戸次氏年表
                                                                                      参考史料

 
西 暦  

 年    号  
  
  氏   名  

  場  所 
                   出 来 事       
12世紀
中期

 後白河〜高倉天皇
 の間と推定される
 
 

 戸次 惟澄

 豊後国
 戸次庄


 豊後大神氏一族 「大神惟澄」 
 豊後国大分郡戸次庄へつぎのしょう)に蟠踞 。
 戸次氏の姓祖となる。  「戸次二郎惟澄.」と称す。
 戸次惟澄は,豊後37氏の祖ともされる豊後大神氏大神惟基
 (11世紀後半) の玄孫(やしゃご)にあたる。
  父は惟基の曾孫「大神惟家」

                    
                    

 「豊後大神氏」は、大神良臣に始まる豊後国に起こった一族
 「大神惟基」を祖とする豊後に起こった武士集団。
 豊後中南部を中心に強力な軍事力を背景に蟠踞した。
 中でも 「大野九朗泰基」
      「緒方三郎惟榮」らが知られる                  

  「大神惟基」出生に関する「嫗嶽大明神伝説」と云うのが
   ある(別名、「大神大蛇伝説」) 
 この伝説は「瓜生島沈没伝説」「炭焼小五郎伝説」
   と共に豊後三大伝説の一つ。

 
 1178

 治承2年正月3日
  
 戸次 惟澄

 筑前国
 (西国)
 
 従兄弟の大神惟榮(1143〜1196?)に従い 平家に謀反
 平家追い落としに加担。
 「惟榮」は「緒方三郎惟榮」として知られ、豊後の英雄として
 扱われている。元は平家の家人であった
          
  源平盛衰記、平家物語に記述有り
  
 1182
 
 寿永2年
  
 戸次 惟澄

 豊後国
 豊前國

 戸次惟澄、大宰府に落ち延びた平家追討に加担
 平家は芦屋の山鹿城へ逃れる。

 大宰府を仮宮とした「建礼門i院」安徳天皇」を惟榮は三方より
 攻める。

 1184
 

元暦元年10月20日
 
 戸次 惟澄
 緒方 惟栄
 臼杵 惟隆
 松浦党

 九州在地武士 
         藤原 頼経
         緒方三郎惟栄、戸次(戸槻)、臼杵、松浦党と
         筑紫 高野木庄で戦う

 元暦元年7月6日
 (惟榮大宰府乱入)
 緒方 惟栄
 佐賀 惟康
 
 緒方三郎惟栄兄弟、宇佐神宮に乱入。堂塔を壊して薪とし
 仏像を破って宝物奪い、眉間を打破して白玉を取るなどの
 乱暴狼藉の大罪犯す。
 後に、この行為は惟榮の命運を左右する。
 

 1185

 元暦2年
 (壇ノ浦合戦)

 戸次惟澄の
 従兄弟
緒方三郎惟栄 

 「吾妻鏡」記述
  正月26日、惟榮は足止めを余儀なくされた源範頼に船82艘
  を献上。
  3月24日 壇ノ浦で源氏勝利。
  平家滅ぶ(平時子、安徳天皇は入水)


  1186年緒方三郎惟栄は義経を迎えるため船出すも嵐に
  遭遇捕らえられ上野国沼田荘に配流(文治2年11月9日)
  この時の罪状は宇佐神宮乱入の事であった。
  
  この時期の戸次惟澄のことは不明


 1195
  〜
 1196

 建久6年
  または
 建久7年

大友初代
 大友 能直

 豊後国

 大友系圖には能直の府内下向のことが記されているがおそらく
 後世の作為と見られる。
 史実は「大友能直」の豊後入りは無かった。
 能直が豊後を与えられた年次、建久4年とする書もある。


 1206

 建永元年

 大友 能直

 戸次 惟澄

 古庄四郎重能

 京 都

 能直はこのごろ豊後守護職補任となるので、戸次惟澄が能直に
 所領を譲ったのはこれ以降と見られる。
 仮に、惟澄が大友氏に家督を譲ったとすれば、惟澄は13世紀
 初頭まで存命したことになる。

