看板
宝満山の花や紅葉などの写真です。
 宝満山は、福岡都市圏に位置しながら、県内でも有数の自然植生に覆われた山である。四季折々 に山中を歩くと、季節ごとに感動的な風景に触れることができる。と物の本に書いてありますが実感である。
  くじゅうや霧島などの大群落の華々しさは無くとも、見上げたりしゃがみこんだりして愛でる楚々とした可愛い花々を眺めれば山に来た嬉しさが心に染み込み、明日への元気をもらう事になるだろう。
 ピント外れや明るさ不足の写真も有るけれど、少しずつ撮りためた写真をアップしますが花の名前は間違いがあっても勘弁して下さいね。


春の花
ミツバツツジ
尾根筋の樹林の中に鮮やかに咲く赤紫の花は春の賑やかさだ
スミレ
石段の片隅に咲く可憐な花 色々な種類のスミレが見られる
ミツバツツジ
ミツマタ
昔は和紙の原料として沢山在ったと思うけどすっかり少なくなった
ガクウツギ
春の登山道をにぎやかに、さわやかにしてくれる真白き花?
ミツマタ
ガクウツギ
ショウジョウバカマ
岩の影にひっそりと咲き思わず踏んづけそうになる
アブラチャン?
昔むかし この木から採った油で灯りをともしたそうな
ショウジョウバカマ
アブラチャン
石楠花
昔は石楠花が沢山在ったそうな 現在有志の方が植樹されてます
シキミ
お仏壇に捧げる葉っぱ 清楚な花が終わると奇っ怪な実がつきます
石楠花
シキミ
シャガ
登山道脇に群生します 独特の文様が自然の造形力を感じさせます
リンドウ
岩の間から顔を出し、過酷な環境でも力強い存在感を示します 
シャガ
リンドウ
キケマン
草陰に小さくちいさく咲いていて、見落としてばかりの可憐な花 
ミヤマシキミ
樹林の下に背低く群生し、小さな花がびっしりと咲いてます 
キケマン
ミヤマシキミ
ミヤコワスレ
毎年小屋の周囲は花盛りになります 春がきた〜の花です
ムラサキケマン
蛇草なんて嫌う人もいるけど、見れば見るほど可愛い花
ミヤコワスレ
ケマン
木苺
花はかなり大きくオシベが繊細です 秋が楽しみ
ホウチャクソウ
登山道の脇に普通にあるが、花が緑白色で目立たない
木苺
ホウチャクソウ
ハイノキ
白い花が満開になると雪をかぶった様 庭木に人気だそうだ
ヘビイチゴ
黄色の花はスッキリと美しい 赤い実は毒かも?
ハイノキ
ヘビイチゴ
キランソウ
別名ジゴクノカマノフタ 春1番に咲く花 りっぱな薬草 
ナルコユリ
湾曲した茎の互生の葉の根元から緑白色の可愛い花がぶら下がる 
キランソウ
ナルコユリ
ヤマフジ
高い木からぶら下がるムラサキ色の花序は絵になります
ムベ
アケビと似た実ではあるが花は全然違う むべなるかなとは?
フジ
ムベ
アオダモ
バットやワカンの材として有名です ヒトツバタゴと同じ様な花です
ズミ
中宮跡に咲く 満開時は真っ白で海棠に似る 実は初恋の味だと!
アオダモ
ズミ
アケビ
赤紫の可愛い花 高い木に絡みついているので近くで見るのは
山頂に沈む太陽
山頂をシルエットにして沈む太陽 泊まらないとゆっくりは
アケビ
夕日
夏の花
エゴノキ
あえいで階段登っていると白い物が! 上を見上げれば沢山の花が
ウツギ(ウノハナ)
う〜のはな〜の臭う階段に! いよいよ暑い夏がやって来ます
エゴノキ
ウツギ
ベニドウダン
山頂岩場に取り付いて咲く ドウダン見ると嬉しくなります
キリンソウ
個体数が少ないのでどこに咲くかは内緒だよ 大事にしたいね
ドウダン
キリンソウ
キンシバイ
キャンプセンターの石垣に咲くけど昔の人が植えたんだと思う
オニユリ
圧倒的なオレンジ色に鹿の子模様 夏の花ですね
キンシバイ
オニユリ
キツネのカミソリ
宝満ではあまり見られないけど 樹林化のオレンジ色はあやしい 
ミゾソバ
どこでも群生 花は小さいがピンクの造形はカワユイの一言
キツネノカミソリ
ミゾソバ
ギボウシ
山頂の高い乾燥した岩場にくっついている元気もの 
オカトラノオ
中宮跡で疲れを癒してくれる独特の白い花序 イノシシ君荒らさないで
ギボウシ
オカトラノオ
ヘクソカズラ
カズラだけど独特で可愛い花 名前をつけた人の感性が? 
テイカカズラ
木や岩に絡みついて大きく繁茂する 花も実も独特の形状だ
ヘクソカズラ
テイカカズラ
ヤマツツジ
尾根筋の日当たりの良い場所に 圧倒的な存在感
ゲンノショウコ
キャンプセンターにはピンク、赤、白と咲いています
ヤマツツジ
ゲンノショウコ
オニタビラコ
珍しくも何とも無いただの雑草だけどオシベが印象的だ
ホトトギス
独特の花の形 汗を流す石の階段の隙間から伸びだしている
オニタビラコ
ホトトギス
ヤブカンゾウ
真夏の山頂岩場に咲いてます この花をパンツの紐につけると!!
