レジストリ
★ バルーンヘルプの無効化
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Explorer
レジストリ レジストリ Advanced
エントリ EnableBalloonTips
値の種類 DWORD
セットする値 0
★ ようこそ画面に未読メールを表示しないようにする
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ UnreadMail
レジストリ
エントリ MessageExpiryDays
値の種類 DWORD
セットする値 0
★ ページアウトさせない設定
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SYSTEM
レジストリ レジストリ CurrentControlSet
レジストリ レジストリ Control
レジストリ レジストリ SessionManager
レジストリ レジストリ MemoryManagement
レジストリ
エントリ DisablePagingExecutive
値の種類 DWORD
セットする値 1
★ MFTゾーンのサイズ変更
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SYSTEM
レジストリ レジストリ CurrentControlSet
レジストリ レジストリ Control
レジストリ レジストリ FileSystem
レジストリ
レジストリ
エントリ NtfsMftZoneReservation
値の種類 DWORD
セットする値 1(最小)〜4(最大)
★ ネットワークの一覧にコンピューター名を表示しない設定
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SYSTEM
レジストリ レジストリ CurrentControlSet
レジストリ レジストリ Services
レジストリ レジストリ lanmanserver
レジストリ レジストリ parameters
レジストリ
エントリ hidden
値の種類 DWORD
セットする値 1
★ ログオン画面にユーザー名を表示しない設定
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SOFTWARE
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ WindowsNT
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Winlogon
レジストリ
エントリ DontDisPlayLastUserName
値の種類 DWORD
セットする値 1
★ マイコンピュータのドキュメントフォルダを非表示化
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Policies
レジストリ レジストリ Explorer
エントリ NoSharedDocuments
値の種類 DWORD
セットする値 1
★ マイコンピュータの共有ドキュメントフォルダのみを非表示化
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SOFTWARE
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Explorer
レジストリ レジストリ MyComputer
レジストリ レジストリ NameSpace
レジストリ レジストリ DelegateFolders
サブキー {59031a47-3f72-44a7-89c5-5595fe6b30ee}
処理 サブキーを削除
復元処理 サブキーを再作成
★ ユーザー名と会社名の変更
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SOFTWARE
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ WindowsNT
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ
レジストリ
エントリ RegisteredOrganization(会社名)
エントリ RegisteredOwner(ユーザー名)
値の種類 0〜65535
★ 検索画面の設定
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Explorer
レジストリ レジストリ CabinetState
エントリ UseSearchAsst
値の種類 文字列
セットする値 no
★ ショートカットアイコン名の 『 〜へのショートカット 』 を隠す
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Explorer
レジストリ
エントリ link
値の種類 BINARY
セットする値 00 00 00 00
★ WindowsXP標準のCD書き込み機能の無効化
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Policies
レジストリ レジストリ Explorer
エントリ NoCDBurning
値の種類 DWORD
セットする値 1
★ 『 プログラムの追加と削除 』 に残った項目の削除
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SOFTWARE
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Uninstall
レジストリ
処理 該当するアプリケーションのサブキーを削除する
★ 応答しないソフトを自動的に終了させる
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ ControlPanel
レジストリ レジストリ Desktop
