本文へジャンプ
クレイン・ハーバーの紹介

『学校に行かない・行けない』子どもたち、その理由は様々でしょうが、きっと

「今のままで良いのだろうか?」という不安や悩みを抱えているのではないでしょうか?

そんな子どもたちが、安心して楽しく過ごせる環境の中、いろんな人たちとのふれあいや様々な体験を通して、

ゆっくりと自分自身のこと・将来のことを考える機会を提供できる居場所を目指しています。

平成16年3月10日に長崎県よりNPO法人として認証されました。

NPO法人フリースクール全国ネットワークの正会員として、各地のフリースクールなどの子どもの

居場所と連携・協力しています。


青年期の若者の就労支援施設「つるのぱんや」も運営しております。

ひきこもり等のお悩みも年齢は問いませんので、まずはご相談ください

小学校1年生から19歳までなら通えるよ!

不登校の子や、高校を中退した子、夜間や通信の高校生もオッケーだよ!


”クレイン・ハーバー”とは”鶴の港”という意味です。

長崎の港は古来から、その形状がつるを連想させることから”鶴の港”と呼ばれていました。

”鶴”のように、大空を凛々しく翔んでいく子どもたちが、長旅に備えてゆっくり翼を休める

”港”のような居場所でありたいと思っています。

その他に

クレイン・ハーバーって、こんなところですよ。

クレイン・ハーバーって、どんな意味?

どんな子どもたちの居場所?

トップページへ