オナガの釣り方

 男女群島・南西諸島などの離島でのオナガの釣り方には、大きく分けて2つの考え方があります。

潮の流れを釣る。これには本流釣りの潮目狙いと舞込み潮や反転流などの流れにコマセを乗せ

て釣る方法
です。この釣り方は昼釣りやシーズン初めのオナガ釣りに効果があります。 

もう一つは瀬際釣りで、シーズン最盛期の水温低下した時期に岸(瀬)寄りしてくるオナガをコマセ

で寄せ、浅いタナで狙う方法です。 

 瀬際の考え方は瀬から1〜2m範囲と沈み瀬周りです。
 (コマセが届かない離れた沈み瀬は除きます)

オナガの習性について

 皆さん!オナガは根魚ですヨ! 知っていましたか?

オナガはメジナ(クロ)の南方系の魚で、習性も余り変わらないと思って釣りをしているんじゃないですか?学術的に詳しい事は知りません。でも、根魚だという事は事実です。オナガは瀬(底)の周りにいます。その証拠にクロは水深60mのタナでは食いませんが、オナガは釣れます。つまり、オナガの行動は瀬(海底)付近にそって移動しています。時期的に上層を回遊する事もありますが、釣りの対象となるオナガはエサを捕食する時、瀬に沿って移動していると考えられます。特に夜釣りではオナガの習性が顕著に現れ、瀬際30センチ程の場所でもヒット!逆に仕掛けが流れて瀬際を離れ沖にでると喰わなくなる事が多く見うけられます。沖に沈み瀬があれば別ですけどネ。さぁ、このことを十分に理解され、夢のデカオナガに挑戦してください!

 ここでオナガを釣る、アドバイスを私の経験から紹介したいと思います。
  60センチオーバーを釣る参考になれば幸いです。

@ センチアップを狙うなら、断然、夜釣りが確立が高い。

A 昼釣りのポイント決める時、潮目とか潮の流れの良いポイントを選定しますが、

 夜釣りでは、このような考え をやめて
セオリーを捨てること」 これは 夜釣り

 のポイント選定をする時、どうしても昼釣りのような表潮が走る潮通しの良い、ク

 ロ(メジナ)釣りなどのポイントで夜釣りもしてしまいがちですが、
夜は瀬のサイ

 ドや裏側のトロミ潮が入る場所
、好結果を生みやすくなります。  
         (移動できないカベなどのポイントは別です)

B オナガを瀬際に寄せるため、コマセを途切れることなく、打つ!
         
コマセの量は昼釣の 2〜3倍と考えてください。

C 瀬際釣りの場合は、絶対ライトを当てないこと

  
潮目への流し釣りの場合や、月夜やイカリを降ろした船の明かりは影響は少な

 い。 逆に月夜では、オナガは瀬際まで寄ってくる事が多い。

D ポイント選定する場合には、なるべく周囲に浅瀬があり、深みがあるような場所

 がベストである。ただし、男女群島のサメ瀬や帆立岩、西の立神、鳥島3礁、宇治

 群島のすずめ島、サメ瀬などは例外になります。

E 60センチオーバーのオナガになると、パワーがあり、3号竿では対抗できない

 場合があるため、4号以上の竿を使用する。ただし、ファイトする場所の水深が充

 分あれば、3号竿でもOKです。

F 夜釣りは強引に!
 
  
確実に抜き上げることが基本で、ハリスは8号以上がベストです。

G 夜明け前と暗くなる夕方は一発のチャンス!である
     
 3号竿にハリス5号程度は必要で、チャンスを確実にものにしてください。

H 取込み時にオナガは浮いた瞬間に最大の抵抗を見せる!
   
      バラさないように細心の注意をはらうこと。

 

取り込み時の注意!

 60センチ前後のオナガを数百枚取り込みましたが、その中でバラした時の原因を紹介します。

@ ラインの送り出し過ぎによるもの

A 浮いた瞬間、気が緩み一気に走られてハリス切れで・・パー!

B たま網での数回の取り込み損ねで、口切れしてしまった

C ドラグを硬く締めていたため、アワセた瞬間、ハリス切れを起こした

こんな経験が何度かあり、自然に自分の釣法が身に付きました

@ 夜釣りでは、8〜10号のハリスでも、まったくオナガの食いは変わらない

A エサ取りの釣れるところにコマセが効いているので、そこにオナガがいる

B 大型のオナガは、トロミ潮が確率が高い

C 取り込み時は一気にブリ上げか、たま網を使用するか、どちらか?
  
バラしの危険性は、ブリ上げでは魚が大きすぎる時、口切れ注意!
  そのような時は、たま網でライトを点けて素早く、確実に取り込んでいる。ただし、30分はオナガは
     寄ってこないが、60オーバーが1枚でも釣れれば良いと割り切っている。

*追加!         バラシの原因について

 よく、ハリス切れで、バラした!という言葉を耳にしますが、原因は一体、

何処にあるのでしょうか?
 最大の原因は、針を飲み込んだ場合です。

 オナガの口はザラザラで、8〜10号のハリスを使用していても、取り込み

中やアワセた時の
ハリス切れが一番多く、そのため、チモトをケプラーなど

で補強したりして、対処してます。しかし、食いが悪くなったり、エサの動きが

不自然に成りやすく、余り、お薦めできません。じゃ、
どうすればよいか?

飲み込まないようにする・・・これが一番良い方法です!

皆さん!オナガ釣りのエサにオキアミ使ってませんか??

生オキアミは食いがバツグンで地クロもオナガもエサ取り達も大好きです!

そのため、一気に食い込んで行き、飲み込んでしまう事も時々あります。  

 私はオナガ釣りで飲み込ませた事がほとんどありません。違いはどこ? 

それは、エサにを使わないからです。使うのは半ボイル、ボイル、加工品

のスーパーハードエサ
などで、食いが少し悪いため、逆に飲み込みません。 (タナを10〜15mと深く釣る場合は飲み込む事もありますけど)     

 一度、試して見てください。意外な結果が・・・      

        

勇気を出して!恐れない!ハリスの強度を信じなさい!