真浦立神一帯

画面右から、真浦立神1番・2番・3番・4番5番(南側から撮影)

男島の南東に点在する1〜5番瀬とその他の瀬(現在は便宜上6番〜9番と名が付いている)からなる独立礁で、冬場の北西風ににはある程度強いため釣人の上礁が多い。このため少々場荒れの感がありますが、まだまだ超A級のポイントで季節を通じて石鯛、アラ、オナガ、ヒラス、地グロなど多彩な魚種が狙えるポイントが点在しています。

@真浦立神1番 (詳細図参照)  

A真浦立神2番 全体的に上物釣りのポイントであるが、乗っ込み期には石鯛狙いの上礁も多い。上物は、2〜3名上礁でき、上げ潮が1番と3番の間に潮目を作る時が良く、ポイントは10〜30b先である。 オナガは1番向きの瀬際にコマセを入れて瀬際を狙うが、11〜12月、3月頃は沖の潮目を狙う方が確率が高い。3番向きは浅く大物をバラシ易いので注意すること。

B真浦立神3番 (詳細図参照)
C真浦立神4番 (詳細図参照)

D真浦立神5番  1名だけ上礁でき、乗っ込み期イシダイの隠れたポイントである。水深は12m程しかないが、コマセを利かして狙うと面白い釣りが楽しめる。オナガは60aオーバーが狙えるが、水深がないため瀬切れに注意する事。

E真浦立神(山田瀬) 私の釣友の山田氏が昔、密かに上礁して60aオーバーのオナガを爆釣していたポイントで、足場は悪く荷物を置くスペースもない場所である。しかし、オナガの実績は真浦立神周辺では超A級ポイントである。 水深は5〜15m程で上げ潮が舞い込んでくる時がチャンスで、沖目10m程までを丹念に探って行くと良い。

@真浦立神1番
 一番外側に位置しており、潮通しが良く、釣人の上礁が多いが、足場は余り良くない。冬〜春はオナガ、クロの数釣りが楽しめるポイントである。

Aは2名まで。手前から沖潮に仕掛けを乗せて流して行くが、餌取りが多いため、遠投を強いられることが多い。棚は10〜15b深く取ることが大グロ釣りの秘訣で、30b程の沖で潮目ができる時がヒットの確率が高い。しかし、食いが立つと瀬際でも数釣りが楽しめる。

イシダイ
はA、B点からが良く、筆者も一潮で20数枚の釣果を見たことがあるが、現在はムラが多く時期と潮を考慮して狙って欲しい。

アラは南東側と2番瀬側で数多くの実績があり、現在も頻繁に狙われているポイントである。

B真浦立神3番
 私が好んで上礁するポイントで、イシダイ、クチジロ、アラ、オナガの実績が高い場所で、現在もコンスタントな釣果を見せており、近年大型のクチジロ、大アラがでている。しかし、水深が深く、餌取りの多い時は苦労させられるので餌取り対策は十分にして望まれたい。

4番向きの手前程深くなっており10b程先に投げると瀬際に仕掛けが落ち着く。水深は20〜25b程有り、一発大物を狙えるが、上下潮が一方潮の時もあり、又潮が速い時が多いため潮止まり前後が時合となる。

しかし、カベ釣りをやれば根掛は激しいが、中小型の石鯛が望まれる。冬から春先は地クロ、オナガがコンスタ
ントな釣果を見せている。

アラ釣りは潮が早いため潮止まり前後を狙うが、根掛りが激しいため十分な仕掛けの準備が必要である。2番向きは水道の水深が8〜12b程しかなく、少し遠投して狙うとよい。

C真浦立神4番

 3番向きの水道側で石鯛を狙えるが、座る場所もない程狭いため、荷物は最小限にして上礁し、ロープで固定しなければならない。ポイントは足下で水深20b以上あり、二段の棚になっているため上下の棚を探りながらアタリを取ること。また、岩を登って北側の平らな高台まで行くと仮眠が取れるが、前下がりのため注意すること。ここはアラ釣りのポイントであり、2名程上礁できる。上物は北側の6番側水道でも2名程上礁可能である。