上達ヒント集>>>サーフィン初心者の最大の難関・・・テイクオフ

テイクオフを早くしたい!

はじめのころとにかく早く波に乗りたいって感じでした。


早くテイクオフしないとすぐにスープにかこまれてしまう・・・
テイクオフが早いと、いろんなアクションが決められます。


テイクオフを早くする方法として


パドル力を付ける
ボードの前のほうに乗ってみる
テイクオフの動作を早くする
こんなことをしていました。

手のつく位置が間違っていませんか?

テイクオフの時、あなたはサーフボードの手をつきますよね?
その位置はどこですか?
ちょっとやってみてください!

どこについてました?


正しい位置はみぞうち・わき腹あたりです。


その位置より前に手をついていませんか?

手の位置が前すぎると足を引き付けるのが大変です。
それがテイクオフの動作を遅くしているかもしれませんよ!


わきばら!
みぞうち!


手のつく位置を確認してください。

パドルを早くする

パドルのコーナーでもお話しましたが、テイクオフ時のパドルはがむしゃら・・・・
そして、手のひらを思いっきり開いてみてはどうでしょうか?
そして、 深く! 強く! 早く! パドルする
これを逃したら次がないって感じでパドルしてみてください。
パドル力アップを見てみる

ボードに乗る位置を変えてみる

ショートボードの場合、ノーズがつかめるくらいまで前に乗ってみる。
初めのころは、テイクオフにびびって少し後ろ目に乗ってたりすることがあります。
びびるなっ! 前に出ろ! って感じですか?

とにかく素早く立ち上がる。

これは、家で練習しました。
練習方法
1.たたみの縁をボードのストリンガーとしてうつぶせに寝る。
2.縁の上で、素早くテイクオフする。
3.テイクオフしてしっかり、足が縁についているか・・・・中心に立っているか。
4.これを何度も繰り返す。
5.レギュラー・グーフィー両方練習する(バランスをとるために)


ほかにも早く立ち上がる練習方法があります。


『バービージャンプ』です。

足を早く引き付ける訓練をするってことです。

とにかくテイクオフが早く出来ないと次のアクションは生まれてきません!


さぁ!がんばろ! 

番外編

テイクオフができにくい原因にボードが合っていないというのが一番多いかもしれません。
ここでテイクオフ重視の設計の初心者用サーフボードを紹介しておきますね。
価格も激安でかなりおすすめです。










Copyright (C) 2003 21Surf Spider All Rights Reserved.