上達ヒント集>>>テイクオフのタイミングは?

テイクオフのタイミング

スープである程度、波に乗れるようになってきたら沖に出て本格的にテイクオフです。
ここで多くの初心者が陥るのが・・・

なかなか波に乗らない!
パーリングしてしまう!
(パーリング:サーフボードの先が波に突き刺さりひっくり返される)


この2つがもっとも多いはず・・・
おいらもそうだった(涙)


最初の波に乗らない原因は
1.板の後ろに乗りすぎ
2.パドル力がない
3.板があなたにあっていない

この3つです。
これらはほとんどの場合、初心者用のサーフボードに変えると直るのであまり心配要らない。
おすすめ初心者用サーフボードを見つけたので参考にしてください)


パーリングしてしまうのは
1.前に乗りすぎ
2.テイクオフのタイミングを逃してしまった

ということになります。

一番厄介なのがこの『タイミングを逃してしまった』というやつです。


基本的にサーフィンは波の斜面をすべる遊びです。
地面に平行にテイクオフをしようなんて考えを捨ててください。
板が波に乗り出した瞬間にあわてずに素早く板と一緒に斜面を落ちる感覚でテイクオフをしてみたらどうでしょうか?


つまり、テイクオフとは波の斜面に飛び出して落ちていくのです。
まぁ荒っぽい言い方・・・!


テイクオフを早くするでもお話しましたが、手のつく位置をしっかり確認してください。
手が前にありすぎると、体重が前にかかりすぎてパーリングしやすくなります。
また、手と足の距離が長くなるとテイクオフの動作自体が遅くなります。


手の位置を正しくする方法として
『脇を締めてへその辺りに手をつく』
と意識してみると良いですね。
そうすることでテイクオフの動作も早くなります。
また、サーフボードの中心に手をつくことになり安定感も増します。


テイクオフ!テイクオフ!夢のサーフィンに向かってテイクオフ!


おいらも時々初心者用ボードに乗って遊んでいます。
だってテイクオフが楽なんだもん・・・




Copyright (C) 2003-2005 21Surf Spider All Rights Reserved.