驚き!のスピード上達
「M-1」Box自宅練習効果例です。

https://www.dropbox.com/s/bqx60bsoojvs8d9/seika1.mp4?dl=0

初心者の方や
カービングターン
が上手く出来ない方

基本動作を@〜D段階を動画で説明してます
どこまで正確に出来ますか?


@ 【
リフトに乗る前に覚えて欲しい技】
 (習っても初日では理解困難)

スケーティング゙」 「直滑降」 「転がり方
「ヒールエッジング(かかと側)」 「トゥエッジング(爪先側)」 「
ドリフト&ブレーキ

*ここまで出来たらリフトの乗り降りからブレーキや危険回避は自由、先のドリフトターンへの基本にもなります。
「M-1」Boxなら安全に正確な姿勢確認や加重・抜重の腰移動を毎日10分程度でも1週間で克服出来ます。

A 【初心者ゲレンデで覚えて欲しい技】 (完全克服には習っても3〜6日間以上の経験)

「ヒールサイドスリップ」 「ヒール木の葉落とし」 「ヒール斜滑降」 「ヒール谷落し」 「ヒールブレーキ」
「トゥサイドスリップ」 「トゥ木の葉落とし」 「トゥ斜滑降」 「トゥ谷落し」 「トゥブレーキ」

*行き先・ボードスピード調整・加重抜重でのエッジング等、先のターンへ重要!意のままにコントロール出来たらクリア-です。
「M-1」Boxなら暴走がないので確実な姿勢移動を簡単に反復練習、毎日10分程度でも1〜2週間で克服出来ます。


B 【中級者ゲレンデでのハーフターンチャレンジ】  (完全克服には習っても約5〜10日間以上の経験) 

「ヒールサイドからの重心移動でのハーフターン」 「トゥブレーキ」
「トゥサイドからの重心移動でのハーフターン」 「ヒールブレーキ」


*荷重谷下ろしから抜重ドリフトブレーキまでの重心の連続移動が重要!この辺まで来ると先読みの先行移動が必要!
「M-1」Boxは、重心の先行移動を確認・体感出来ます、スローで動かせたら完璧。ゲレンデ10回分の反復運動を2〜3週間で経験!


C 【中上級者ゲレンデでもスピード調整出来る斜滑降・ドリフトの連続ターン】 (完全克服までは10日以上の経験)

「ヒールサイド斜滑降」 「ドリフトターン」 「トゥサイド斜滑降」 「ドリフトターン」
ヒール&トゥの斜滑降で雪面にエッジ跡が残る正しい姿勢へ、ドリフト中の切り返しが重要!

*重要なのはボードのエッジ跡(シュプール)が線になる各エッジングの腰の位置が正確か?ドリフト中に抜重切り返し出来てるか?
「M-1」Boxは、斜滑降でのエッジング姿勢・体重移動のみでのドリフトターン、抜重での重心切り返し等の反復練習を自宅で出来ます。


D 【高速ターン(カービングターン)へチャレンジ】  (数十日経験者でも加重抜重基本がいい加減だと苦戦します) 

@〜Cまでは、低速コントロールで山側エッジが基本ですが、高速Dではカーブの内傾エッジ(インエッジ)が重要!
直滑降のまま、踵側・爪先側への加重を切り返す、ボードの行き先はエッジング加重での板のカーブ量に任せる事
最初は暴走しますので、安全斜面を選び、技量に合わせた回数の後ドリフトブレーキを行いましょう。

*加重・抜重での重心移動を理解・クリアしてないと高速での安定したターンは難しいでしょう。
「M-1」Boxは、カービングでは動けませんが、数回繰り返してブレーキのイメージ作りや、
上級者技のエアー系で必要な不得意な方向の基本練習、加重・抜重での回転調整・回転軸の練習が可能です。

