生涯学習講座vol.3


「医療としての鍼灸マッサージ」第3年度
〜ベッドサイドで考える〜

【 講座の趣旨 】
超高齢化社会に突入した日本において、伝統医学である鍼灸マッサージで何がやれるか、今後の可能性が開かれております。その期待に応えるため、総合テーマ「医療としての鍼灸マッサージ」で生涯学習講座を組み、みなさんとともに2年間学んできました。
医学講座では、最先端の医学生物学が明らかにした、心身に関する知見を学んできました。東洋医学の分野では、成り立ちを歴史的に再検討し、世界観・人間観・疾病観などの新しい考え方を学び、さらに鍼灸マッサージの分野では、ベテランの先生に理論と実技を多方面から示していただき、それらを総合して臨床現場で生かし、ステップアップできる生涯学習を試みてきました。
最終3年度目は、「ベッド・サイドで考える」というテーマで組みました。知らないことは見えません。鍼灸マッサージの臨床で、病者に適切な処置をするためには、さまざまなことを学び、技術をトレーニングする必要があります。ベッドサイドで病体を診るわけですが、心身の異常にどうアプローチしとらえるか、各先生には専門の立場、長い臨床経験から、多角的に理解できるように講義をお願いしました。とくに本年度は、北九州の中鋪義彦先生や九州看護大学の篠原昭二先生、そして本会のベテランの3先生(中村篤行先生、前田利信先生、丸山英範先生)にお願いして、鍼灸の実際を見せていただきます。
鍼灸マッサージは、古びた医療ではありません。病気の治療に力を発揮するばかりではなく、体の不調や病因不明の不健康状態など、なぜこの病態が作られたのかという「真因」に対処できる医療技術です。すなわち、東洋医学の理想「治未病」を達成するのに、簡便かつ即効的な手法と言えます。その結果、東洋の知恵に根ざした伝統的な医療を見直し、新しい医療として再建すべきです。しかも、それを達成することで、国家の医療予算削減に大きな可能性がある、省エネ手法です。この医療技術を普及・活用すれば、国民の「健康長寿」に寄与すると思います。
本年度は、現代医学、漢方医学、そして鍼灸マッサージの各先生から、ベッドサイドに必要で多面的な内容が提示されます。今まで受講した人も、新しく学習を希望する人も、生涯学習講座に参加されんことを呼びかけます。
鍼灸マッサージを、確固たる医療分野としての達成するためには、私どもの専門的なスキルを錬磨していくことが必要です。ともに学び、努力しましょう。
追記;本年4月、熊本地震が連発し、いまだ収まる気配を見せない状況です。多くの医療機関の建物や高価な設備が壊れ、被災者や病者の健康維持に手が回らない現実がかいま見えます。被災者は、避難生活と困難な生活を強いられ、過緊張のため起きるさまざまな症状(交感神経興奮型)を訴え、不安の中に再建を目指しております。鍼灸やマッサージをすることによって、症状の緩和や疲労回復ができます。また、エコノミークラス症候群などの予防にも力を発揮します。このことは、全国の先生方のボランティア活動や、県・市の鍼灸マ師会の会員の努力で証明されました。針金と枯れ草、および手技で行う鍼灸およびマッサージは、危機的状況にも大いに有効な医療技術です。
この生涯学習講座を軸に、お互いに努力して、平常時にも、このような災害時でも、住民の健康に寄与するように、将来を見据えてがんばりましょう


熊本地震災害について

平成28年5月3日
(一社)熊本県鍼灸マッサージ師会
会長 高橋 武良
4月14日(木)午後9時26分のマグニチュード6.5、16日(土)午前1時25分のマグニチュード7.3の熊本地方を震源とした「熊本地震」により大きな被害を受けてから、2週間が経過しました。
上益城郡益城町では震度7を2度観測し、その被害は甚大なものとなっています。
熊本地震発生直後から、全国の多くの皆様より、お見舞いおよび激励のご連絡とご支援を頂きまして誠にありがとうございます。
また、災害支援鍼灸マッサージのボランティア活動の問い合わせも数多くいただきました。
活動に関しましては、当初より中央師会の日本鍼灸師会、全日本鍼灸マッサージ師会からご指導を受け、現地入りしていただいた日本鍼灸師会を窓口にDMAT(災害時派遣医療チーム)の多職種連携として、熊本県庁に医療救護班の登録をし、4月19日より活動を開始しています。
今後、長いスパーンで考えなくてはいけない活動に、ご理解を頂ければ幸いに存じます。

平成28年5月8日
一社)熊本県鍼灸マッサージ師会
会長 高橋 武良
19日より活動の、DMAT多職種連携の医療救護班登録のボランティアは、延べ230名ほどの協力者の下、熊本市・益城町・御船町・西原村・宇城市で1,000人を超える被災者の方々にケアを行ってまいりましたが、DMATの撤収に伴う連携の解消とともに終了することになりました。
今後は、熊本市中央区の避難所となる熊本市立総合体育館で、熊本県鍼灸マッサージ師会、熊本市鍼灸マッサージ師会のボランティア活動として継続していくことになります。
長い期間の活動になっていくことと思いますが、体にやさしく安心安全な鍼灸マッサージの施術を以て、避難者の方々の予防をも含めた心身の健康に関わっていければ幸いだと考えています。


連休以降の当会の活動を画像で追いかける。

更新情報・お知らせ

2016/05/22
第10回生涯学習講座�UNEW
2016/05/15
平成28年熊本県鍼灸マッサージ師会理事会NEW
2016/04/24
第9回生涯学習講座�U震災のため中止
2016/04/19
熊本地震災害現地対策本部
2016/03/28
第8回生涯学習講座�U
2016/02/28
第7回生涯学習講座�U
2016/01/24
第6回生涯学習講座�U
2015/11/22
第5回生涯学習講座�U
2015/10/25
第4回生涯学習講座�U
2015/08/23
第3回生涯学習講座�U
2015/07/26
第2回生涯学習講座�U
2015/06/28
第1回生涯学習講座�U
2015/06/14
熊本県鍼灸マッサージ師会総会
2015/05/24
第10回生涯学習講座
2015/04/19
第9回生涯学習講座
2015/03/22
第8回生涯学習講座
2015/02/22
第7回生涯学習講座
2015/02/15
第4回熊本城マラソンケアテント出展
2015/02/15
第12回ひとよし春風マラソンケアテント出展
2015/01/25
第6回生涯学習講座
2014/12/06
熊本県鍼灸マッサージ師会 平成26年忘年会
2014/11/23
熊本県鍼灸マッサージ師大会 第5回生涯学習講座
2014/11/08
Seed Market(シードマーケット)参加決定
2014/10/26
熊本県鍼灸マッサージ師大会 第4回生涯学習講座
2014/09/28〜2014/09/28
熊本市民健康フェスティバル(鍼・灸 健康相談)
2014/09/28
熊本県鍼灸マッサージ師会 第3回生涯学習講座
2014/08/09〜2014/08/10
第12回熊本県鍼灸マッサージ師大会 ザ・お灸のちから
2014/07/27
熊本県鍼灸マッサージ師会 第2回生涯学習講座開催しました
2014/07/18
第12回県師大会 公開講座が熊本日日新聞に掲載されました
2014/06/22
熊本県鍼灸マッサージ師会第1回生涯学習講座
2014/05/01
後期高齢者広域連合新レセプトダウンロード
2014/04/01
ホームページリニューアル

FaceBook

各種ダウンロード

ページの上部へ