートメニューを整理するには、スタートボタン上で右クリックし、『 エクス
プローラ‐All Users 』 を選択して実行します。画像のようにフォルダが開くので
直接整理します。フォルダを新規作成し、同種のプログラムをまとめて格納して
フォルダの名前を分かり易いものに変更します。整理が終わったらウインドウを
閉じます。スタートメニューを開いて確認してみると、項目が分かりやすく整理さ
れているはずです。また、不要なショートカットを削除する時に表示されるダイア
ログは、ショートカットを削除してもプログラム本体は削除されない事を警告して
いるだけなので気にせずにショートカットの削除を押して構いません。
スタートメニュー
●. PCには、使っているうちに表面上では分からない不要なデータが蓄積されていきます。ソフトウェアのインストール時に作成された一時ファイルやウェ
ブページの閲覧などで作成されるブラウザの一時ファイル等にしても、その一つ一つのファイル容量は大きいものではありませんが蓄積されると、それな
りにディスクの容量を消費します。また、ソフトウェアのインストール、アンインストールを繰り返すうちにWindowsの様々な情報を記録して管理するレジス
トリと呼ばれるデータベースが肥大化し、その結果、PCの動作速度の低下につながります。他にも、長期間PCを使っているとファイルの断片化などと言う
現象も起こります。一般にファイルシステムは、一定のブロックを単位として管理されているので、ファイルを書き込む際には空きブロックの中から必要な
数のブロックが割り当てられる仕組みになっています。ブロック単位でディスクを管理すれば、ディスク容量を有効に利用できるという、メリットがあるから
です。この時使用されるブロックは必ずしも物理的に連続している必要はないのですが、ファイルの書き込みや消去を繰り返すと各ブロックが細かく分断
されてきます。これを断片化と呼び、本来、連続した情報であるはずのファイルが、細かい不連続なブロックに分断された状態を指します。これもPCの動
作速度の低下を招く大きな要因の一つです。以上のような問題点の解消が最も大切なPCの保守操作と言えます。
最適化
(参考画像=上左側)
画像は、断片化解消のために利用する、ディスクデフラグツールを起動したものです。スタートメニュー → すべてのプログラム → アクセサリ → システ
ムツール → ディスクデフラグを選択し、実行すれば起動します。操作は簡単で、画像のように一つのボリュームを選択した状態で、分析ボタンをクリック
すると、断片化の分析結果を表示してくれます。続けて、最適化ボタンをクリックすればデフラグ (最適化) が実行されます。他のボリュームも同じ要領で
操作します。すべて終わったらウインドウを閉じて終了させます。ただし、この作業には時間が掛かるので、空き時間を有効に活用して下さい。
(参考画像=上右側)
画像は、不要なデータを削除するために利用する、ディスククリーンアップのウインドウです。これも、システムツールのディスククリーンアップを選択して
実行すれば起動します。 ドライブの選択ダイアログが表示されるので、実行するドライブを選択してOKをクリックします。領域計算が行われた後、画像の
ウインドウが表示されるので、削除するファイル欄で、不要な項目にチェックを入れてOKボタンをクリックすれば実行されます。
(参考画像=下左側)
初心者の間は、パソコンの有効利用方法を、上手く見付けられないものですが、意識して使っているうちに使用目的がだんだん明確になってきます。そう
なってくるとアプリケーションも、よく利用するものと、全く使わないものに分かれてきます。全く使わないソフトウェアは残しておいてもディスク容量の無駄
になるだけなので削除してしまっても構いませんが、ファイルの削除をするように直接的な方法では不具合の原因になり兼ねませんので正しい削除方法
に従って下さい。 スタートメニューにアンインストールの項目があるものは、そのアンインストーラーを利用して削除を実行します。メニューにアンインスト
ールの項目がなく、通常のインストーラーから導入したソフトは、画像のようにプログラムの追加と削除から実行します。プログラムの追加と削除は、スタ
ートメニュー → コントロールパネルで、プログラムの追加と削除の項目を選択して実行すれば、画面を呼び出せます。プログラムの追加と削除のウイン
ドウで、削除したいソフトを選択して、変更と削除ボタンを押せば削除できます。プログラムのアンインストール中に、共有ファイルを検出した旨のダイアロ
グが表示されることがありますが通常は 『 はい 』 ボタンを押して削除しても、PCの動作に支障がでるようなことは少ないのですが、よく分からないのであ
れば、『 いいえ 』 ボタンを押して残すようにしたほうが無難かもしれません。
(参考画像=下右側)
Windows標準のソフトは、プログラムの追加と削除のウインドウ左側の 『 Windowsコンポーネントの追加と削除 』 をクリックして表示される、Windowsコン
ポーネントウィザードで、アンインストールしたいソフト名の左側のチェックボックスにチェックを入れ、次へボタンを押せば削除することができます。インス
トールの必要がなく、直接、実行ファイルをクリックして起動、利用できるタイプのソフトもありますが、このタイプのソフトは実行ファイルが入っているフォ
ルダごと、ごみ箱へ入れるだけで削除できます。 極稀に削除したくても、または、削除したはずなのに削除できないと言うようなことも起こりますが、その
種のケースに対応するには、強制的にフイルを削除してくれるソフトを利用するといいでしょう。強制的にファイルを削除してくれるソフトもビギナーズナビ
では、Reboot File Deleterと言う優れたソフトをフリーソフトのコーナーで紹介していますので利用して下さい。
プログラムの追加と削除
■ 補足
●. 最後に、レジストリの肥大化についての保守操作について説明しますが、レジストリに関する保守操作は、レジストリエディタを起動してユーザー自身
の手でレジストリを編集して実行します。しかし、この作業は初心者には、最悪の場合、Windows自体が起動しなくなるなどの危険も伴うため、実行し辛い
ものです。そこで、ビギナーズナビでは、ソフトウェアの利用を推奨します。 ビギナーズナビのフリーソフトのコーナーでも紹介していますが、RegCleaner
と言うソフトを利用するといいでしょう。 このソフトウェアは海外のソフトであるために、言語ファイルは付属しているものの文字化けすると言う不具合があ
ります。しかし、インターネットの世界は素晴らしいものです。日本語化パッチを作成し、無料配布されているサイトがありますので、そちらを利用するとい
いでしょう。また、操作方法も知らなくてはなりませんが、操作方法についても解説されているサイトがありますので参考にして下さい。他にもユーザー自
身でファイル保管の仕方を考えて整理整頓する等といったシンプルですが快適さを求める上では欠かせない保守操作と言える作業は沢山あります。PC
を快適に使い続けるためにも定期的にケアすることを怠らないで下さい。
ソースネクスト