レジストリ
レジストリ
レジストリ
レジストリ
エントリ AutoEndTasks
値の種類 文字列
セットする値 1
★ プレースバーに任意のフォルダを登録
キー レジストリ HKEY_CURRENT_USER
レジストリ レジストリ Software
レジストリ レジストリ Microsoft
レジストリ レジストリ Windows
レジストリ レジストリ CurrentVersion
レジストリ レジストリ Policies
レジストリ レジストリ Comdlg32
レジストリ レジストリ PlacesBar
エントリ Place0
値の種類 文字列
セットする値 登録したいフォルダのフルパスを指定する
★ RWIN値を最適化
キー レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
レジストリ レジストリ SYSTEM
レジストリ レジストリ CurrentControlSet
レジストリ レジストリ Services
レジストリ レジストリ Tcpip
レジストリ レジストリ Parameters
レジストリ
エントリ TcpWindowSize
値の種類 文字列
セットする値 16進で最適なRWIN値
●. バルーンヘルプの無効化
WindowsXPでは、バルーンヘルプを使用して様々な通知を表示するようになっていますが、ユーザーが何らかの操作をしない限り、比較的長時間に亘っ
て表示され続けます。バルーンヘルプは表示されなくても、操作には何の支障もないので、煩わしく感じる場合には、この編集を実行します。
●. 追跡ベース及び検索ベースのリンク解決を無効化
ターゲットファイルが、同一ボリューム内の別のパスに移動されている場合等に行われる追跡ベースでのリンク解決では、MFTと呼ばれる管理領域に保
存されているデータを利用して、リンクの解決を試みます。追跡ベースでのリンク解決ができなかった場合には、検索ベースでのリンク解決を試みること
になるのですが、追跡ベースでのリンク解決ができない状態ではターゲットファイルが見つかる可能性は低い上、検索ベースでのリンク解決には時間が
掛かります。あまり、この機能に必要性を感じない場合には、この編集を実行します。また、FATファイルシステムでは追跡ベースでのリンク解決は行わ
れていません。
●. ようこそ画面に未読メールを表示しないようにする
この機能は、メールサーバーへアクセスして新着メールをチェックしている訳ではなく、単に受信したメールの内、未開封のメッセージ件数が表示されて
いるだけなので、あまり有用な機能ではありません。すべてのユーザーが見ることになる 『 ようこそ画面 』 に、自分の未読メール数を表示して、他人に
知らせる必要はないと思うなら編集を実行します。
●. ページアウトさせない設定
WindowsXPのカーネルメモリ内でページ可能な領域は、一定期間アクセスがなければ仮想メモリへページアウトされます。ページアウトされた領域への
アクセスが発生すると、当然ハードディスクからの読み込みが必要になるため、パフォーマンスが低下してしまいます。物理メモリを大量 (1G程度) に搭
載しているなら、この編集を実行すればパフォーマンス向上の可能性があります。
●. データ入出力用のメモリサイズ変更
ダイレクトI/Oを使用するドライバは、入出力用にメモリをロックします。ロック可能なメモリサイズの上限はデフォルトでは、512Kバイトに設定されていま
すが、この上限値を調整することで、ハードディスクや光学ドライブなどとのデータ転送速度が向上する可能性があります。しかし、あまり大きな値を指
定しても意味がないので、最大8Mバイト程度を目安に設定します。 (8MB確保する場合は8x1024x1024=8388608がセットする値になる)
●. MFTゾーンのサイズ変更
MFTと呼ばれる管理領域用に、システムが予約する領域のサイズを大きくする事で、MFT領域の断片化の発生を抑える事ができます。Windows標準の
デフラグツールでは、MFTの断片化は解消できません。
●. 管理共有を作成しない設定
管理共有は、管理者がリモートでコンピュータを操作するために作成されるものですが、家庭で使用するパソコンで、この機能が必要になる事は余りな
いでしょう。WindowsXP HOMEには、この機能はありません。従って、編集の意味を成すのは、WindowsXP Pro.ユーザーのみだと言えます。
●. ネットワークの一覧にコンピューター名を表示しない設定
フォルダを共有すると、同じネットワークに接続しているユーザーであれば、誰でも簡単にアクセスできてしまいます。自分のコンピュータ名を表示しない
ように編集すれば、簡単にアクセスされるのを防ぐと言う意味で、ある程度の効果を望むことができます。
●. リモートデスクトップで利用するポート番号変更設定
リモートデスクトップで使用されるポートは、デフォルトでは、3389番に固定されていますが、セキュリティ面から考えても変更するべきでしょう。ポート番
号に設定する値は、1024〜65535の範囲で指定するようにします。
●. ログオン画面にユーザー名を表示しない設定
『 ようこそ画面 』 を使わない設定にすれば、ログオン画面に、全ユーザーが一覧標示されることはなくなりますが、ログオンのダイアログには、最後にロ
グオンしたユーザー名が表示されてしまいます。セキュリティ面を踏まえてユーザー名を表示するべきでは無いと考えるなら編集します。
●. スタートメニューにユーザー名を表示させない設定
WindowsXPのデフォルトでは、スタートメニューに、ユーザー名が表示されますが、これもセキュリティ面から考えると不要な機能なので、ユーザー名を
表示しないように編集する方が望ましいでしょう。
●. マイコンピュータのドキュメントフォルダを全て/ユーザー別/共有フォルダのみ非表示化
登録しているユーザー名を簡単に知られないために、非表示にするべきだと考えるなら編集します。
●. タスクの検索を無効化
マイネットワークでワークグループ内のWindows98 / Meマシンへアクセスすると、WindowsXPマシンへアクセスする場合に比べ、内容が表示されるまで
