TOP>>>おいらの体験談>>>やっぱサーフィンは疲れる
■やっぱサーフィンは疲れる


さぁ!さぁ!ウェットができるのが待ち遠しい!
もう、気分はサーファーである。


ウェットができたよって連絡が来たら速攻で仕事上がってウェットを取り!
出来上がってきたウェットを見て「俺ってかなりズンドウ・・・カッコ悪い体系なんだなぁ」とチト情けなくなった。
まぁそれはさておき試着である。
少々窮屈に感じたがこれくらいでいいようである。


家に持って帰ってまた来た!
ウェットを着て家中ウロウロ・・・・!
嬉しくて仕方ないのである。


次の休みに早速海に行った。
ポイントは宮崎で最もメジャーな木崎ヶ浜である。
大学の友人も鹿児島から宮崎までやってきた。
簡単に体操をしたら、「突撃〜!」


海に入ってからはパドルなんてできやしない!!
ワックス塗るの忘れてた・・・・興奮しすぎ。
(ちなみに友人の板はデッキパットが前足用も貼ってありワックスを塗る必要がなかった)


さぁワックス塗って気を取り直してとつげき〜


中学の時と同じである。前になんて進みやしない!
ただ、中学時代と違うのはアメフトで鍛えた体力があった。
力任せにパドリング・・・・


沖で見る波と板の上に乗って見る波とでは感じるサイズが全く違う。
でけぇ・・・・・・・(多分コシハラくらいだったと思う)

波が来るたびにおいらはひっくり返されたり・・・・
ドルフィンスルーなんて技があるなんて知らない。
見よう見まねで波の下にもぐる。


うっはぁぁぁぁぁ!


波にいじめられてもみくちゃである。
おれにはアメフトで鍛えた筋肉があるじゃないか!!
うりゃうりゃ・・・


何とか沖に出る事ができた。
次に波待ちである。(板の上に座る)


3 ・ 2 ・ 1  ・・・・・ドッカーン!


ミサイル発射!
波待ちができない。板が飛んでいく!
あっという間においらは海の危険人物である。


おいらの近くに来ると爆弾が飛んでくる。

そうこうしている内に波がやってきた。


どひゃ〜


あっという間に波にもまれて岸のほうへと・・・・おいおいおい


力まかせのパドリング再開(涙)


疲れた。疲れた。疲れたよ!!!!!!!!


おいらは帰りにサーフィンの本を買いに行った。
だってなーんにも知らんちゃもん!


教 訓 ドジ井坂のサーフィング・クリニック.は必ず買って読みなさい!
ワックスはいっぱい塗りなさい
沖で見る波と海で見る波のサイズはかなり違う!
もどる つづく

Copyright (C) 2004 21Surf Spider All Rights Reserved.