ホップスから全く新しい練習方法のご提案!
@Aでの確実な抜重ドリフトやエッジングブレーキ、荷重谷下ろし等は,
ゲレンデでは動き出すからバランス取るのがやっと
正しい基本姿勢確認すらも困難!
習っても1〜2時間では、日常では経験しない動きに悪戦苦闘。
完璧な理解・習得には、一日中基本練習しても
ゲレンデでは複合技術が必要なので数日間の反復経験が必要でしょう。

@Aを理解・経験不足で、BCへチャレンジしても
大事な重心移動でのエッジングは出来ずに暴走・激倒を繰り返しがち

高速でのコントロール、カービングターンDには確実なエッジングの切り返しが最重要!
理解なしで勇気で真似してても、横流れする暴走ターンになりがちです。
しかし
せっかくのゲレンデ、
何日も基本練習や反復運動なんて楽しくありませんよね!(笑)

そこで、ホップスでは
全く新しいスノボの練習方法をお薦め!!
基本的な順番理解や加重・抜重の反復運動なんて
自宅練習で十分!!
              
「M-1」Boxは自宅で姿勢&重心移動を確認・実感できる道具です
ゲレンデの様に動き出さないからこそ!
初めての方でも集中的に正しい姿勢や重心移動を体感・習得出来ます。

毎日10分間でも1〜2ヶ月でスムーズな重心移動までマスター!

年数回の方が10年でも到達出来ない丁寧な反復運動量…「時の部屋?」
ゲレンデでは、習得済みの動きを思いっきり軽快に実践!


    

「M-1」BOX
1ヶ月レンタルでお試し。
(ショップ内&LINEで常時説明致します!) 

  「M−1」ボード 1ヶ月 3,000円(初期型はサイズが大きくショップのみでの受け渡し)
  「M-1」Box    1ヶ月 5,000
 (Box収納で宅配も可能!送料は別料金)
ショップ内説明ご希望の方は、数日まえまでに携帯メールかショートメールで ご予約下さい。m(__)m

携帯 090-4340-8715 メールhops.shigeo@docomo.ne.jp (携帯からのみ受信可)


「M-1」Boxレンタルの方への
自宅練習方法ご案内 
 ステップ@〜D

『リフトの安全乗降に必要な基本』
緩斜面での操作基本
@を理解・マスターしましょう。
眼を閉じて、足元は感覚で認識できるまで、一日10分で完全理解に4〜7日

@ 前足荷重基本姿勢の習得! (我流での数年経験者も90%は目から鱗)
スノーボードの踵&爪先のエッジングの在るべき腰の位置・姿勢と
ボードフラット(直滑降)の基本姿勢を体感しましょう。
スケーテングや直滑降・ドリフトターンや先のカービングターンまえのアプローチ姿勢に重要!
最初はボードを見てやっとですが、壁に片手を添え眼を閉じてでもボードの感覚が分かったら完璧!2〜4日は練習しましょう

ステップ@練習説明動画△(写真をクリック)

閲覧できない方はこちら▽ 

https://www.youtube.com/watch?v=QEHaGGRJNGg
              
『初心者ゲレンデで覚えて欲しい基本』
A 前足荷重の直滑降姿勢からボードをヒールサイド&トゥサイドへ抜重ドリフト加重ブレーキ
木の葉下ろし
ボードコントーロールから直滑降への荷重谷下ろし習得!(ハーフターンへのチャレンジに有効)
重要なのは抜重でのスライド中にヒールやトゥへの荷重出来る腰の移動で行き先やスピード調整を理解・体感して下さい。
ここでも、壁に片手を添え眼を閉じて回転(ドリフト)スピードも自由にコントロール出来たら完璧!
3〜6日は練習しましょう。

ステップA練習説明動画△(写真をクリック)

閲覧できない方はこちら▽
https://www.youtube.com/watch?v=Ie6NJX9JEEY
             

初中級者ゲレンデでのハーフターンの基本
中級斜面対処を効率良く練習出来る基本
Bを理解・マスターしましょう。
上手く出来ない方は、大事な荷重・抜重を理解出来てないのが原因!@&Aを完全マスターしてからBからCへ
ここも眼を閉じて、足元はイメージでスローのコントロール出来たら完璧!毎日10分で1〜2週間!

