戸次氏系大神氏

    「戸次朝直の活躍

      大分県速見郡日出町に「大神」と言うところがある。この地は、12世紀後期より13世紀初頭にかけて
     豊後大神氏一族「大神惟澄(戸次姓祖)」の領地であったとされている。
     この「大神」の地名の由来は伝説によれば、「大神比義」がこの地に住み、「近辺(近部)」と呼んでいた
     地名を「大神」と変えたとされる。
     比義は「大和大神氏(やまとおおみわし)」一族で「身狭」の後、家系は「特牛(ことい)」と、「比義」の系統
     に分かれる。
     後に特牛の系統からは「大神朝臣良臣(おおみわのあそんよしおみ)」が、豊後へ下り「豊後大神氏」の
     祖となる。
     「比義」は宇佐神宮(8世紀後半)へ下り「宇佐系大神氏」の祖となったとされているのである。
     「大神氏系図」によれば、「大神良臣」は「比義」時代より数代後(9世紀後半)に豊後へ下向しているので、
     「宇佐系大神氏」は良臣に繋がる「豊後大神氏」よりはかなり早く成立したことになる。
     日出町には、比義に関する資料史跡が多く存在しているようだ。比義の使った茶臼、孫「田麻ロ」の位牌、
     住居跡とされるところなど。
     「宇佐大神氏」は、宇佐氏に代わられるまで「宇佐大宮司家」であった。

     「大神郷」はかなりの広域であったとされるが、この地がどの様ないきさつで「戸次氏祖大神惟澄」の
     領地となったかは定かでない。「惟澄」は豊後大分郡「戸次庄・市村または高山」に住み「戸次惟澄」と
     称した。
     通説では、惟澄に子がなかったので、「大友能直」に領地を譲ったとされているが、「大友氏」豊後入り
     の際の、大神一族の激しい抵抗見れば、奪われたと見るのが妥当ではないか。
     (大友能直は豊後入りすることはなかった)
     大神郷は、「戸次姓」を継いだ「大友系戸次氏祖戸次重秀」が領し「戸次時親」を経て、大神郷中村の
     地頭職となった「戸次朝直」の領すところとなった。
     朝直は当所「藤原村」と言うところに館を置いたが、「大神郷中村」に移り「大神朝直」へ改め、「戸次系
     大神氏の祖」となった。
     朝直は深江に「一戸城(いちとじょう・深江城)」を築いたとされるが、築城説には「大神伊予守親増」と
     する説もある。

                     
                    深江漁港越に望む「一戸城跡」、上は住吉神社
                    かってこの港が人間魚雷回天の基地であったこと
                    から回天神社が併設されている。
                    ほぼ独立した山の城跡である。

     「戸次朝直」は、戸次氏主家第二代「戸次時親」の次男(三代は弟の「貞直」がつぎ、鎮西引付衆を
     努め、「北条随時(ゆきとき)」の頃には、一番引付衆であった)であった。朝直は武勇に秀でていたと
     見られ、建武3年(1336)、玖珠の高勝寺城(玖珠城・伐株山)に篭城していた「敷戸孫次郎」「賀来
     弁阿闍梨(かくべんじゃり)」等が、「霊山寺(りょうぜんじ)」を占領し、府中高国府(たかごう)」に乱入
     したとき、「戸次朝直」は、追討の大手大将軍」を務め評判をえたという。(大分歴史事典・竹本弘文)
     このころ朝直は、「戸次頼時」とともに大友家中で、縦横の働きをしたとされる。
     しかし、南北朝争乱のこの時代、正平2年((1347)、朝直は、大友氏泰の弟「氏宗」を擁して、戸次頼時、 
     阿蘇氏らと密約し、南朝方に協力する旨の起請文を書き、足利義詮(よしあきら・よしのり)より、大神郷
     藤原庄の領地を、田原正曇に宛行される。(大分歴史事典)
     後に、降参し藤原庄の半分を回復する。
      その後「戸次系大神氏」は大友氏の迫害を受けたことあったが、大友氏が衰退するまで、大神郷を
     守りぬき、天正14年の豊薩合戦では、「深江城」を島津に攻められ、時の「大神鎮勝」は難を逃れるが
     文禄の役、異国で戦死する。