サメ瀬

 

女島灯台南東沖の急流の中に浮か

ぶ二つの独立礁で、男女群島を訪れ

る釣り人なら一度は 上がってみたい

憧れの釣り場。上物・底物超A級ポイ

ントで、高い実績を残している。

  大ザメは3〜4名の上礁が可能。

イシダイの数釣りが堪能でき、大型の

クチジロの実績も高い。ポイントは北

側の船着場で、水深が20〜30mあ

り上げ潮下げ潮共釣れるが、潮が早

いため、仕掛けをうまく落とし込まない

と仕掛けがどこまでも流されてしまう。

 ここでの釣り方は、15mほどの深さにある岩棚にマキエを効かせ、中小型イシダイの数

を狙うというのが基本ですが、潮が緩んだ時の 底ねらいでクチジロの魅力も捨てがたい。 

なお、大潮時は上げ潮が早く、釣りにはならないことが多く、本命潮は下げ潮で、小ザメ向

のワンド部分にポイントがあります。また南端からは少し遠投が必要。

  小サメは北側の船付場が高いため、上礁時は荷物が多いと苦労させられます。上は平

らで3名ほどの収容できます。北側のイシダイポイントは水深20m程で、下げ潮の舞い込

み時がよく   南西側は15m程の水深で、上げ潮の当り潮と下げ潮の舞い込み潮がよい。 

西側のカベは潮止まり時に大型のクチジロの実績が高いポイントです。

 上物は、特にオナガの実績が高く、シーズン初めの11月ころから60センチオーバーの数

釣りが楽しめることもあり、冬場に上礁できれば、期待できます。 しかし、少しでもシケ始

めたら回収が困難となるため、船長と十分な協議の上、上礁してください。