上達ヒント集>>>パドル強化はサーフィン上達の必須項目>>>

パドル力をつける!

パドルはサーフィンのもっとも大事な基礎の基礎です。
海にいる時間の90%はパドルをしているといわれています。


パドル力を付けるとより多くの波に乗れます!


ドルフィンスルーもうまいこといきますよ。
テイクオフも早くなる!


早速パドル力を付けるトレーニングを開始してください。


パドル力をつけるために腕立て伏せしてたりしませんよね?


パドルで使う筋肉は広背筋です。
腕立てでは鍛えられません・・・・

パドルアップ・トレーニング

パドル力をつける為の簡単な練習方法です。


1.四つんばいになる
2.右腕をパドルしているつもりで動かす。
3.左腕も同じように動かす。
4.左右100回を最低3セット
注意:顔をしっかり上げて行ってください。


※この時、肩が地面と水平に保つように心がけてください。
まわせばいいってもんじゃありませんよ(笑)
そして、しっかり後ろまで掻いてください。

更にパワーを付ける

チューブを使うととても効果的です。
今はパドル力をアップするためのトレーニングチューブも売っています。
パドル力をつける大事なトレーニングです。

トレーニング器具の説明
●車の窓やドア、テレビの画面、冷蔵庫etcに吸盤を取り付けられる。
●吸盤から110cm-130cm程離れた位置でパドリングをしている気持ちで引く。
※使用回数の目安:交互に100回を1セットとして3セット行って下さい。

パドル力をアップすることがサーフィン上達の一番最初の課題です。

ちなみに楽天では売り切れ状態が良くあります。
結構、みんなこっそりトレーニングしてるって事です。


あなたも負けじとトレーニング!!
秘密のトレーニングでパドル力をアップさせて多くの波を楽しもう!!

肩の動く範囲を広くする

パドルを楽にするのは何も筋肉を付けるだけではありません。

別な方法は・・・・・・腕・肩の稼動範囲を広くしてあげる。
これで、ストロークがより遠く・深くすることが出来ます。
一カキの効率アップ!

稼動範囲を広げるには・・・・
これも簡単・・・・・左右の肩甲骨をぐっと引き寄せる。
10回1セット×3セットくらいやってみましょう。

もっと詳しく知りたいあなたは『古武術』を学んでみるとおもろいですよ。

また、柔軟性を付けてあげるのもひとつの方法です。

カベに手をついて、いろいろな方向に肩の周辺の筋肉をほぐしてあげましょう。


まぁ、仕事の気分転換を兼ねてやってみてください。

手のひらは広げる?閉じる??

あなたはパドルの時に手のひらは広げてますか?
閉じてますか?

これは状況に応じて使ってみるといいです。

手のひらを閉じたり広げたりすると、結構疲れてしまうことが多いです。
ところが手を広げると深くまで手が入ってスピードがつくようです。まぁそのぶん疲れるんですけど・・・・・

ですから、テイクオフするときは広げてみてはどうですか?
ちと疲れるけどスピードがつきます。


普段は疲れないように、広げもせず、閉じもせず・・・・
つまり、リラックスした状態でいいと思います。
(初心者講座:パドル参照ください)
まぁ、あなた自身でいろいろ試して体感してみてください。

最後に・・・・・

パドリングには2つの種類があります。
1つはゲッティングアウトや移動のときにするパドリング
2つ目はテイクオフするときにするパドリング。

通常はかるーくリラックスしてやってください。
テイクオフのときは、とにかく深く早くがんばってパドリングしてください。


足を閉じるのを忘れずに・・・・!


>>>パドルアップ<<<
パドル力強化の決定版!!
かなりの売れ行きです。もう説明は要りません・・・
売り切れが続出していますので、2店舗紹介しておきます。

楽天:プラウドメアリー
楽天:LINE UP
みんなこっそり練習していると感じるオイラでした・・・
オイラも寝る前に1セットやっておこう!
体力の衰えを感じ始めた30代・・・(哀)
>>>初心に帰れ<<<
もっと上手くなりたい?
初心者用サーフボードでしっかりとした体重移動・レールワークを鍛えなおせ!
伸び悩んでいるなら『初心に帰る』
これが最も簡単なスランプ脱出&上達の秘訣です。
詳細は>>>
初心者用サーフボード
Copyright (C) 2003 21Surf Spider All Rights Reserved.