FESTINALENTE 悠々として急げ


手話 1

手話 1


手話は最初の頃のこのHPのメインだった。時々行くお寿司屋さんにロー者の方達がいて、話が分からないのでそれではと手話を習いに行って 市の講習は全部卒業した。通訳の勉強もし全通研にも入って通訳を?目指してみたが、その前の程度の試験も通らなかったので、また丁度両親の介護と重なってしまったので。手話は日常に使わないと通訳なんて出来ないと理解した。教材もネットから動画を貰ってDVDにしたり、昔のビデオカッセトをDVDにしたり、デフニュースをDVDにしたり。
誰かに分けてあげたいが欲しいという人も見つからない。
でも日常会話は通じるので 会話は大丈夫。通訳という対価なり責任のあるものは出来ない。今同じ町内にロー者がいて、彼女は会員でないがあいさつ、会話くらいはしている。今日行われた ランニング桜島でも私より早い聴覚障害者の知り合いもいて、彼らについての偏見、差別など微塵も無いといえる。






  《前のコラム》 《トップ》 《次のコラム