ホーム プロフィール ウエディング プリザーブドフラワー販売 フラワーアレンジ教室 教室の特徴 プリザーブドフラワー
について
アクセス
プリザーブドフラワーとは プリザーブドフラワーの特徴 プリザーブドフラワーの管理と注意点

プリザーブドフラワーとは?


プリザーブとは、“保存する”という意味です。
フランス生まれのプリザーブドの加工方法は、生花にプリザーブド加工という特殊な加工を施し、
生花のみずみずしさや風合いを長期間保つことのできるお花です。
使用される着色料、薬品はメーカーにより違いがありますが、オーガニックなものや、
人体や環境に影響のない材料を使っています。

バラだけではなく、カーネーション、アジサイなどの花、またグリーンも種類が増えています。




プリザーブドフラワーの特徴■
・水をあげる必要がなく、手間がかかりません。

・水を与えずに美しさを楽しめるため、現在病院などで生花の持ち込みを禁止されているような場所へもお届けすることが可能です。

・色のバリエーションが豊富で、生花には存在しない青いバラもあります。

・保管状況にもよりますが、数ヶ月~数年にわたって美しさを保つと言われています。
(5年以上経過しても変わらないという話もよく聞きます。)

・保存できるという特徴から、都合に合わせて準備することができます。


■プリザーブドフラワーの管理と注意点■


・水を与えないでください。

・湿気に弱く、湿気が多い場所に置くと、花びらが透けたようになりますのでご注意ください。
万が一、透けた感じになっても触ったりしないでください。

・エアコンなど、直射風があたらないようご注意ください。
 
・直射日光・埃は痛み、色あせの原因となりますので、お気をつけください。車中に置いたままにしないで下さい。

・布などに長時間接したままにしておくと、色移りすることがあります。 特に湿度の高いとき、また濃い色のお花はご注意ください。
  

   福岡・ブライダル・ブーケ・プリザーブドフラワー・フラワーアレンジメント教室・販売

 Bonheur(ボヌール)~花に恋して~
花阿彌福岡・早良校