佐藤瀬

 船付場でもやれるが、本命ポイントは、高台下です。足場は前下がりでドンゴロスを

足元にひかなければ滑るし、移動する場合にも細心の注意を払わなければならない。

上げ潮は左前から当たって来ますが、速いため釣り辛い。下げ潮はハナレの前を流れ

るため、左からの舞い込み潮となり釣りやすい。しかし、ポイントに仕掛けを入れるのが

非常に難しい。ポイントは真下で1m×1m程度の範囲の海溝25mあり、潮の流れに

乗せて正確に入れなければ必ず根掛りするし、道糸の消耗も激しいため、予備の仕掛

け類が必要となります。又、近年は早い時期からイシダイポイントでアラ釣りをしている

ため、切れたナイロン等での根掛りが多く、イシダイを掛けても途中でひっ掛かり、バラ

してしまうことが多くなりました。私も近年4月中旬に上礁し15回掛けて10枚しか上げる

ことができなかったし、5月を過ぎればもっと悩まされるでしょう。上礁は、船付場と高台

名が限度であり、ある程度の北風でも上礁が可能です。

佐藤のハナレ

 佐藤瀬の南西側にある名までの小さな瀬で、西側の足元で30mほどあり、南側は

二段の棚があり、浅い方で8〜10m程度、深い方で20〜30mもあり、チジロのポイ

ントでもある。上げ潮が左前方から緩やかに当たる時が釣りやすく、10m程投げて、足

元に仕掛けを入れる。ただし、水深が深いため餌取りの多い時期は、なかなかポイント

の棚まで落ちずに苦労するため、餌取り対策を考慮してクチジロの大物に挑戦して欲し

い。過去には10s以上の大型も出たし、私も数年前小振りながらクチジロに出会えた

場所です。