>>>初心者専門サイト21surfspider

パドリングをはじめよう!

サーフボードの中心がわかりましたか?
中心がわかったら早速乗ってみましょう!


中心に乗ったら必ず安定します。


ところが、最初のうちはこの中心に乗るって言うのも難しい・・・・
前に乗ってみたり、後ろに下がってみたりして安定する位置を探してください。
これがパドルを行うための最初の難関です。
小さな波でもあなたをフラフラさせることでしょう。
でも心配は要りません!
必ず出来ます!!
足は必ず閉じる!・・・・これ忘れずに!


■手はどうなっている?
横から 上から 下から
バスケットボールをドリブルするような感じにしておきます。
これが一番疲れなくてスムーズにパドリングできます。



■足は必ず閉じる!
フラフラしているビギナーって必ず足が開いている。
フラフラするから足で左右のバランス取ろうと思っているのかもしれません・・


しかし、その開いた左右の足が更にフラフラさせてしまうのです。
必ず、足は閉じること!
中心に体をまっすぐして乗っていれば左右にフラつくことはありません。


×最初は自然とこうなっちゃう ◎慣れるまでは意識して!
まじでケツでかいなぁ! 足閉じる練習してたら「ヒップアップ」になってキュートなお尻になれるかもよ!がんばれエンカイダー!
足がプルプルしてきやがった(笑)



次に顔を上げてください。
顔を上げていたほうが安定します。
まっすぐ前を見てください!
そうすることで安定感がましてきます。


だいたい、あなたのコブシが2〜3個入るくらいまであげてください。


最初のうちはしんどいでしょうががんばりましょう!。


安定してきたら・・・・パドル開始!!
力まずにゆっくり、そして深くこいでください。
手は開きすぎず、閉めすぎず・・・・リラックスしてこいで下さい。
足はしっかり閉じてください・・・・・足が開いていると不安定になります。


パドルをはじめると左右にふらつきはじめます。
クロールと同じ感覚でやってしまうのかもしれません。


サーフィンのパドルとクロールとは違います。


肩をふらつかせないようにゆっくりとこいでください。


かるーく前に出してボードの下あたりをかくようにして・・・
そして最後までしっかりかいでください。
パドリングを見ただけで上手いか下手かがわかります。




パドリングの注意点

1.胸を反る・・・・・腕が回りやすくなる
2.ノーズに手が届くくらいの位置に乗る
3.足を閉じる
4.しっかり前を見る

あなたが上達してもパドル力はとっても必要です。
自宅でパドルの練習もしてください。





パドルに使う筋肉は広背筋と言われる筋肉・・・・普段使うことはあまりありません。
パドル練習用の道具を使うと効率よくトレーニングできます。
実際にパドルをしているイメージで出来るのでとっても有効です。

Paddle.Up・・・パドル練習用の道具
パドル力は波がでかくなると歴然と差が出てきます。
多くの波に乗りたければしっかりトレーニングすることが必要です。
かなりの人気商品です・・・・売り切れが多いようです。
特に通販で、みんなひそかに練習しているのです。
あなたもしっかり練習しないと置いていかれちゃいますよ。
楽天:プラウドメアリー 2,079円(税込)

※パドル力がないと波のあるとき沖にも出れません。
※テクニック以前の大事なものです。
※しっかり練習してパドル力をつけてください。
※スタンスについてはこちらを参考にしてください・・・内側体重がスタンスのカギ



Copyright (C)  21Surf Spider All Rights Reserved.