吉田瀬

 中之島の南側に位置し、上下潮共潮通しが良く、イシダイ、上物の好ポイントとなってい

る。特に上げ潮は舞い込み潮が複雑に動く。全体に掛け上がりの状態になって深く、20〜

30m程有り海底は複雑に入り組んでいる。2、3名のポイントでアラ釣りも好ポイントがあ

る。イシダイは20m程投げて、潮の動きに乗せて海溝に仕掛けを落ち着かせることがここ

での釣果を左右する。しかし、乗っ込み期は掛け上がりの中段15m程の棚にコマセを打っ

て狙えば小型ではあるが数が望める。根掛りが多く、仕掛けの消耗が激しいので充分な準

備が必要となる。

上物は潮目を読みながら、狙うとオナガ、クロがコンスタントな釣果が望め、時にはヒラス

の回遊もあり、北西風でも上礁のチャンスがある。大潮時は釣り辛い。

吉田の三角        (図面は只今工事中)

 中ノ島南側の吉田スベリの横にある三角の小さな瀬で、荷物を置くスペースが無く、最小

限度の道具類で上礁すること。東向の足元がポイントで20m程度、右側に根が張り出して

おり、その下を狙うのもよい。両潮できるが、低い瀬であるためナギの日にしか上礁できな

い。しかし、北西風には風裏になり、ある程度強い。1名の上礁しかできない。