の時間が長く掛かることがあります。WindowsXPでは、接続先コンピュータのスケジュールされたタスクを検索しますが、Windows98 / Meでは、スケジュ
ールされたタスクの共有がサポートされていないため、応答待ちに時間が掛かるのが原因です。この現象を回避するには、この編集をします。
●. ユーザー名と会社名の変更
システムのプロパティに表示されるユーザー名と会社名は、OSのセットアップ時に設定したものから、通常の操作では変更できません。変更したい場合
には、このレジストリの編集を実行します。
●. メニューの開く速度を設定
WindowsXPでは、メニューにマウスポインタを合わせてから開くまでのタイムラグを400msにデフォルトで設定してありますが、この設定は、非力なマシン
の操作性を向上させる為のものであり、現在のマシンでは、少々長すぎる設定であると言えます。そこで、このタイムラグを調整して、操作性の向上を図
った方が快適になり得ます。0〜100ms程度に編集すれば良いでしょう。
●. 検索画面の設定
WindowsXPでは、検索アシスタントと呼ばれるキャラクターの質問に答える形での検索がデフォルトの設定になっていますが、ステップごとに条件を指定
する必要があり、従来の検索方法に慣れていると、かえって手間が掛かります。従来の検索スタイルに戻すには、この編集をします。
●. タスクバーでグループ化される数の変更
WindowsXPでは、同じアプリケーションが複数起動している場合に、タスクバーのボタンをグループ化するように設定されています。この編集を行うと必要
に応じたグループ化の設定変更が可能です。デフォルトでは、値が 『 0 』 になっています。 これは、余り使っていないアプリケーションを優先してグルー
プ化する設定ですが、この値を 『 1 』 に変更すると、開いているウインドウの数が多いアプリケーションから優先してグループ化するようになります。この
値を 『 2 』 以上の数に設定すれば、この数以上にウインドウが開いているアプリケーションがグループ化されるようになります。
●. ショートカットアイコン名の 『 〜へのショートカット 』 『 矢印マーク 』 を隠す
『 〜へのショートカット 』 『 矢印マーク 』を表示したくなければ、この編集をします。
●. WindowsXP標準のCD書き込み機能の無効化
WindowsXP標準のCD書き込み機能は最低限の機能のみで、DVDの書き込みにも対応していません。 この為、DVDメディアを普通に用いるようになった
現在では、専用のライティングソフトを利用する必要がでてくると共に、標準書き込み機能は無用の機能になります。この編集では、この不要な標準書き
込み機能を止めることができます。
●. タイムサーバとの同期間隔の変更
WindowsXPには、インターネット上のタイムサーバーと同期して、自動的に時刻を合わせる機能があります。便利な機能なのですが、1週間に設定されて
いるデフォルトの同期間隔では、少々長いので、この編集で同期間隔の調整をします。
●. 『 プログラムの追加と削除 』 に残った項目の削除
プログラムを削除したにもかかわらず 『 プログラムの追加と削除 』 に項目が残ることがあります。これは、プログラムを削除する時に 『 プログラムの追
加と削除 』 から実行しなかった場合やアンインストールプログラムの誤動作などによるものです。実害はありませんが、不要な項目を残しておきたくない
場合には、この編集で残った項目の削除が行えます。
●. 右クリックメニューの 『 新規作成 』 の項目を個別に非表示化
右クリックメニューの 『 新規作成 』 の項目を整理して、ユーザー自身の環境に応じた使い勝手のよいものにしたい時には、この編集をします。
●. 応答しないソフトを自動的に終了させる
パソコンに負担が掛かり過ぎるとソフトが応答なしの状態、つまりフリーズすることがあります。この時、WindowsXPでは、『 Ctrl 』 + 『 Alt 』 + 『 Del 』 キ
ーを押して、タスクマネージャを呼び出して強制終了できますが、応答なし状態になったら自動的にソフトを終了するように設定変更しておくと、面倒な操
作を省くことができます。
●. 起動時にNumLockを自動でオンにする
WindowsXPの初期設定では、NumLockがオンになっていないのでテンキーを使う時にNumLockキーを押す必要があります、その度に、NumLockキーを
押さなければならないのは面倒なので、この編集で起動時に自動的にNumLockがオンになるようにします。
●. プレースバーに任意のフォルダを登録
プレースバーにユーザー自身の環境に合わせたフォルダを登録しておき、特定のフォルダに素早くアクセスすることがでるようにして、使い勝手を向上さ
せるには、この編集を実行します。
●. エクスプローラーのサムネイルのサイズを変更
WindowsXPでは、画像をサムネイルで、一覧表示することができます。ファイルを一つ一つ開かなくても、どんな画像であるか判るため、便利な機能です
が、初期設定のサムネイルサイズは、少々分かり辛いサイズに設定されているので、この編集で、ユーザーの好みのサムネイルサイズに変更して見や
すくすることができます。
●. RWIN値を最適化
このレジストリの編集についての解説は、初心者講座 Part11 Internet を参考にして下さい。また、セットする値は16進数に変換する必要があるので、ス
タート → すべてのプログラム → アクセサリ → 電卓を実行し、関数電卓にして変換すると良いでしょう。
●. MTU値を最適化
このレジストリの編集についての解説は、初心者講座 Part11 Internet を参考にして下さい。また、キーに対してのパスの内、{ ***** }  の部分について
は、{ 35D45FD8-8F80-4815-B4F8-271746475486 } 等のようなアダプタ名です。これは、ユーザー環境によって違ってきます。
Sony Music Shop Sony Music Shop パソコン初心者講座
利用規約|プライバシーポリシー|(C)著作権|禁止事項|免責事項