サーフィン初心者専門サイト〜21surfspider

サーフィンとコンタクトレンズ

サーフィンを始めるにあたって視力の悪い方からどうしたらいいの?って質問が時々ある。


ハッキリとは見えないにしてもある程度はコンタクト無しで海に入ることはできる。
しかし、混雑している時なんかはコンタクトをしていないとあなたのみならずまわりのサーファーにケガをさせる危険がある。
サーフィンは思っている以上にスピードが出ていてぶつかった時の衝撃はすごいものがある。


視力の悪い方は、コンタクトをつけて海に入るしかない。普段、眼鏡をしている人も、コンタクトレンにすると、遠くの波がはっきりと見えて波をとりやすくなる。


サーフィンしていると時々コンタクトレンズを波にさらわれる。
注意していても波に巻かれたりしたら時はコンタクトを流してしまう。
そんな時、使い捨てレンズならショックは少ない。
格安の使い捨てコンタクトの通販サイトを発見したの利用してください。

コンタクトレンズの格安通販サイト

一日タイプの使い捨てコンタクト。お買い得使い捨てコンタクトレンズ
ワンデーアキュビュー(使い捨て)今日の通販激安価格はいくら>>>?
ボシュロム(使い捨て)今日の通販激安価格は>>>?
フォーカスデイリーズ(使い捨て)今日の通販激安価格は>>>?

世界バリバリバリューで紹介された「視力矯正」・・・レーシック

もうひとつの方法として近視矯正をしてみると言うのはどうだろうか?
おいらがお薦めできるの近視矯正はレーシックと呼ばれるやつである


まずは、どんな人たちが選んでいるか・・・?


レーシックを受けた著名人・有名人
【プロゴルファー】
タイガーウッズ、中嶋常幸、芹沢信雄、片山真呉、片山真理、岩間健次郎、小達敏明
【プロ野球選手】
松坂大輔(西武)、藪恵壹(阪神)、高橋尚則(巨人)、後藤孝志(巨人)、土橋勝征(ヤクルト)、稲葉篤紀(ヤクルト)
【その他の著名な方々】
松方弘樹(俳優)、清水圭(タレント)、中谷彰宏(作家)、青島健太(スポーツキャスター)、土屋圭市(レーシングドライバー)、海和俊宏 (プロスキーヤー)(敬称略)


どうです?スポーツ選手が多いですね!
スポーツをするのに視力ってとっても大事なんです。
そして、視力を回復する為に世界のトップアスリートが選んだ近視矯正に方法がレーシックなのですね。


両眼矯正で380,000円(税込)
正直、安い金額ではない。
しかし、これから長い将来のことを考えたらこの金額は単純に高いと言い切れるでしょうか・・・


レーシックとは・・・
角膜実質に近視や乱視の度数に応じてエキシマレーザーと呼ばれる最新の手法により矯正していく方法である。
コンピュータープログラムで精密に行うため、顕微鏡レベルの作業を行っているとの事である。
また、従来のレーザー手術(PRK)に比べて術中・術後の痛みをほとんど無いようである。
手術時間は両眼でおよそ15〜20分程度。
レーザーの照射時間はそのうちおよそ数十秒。
視力は早い人は当日から回復し、入院の必要もありません。
安全に、かつ素早く視力を回復させることが可能のようです。


>>>レーシック体験談はこちら
この体験者の中にサーファーも登場している。
ほとんどの方が、0.1以下から1.5まで回復している。


レーシック無料説明会
【レーシック無料説明会では……】
レーシックについての説明に加え、実際に「レーシック」を体験した方から、その素晴らしさや手術について等、リアルな体験談を聞くことができます。その他、あなたの不安をぶつける疑問や質問等を話しあえる時間も設けてあるので安心です。


■神戸会場■>>>無料説明会はこちら
5月15日(日) 12:00〜14:00(受付 11:00〜11:30)
ルミナス神戸2(船上説明会)
*オリエンタルホテル2階で受付後、乗船して頂きます。


■大阪会場(梅田)■>>>無料説明会はこちら
5月18日(水) 19:00〜21:00(受付 18:30〜19:00)
梅田スカイビル 36F 『スカイルーム』


■北九州会場(小倉)■>>>無料説明会はこちら
5月20日(金) 19:00〜21:00(受付 18:30〜19:00)
リーガロイヤル小倉 3F『祇園』


■東京会場(恵比寿)■>>>無料説明会はこちら
5月22日(日) 14:00〜16:00(受付 13:30〜14:00)
ウェスティンホテル東京 B1F『楓』


■福岡会場■>>>無料説明会はこちら
5月30日(月) 19:00〜21:00(受付 18:30〜19:00)
ソラリア西鉄ホテル 8F 彩雲「雪」  


吉田理事長レーシックとの出逢い

近視者の数は、今の日本にどれくらいいると思いますか?
現在の日本人の約4000万人という人が近視だというデータがあります。
これらの人の全てがメガネやコンタクトレンズの世話になっているというのが現実なのです。