B ヒールサイドから谷下ろし直滑降、抜重でのトゥサイドへドリフト加重ブレーキでハーフターン習得!
そのままトゥサイドから荷重での直滑降、抜重でのスライドからヒルーサイド加重ブレーキで逆のハーフターン
(荷重で谷へ向き終わるまえに抜重でのドリフト回転を始める、
先をイメージしての腰の連続移動が重要です。スムーズに動けるまで5〜10日は練習しましょう)

ステップB練習説明動画△ (写真をクリック)

閲覧できない方はこちら▽
https://www.youtube.com/watch?v=2-ZTRRnH0aM


中上級者ゲレンデでのスピード調整の基本


C 両方のハーフターンが自由に出来たら、真横向く前にエッジ加重での斜滑降でつなぎ
連続ターン習得!
急斜面もサイドスリップのみで降りるのでは、勿体無い!
斜め角度調整でスピードや行き先も自由になり、カービングターンに重要なエッジング姿勢を特訓! 
ドリフトターンからの斜滑降ですが、斜滑降でエッジに荷重出来る腰の位置・姿勢の習得が目的!
抜重での重心移動を理解してない方はサイドスリップしたままで「面のシュプール」になりがちです。
斜滑降で爪先・踵のエッジの入った「線のシュプール」を目指し
まずはドリフトターンからの斜滑降でしっかり加重出来る姿勢を習得しましょう。(1〜2週間)

ステップC練習風景動画
https://www.dropbox.com/s/88rbrjssf2ziev0/Step4.avi?dl=0

閲覧できない方はこちら▽
https://www.youtube.com/watch?v=2-gkCD3yjL4


『高速ターン(カービングターン)へのチャレンジイメージ練習
D 「M-1」Boxでは、カービング練習は出来ませんが、ゲレンデでのイメージ作りは可能です。
直滑降のままヒール&トゥへ
加重・抜重を数回繰り返しドリフトでブレーキのイメージ練習!
最初は加速しますので自分がコントロール可能な回数でブレーキ、先が安全な緩斜面ならカービングターンのまま直進!
また、先のスイッイや回転のイメージ、不得意方向の特訓など、上級者技へのチャレンジ練習も可能です。(1〜2週間)

https://www.dropbox.com/s/ph7kouxuis1cvkb/STEP5.mp4?dl=0

上級者技へチャレンジの方へ
スイッチや回転も荷重・抜重や軸が重要!
スイッチ走行の為にも、レギュラー/グッフィー不得意な方向は@から練習・実感しましょう。

ここまで出来たらスノーボードの基本練習は終了!
「M-1」Boxなら自宅で毎日練習出来るから、カービングターンに必要な
加重・抜重も1〜2ヶ月で理解可能!
ゲレンデでは、
高速でのカービングターンやスイッチ等へチャレンジできるでしょう。




下記動画は2014年
「M-1」Box開発前のショップでの室内シミュレーション説明です



室内シミュレーションご案内
3種類のシミュレーションでゲレンデへ行くまえに
基本をマスター
「M-1」Boxメンバーさんは説明無料
(ステージ順にレベルUP、出来る方は次のステージへ)
  

最後の道路でのシミュレーションBボード
私有地入口での試走テスト風景
(スクールは安全斜面の室内のみです)
                 
シミュレーション効果の例
一昨年シーズンでのスノボ初体験姉妹、2人で30分間「M-1」ボードで姿勢練習あと、
スケーティング・ブレーキ練習からゲレンデデビュー初斜滑降チャレンジ写真

初めてでは立派な姿勢でしたがさすがに、ターンは練習不足で苦戦!
スムーズな基本練習が必要で自宅で毎日出来たら有効と気付き
「M-1」BOXを開発しました!

           

一般の初心者の方の視線独占        初斜滑降チャレンジでもベテラン並みのしっかり姿勢

                




S・B・M練習画像  
(昨シーズンの練習風景)

                 




TOPページへリンク