ユキノシタ
この葉を天ぷらになんて、繊細な花を見たら出きっこないね
ヤブカンゾウ
ユキノシタ
ネジキ
小さな袋状の白い花が行列する様はなかなかの趣
ツクバネウツギ
枝の先端から花柄を出し2個の花をつける 花数が多いと見事だ 
ネジキ
ツクバネウツギ
ヤマボウシ
ヤマボウシは樹高が高いので上から花はなかなか見れないよ
マンネングサ
大きな岩や木に這う様に植わっている 5弁の黄色い花
ヤマボウシ
マンネングサ
秋の花
ゴンズイの実
なかなかゆユニークだ 左上はテイカカズラの実です
マムシグサの実
花も独特だけど、実もドッキリするユニークさ
ゴンズイ
マムシグサ
キンミズヒキ
中宮跡に沢山在る 実はベタベタくっつく
ツリフネソウ
群生して独特の花をぶら下げる これは少し色が濃ゆい
キンミズヒキ
ツリフネソウ
ミズヒキ
登山道のどこでも在る 花序の下から見ると白です
オタカラコウ
湿気の有る所に群生 花序が1mぐらいまっすぐ立つ
ミズヒキ
オタカラコウ
ヨメナ
薄紫の花弁に黄色の花芯 秋ののどかさの象徴みたいな花
アケボノソウ
宝満では少数派 花弁のお目目みたいな所から蜜を出して虫を呼ぶ
ヨメナ
アケボノソウ
カワミドリ
沢筋に長い花序を伸ばしている ハッカに似た香りがする
ヒヨドリバナ
秋の七草のフジバカマは絶滅危惧種 雑草のヒヨドリバナはしぶとく!
カワミドリ
ヒヨドリバナ
ミヤマシキミの実
まん丸の真っ赤な実が強烈 話題に上る木では無いがこの時期は!
ヒヨドリジョウゴ
白い花は目立たないけど 雪をかぶった赤い実は可愛らしい
ミヤマシキミ
ヒヨドリジョウゴ
マユミの実
冬枯れの樹林の中に沢山の赤い実が目立ちます
ツルニンジン
登山道脇の低木に巻き付いて独特の花を咲かせるが少数派になった
マユミ
ツルニンジン

小屋周辺には茶があるが山伏が植えたのだろう 雄しべが綺麗です
ヤブツバキ
花が無くなった秋から冬場の樹林に彩りを与える真っ赤な花
チャ
ヤブツバキ
アサギマダラ
渡り蝶としてお馴染みですが宝満でも長い期間は存在しない
サルトリイバラの実
饅頭の葉っぱでお馴染み 赤い実が付いたカズラでリースを作る
アサギマダラ
サルトリイバラ
ツルリンドウの実
草木に絡みついた細いツルに赤瑠璃色の実 素晴らしい色だ
アワコガネギク?
気温が下がった中宮跡に見られるがこれが咲けば秋も終わりだ
ツルリンドウ
アワコガネギク
紅 葉
取材中のヘリコプター
ヘリの取材は時々ある みんな手を振って大騒ぎだね
ぜんざい仕込み
行事の時はドラム缶のカマドで ぜんざいを作っているところです
ヘリ
ドラム
ウリハダカエデの紅葉
中宮跡に在る大きな木 下山時西日に照らされてすごく綺麗
最後の紅葉
この楓は紅葉が遅い 最後の見せ場を作ってくれてます
紅葉
紅葉
紅葉の盛り
キャンプセンターの楓が全面的に紅葉して太陽に照らされると!
赤いイチゴの実
気温が下がってくるとアチコチに目立つ美味しそうなイチゴの赤い実
紅葉
いちご
ウリハダカエデの紅葉
緑色からオレンジ色へのグラデーションは絵心が無くとも萌えます
ツタと山芋の紅葉
濃赤色のツタと山芋の黄色 モザイク模様が美しい
ウリハダカエデ
ツタ
イロハモミジ?
樹林の中に燃えるような様はもみじの女王と言って良いね
リュウノヒゲの実
落ち葉が降り敷いた草陰にハッとする碧い玉は猫の・・・
イロハモミジ
リュウノヒゲ
冬景色
トイレ屋根の積雪
2011年1月宝満山は1mの積雪に見舞われた トイレが潰れそうだ
小屋も埋まりそう
大量の雪に囲まれベランダは勿論、小屋の出入りも不便になった
屋根
屋根
でっかい雪だるま
でっかい雪だるまと九州では縁が無いかまくらまで出来てしまった
雪のテン場
1mの積雪と聞いて沢山の人がテント泊にやって来た みな楽しそう
雪だるま
テント場
梢の雪も芸術だ
真っ青の青空があれば梢の雪も見飽きる事の無い美しさだ
雪のキャンプセンター
青空に映える雪景色の小屋を見るのはなかなかチャンスが少ない
雪景色
雪景色の山頂
太陽との関係で朝早くの登山が大切ですね
雪の広場
この時の積雪30cm 足跡の無い時に撮ればもっと素敵です
雪景色
雪景色
白い赤い橋
4合目の赤い橋に雪が積もった 雪国を彷彿とさせる雰囲気
山頂から眺めれば
積雪のキャンプセンターを山頂から眺めれば こんな別荘持ちたい
赤い橋
山頂から
青空に映える雪景色の山頂
積雪した山頂も青空があれば絵になります
山頂へのはしご場
山頂への路は3ヶ所 踏み固まってツルツル アイゼンはめて慎重に
小屋
はしご
難所ヶ滝正面
沢山の人が氷爆見学に これは滝の本体で真白き氷に圧倒される
難所ヶ滝左側
左側はナイアガラ氷瀑の形容がふさわしい氷の長きカーテンが続く
滝
滝