遠視や乱視の人の数を入れると、もっと多くの人がこれらの矯正機具を使用していると言っても過言ではないでしょう。それほど日本人は目の悪い人が多く、また目が悪くなる環境も多いのです。

でも、すでにメガネやコンタクトレンズをしている人達はと言いますと、これらの矯正機具(メガネやコンタクトレンズ)をすることに、いつの間にか慣れてしまっているものなのです。

あまりにも、毎日同じような行動パターンに慣れてしまって、メガネをすることが当たり前、それがあえて不便と感じることが無くなってしまっているのではないでしょうか?

なぜかというと、それは多くの人が近視や乱視などになった時に、メガネかコンタクトレンズにする方法しか選択肢が無いために、慣れるしか無いという性(さが)を背負っているのだと思うのです。

でも、もしメガネやコンタクトレンズを使わなくても、ちゃんと物が見えるのなら、もしかして凄く違った生活が待っているかもしれないのです。
でも、たいがいは眼が良くなることは無いという諦めから、メガネなど使っていかねばならない状況になっているのだと思います。

私自身も実は強度の近視であったために、メガネをしている時の不便さは良く分かっているつもりですし、メガネをはずした生活ということなど考えたことも無かったのですがたまたま、このレーシックというものを知り、自分が医者であるということで徹底的に調べてみることにより、その安全性を確認することができたのです。これがレーシックとの出逢いです。

当時から、レーシックの本場はアメリカでした。もちろん今でもそうなのですが。
その本場の医療技術や技術スタッフを含めた全ての運営や推進方法など、最先端国の状況を目の当たりにしたのです。

『あ〜、これがほんまのアメリカか。日本とはえらい違いやな』というのが、第一印象でした。
特に、実際のレーシックを行なう現場を見た時に『この素晴らしい医療技術を何とか日本に広めたい。
そしてレーシックを受けた方々が、より快適な生活を送って頂けるような、医療サービスをなるべく早い時期に提供できるようにしていきたい』と痛烈に思うようになったのです。
そしてこうした思いと同時に、『もし自分自身で手術を体験すれば、手術する人の不安感や痛み、回復時のケアの方法などが少しはわかるんとちゃうか?』『そして視力が回復したら…』などという思いを胸に、ついに自分自身も手術をしてみることにしました。レーシック手術の体験したことを通して、安全性が確認できたこと、痛みが伴わないことを実感できたこと、そして驚くべき短期間(短時間)で視力が回復し、今まで見ていた世界が嘘のようにはっきり見えることに、本当に目の玉が飛び出るほど大感激をしました。
この感激を是非、少しでも多くの皆様方に伝えたいという思いでおります。
そして、レーシックについて正しい認識を持って頂き、メガネやコンタクレンズを使用している方が、レーシックで視力回復をして文字通り明るい生活を送って頂ければ幸いです。



レーシックの不安や疑問をまず解消する事から始めてみましょ!
タイガーウッズ、中嶋常幸、芹沢信雄、片山真呉、片山真理、岩間健次郎、小達敏明、松坂大輔(西武)、藪恵壹(阪神)、高橋尚則(巨人)、後藤孝志(巨人)、土橋勝征(ヤクルト)、稲葉篤紀(ヤクルト)、松方弘樹(俳優)、清水圭(タレント)、中谷彰宏(作家)、青島健太(スポーツキャスター)、土屋圭市(レーシングドライバー)、海和俊宏 (プロスキーヤー)(敬称略)


彼らが選んだのにはきっと理由があるはずです
>>>レーシック体験談はこちら
>>>資料請求はこちら
>>>無料説明会はこちら
>>>体験談:手術後の感想
>>>「生涯保証プログラム」による、万全のアフターフォロー


数万円もするコンタクトレンズを無くしたときの悲しみは例えようがない絶望感・・・


また、遠方から来られる方には宿泊代や交通費の一部負担もしてくれるようである。
手術するしないは別にして最新の技術があることを知っていても良いとオイラは思う。
というより、知っておくべきことかもしれない。


わずか20分の近視矯正 レーシックの神戸クリニック468×60


資料請求するだけは『タダ』なんで気軽に資料請求してみてはどうだろうか。




Copyright (C) 2003-2005 21Surf Spider All Rights Reserved.