 「能直」実弟「古庄四郎重能」が先発として豊後入り。
 
  
 1230

 寛喜2年
  
 戸次 重秀

 京 都

 大友氏系戸次氏祖となる「大友重秀」 大友親秀二男
 として誕生
  
 1269
 
 文永5年
 戸次 重秀 
 大友 頼泰

 豊後
  下向

 「大友氏」の豊後入りは、初代能直、二代親秀までは
 下向せず、三代頼泰の時である。 
   「 大友能直〔初代)の豊後守護職(1206)」
 それまでは、初代能直の実弟「古庄四郎重能」一族が大友氏に
 代わり守護を務めた。
 大友氏の下向は従来1272年ごろとされていたが、1269年ごろ
 には入府していたとみられている。
 「大友頼泰」は在京のまま豊後守護職 仁治3年(1242)に就く。
 
 
大友系戸次氏初代
重秀」の豊後入りは定かでないが、頼泰
 の弟であり、同時期に豊後入りしたのではないか。


  重秀の戸次氏継承は、戸次惟澄に子がなかったので重秀を
 養子とした説があるが、惟澄と重秀には少なくとも半世紀以上の
 年代の違いがあるので、大友氏が軍事力を背景に強引に取得し
 たとみられる。
               

 尚戸次氏家紋は、大神氏が左「巴」紋であることかや、こん日
   大神氏系の姓氏が左「巴紋」であることから、もとは左「巴」で
   あったと見られる。
   大友氏系になってからは、大友氏と同じ「杏葉」紋である。
  

 1270
 
 文永6年
  
 戸次 重秀
 
 豊後国
 戸次庄
 速見郡

 豊後國図田帳には、近部、藤原、井手は戸次氏
 眞部井、軒之井地頭職戸次氏とある

 1274

 文永11年10月20日
 文永の役
  
 戸次 重秀
 
 筑前
  博多

 蒙古襲来、 博多防衛に出陣香椎浜に陣

 1282

 弘安5年5月23日

 戸次 重秀

 戸次庄

 大友系 戸次氏初代重秀卒 享年53歳
       法名 : 佛阿

 弘安8年(1285)説有り

 1285

 弘安8年

戸次二郎重頼

 豊後国
 大野荘

 豊後國図田帳之記述
 大野荘 志賀村、上村、中村、下村、の内
 中村76町、下村100町領す
 

 1285

 弘安8年
 (豊後国図田帳)

 戸次 時親
     重頼
 豊後国  時親戸次庄地頭職  戸次庄 90町(戸次時頼に同じ)
 豊後国図田帳

  戸次 時親

 国東守江浦3町
 速見郡大神荘近部藤原、井出村70町
 
 
 利根 頼親
(戸次 頼親)

 (戸次頼親)真奈井、野木乃井村30町

 戸次 時頼
(戸次時親)

 由布院 60町   戸次重親相続
 戸次 重頼
 柴山村10町、大野荘中村76町

1290年代

 永仁年間

 戸次 朝直

 一戸城
  深江

 大神村地頭職 大神氏と改め、戸次氏系大神氏祖となる
  
 1299

 永仁7年

 戸次 貞直

 豊後国
 

 鎮西引付衆頭    一番引付衆(鎮西引付記による)
 

戸次左近蔵人
 
 戸次重頼とみられる、 一番引付衆
  
 1327

 嘉暦2年

 戸次 貞直
戸次左近蔵人

 鎮西評定衆(鎮西引付記)

 1328

 嘉暦3年

 戸次 頼時
 
 豊後国
 阿南荘

 阿南荘 光一名15町 領主菊池氏に代わり納むべき
 領家年貢数年に亘り滞納した

 1330

 元徳2年

 大友 貞載
 (立花 貞載)
 
  
 
 筑前国
 立花山城

 大友貞宗二男「大友貞載 西の大友 「立花山城」築城
 立花姓の祖となる
  貞載の立花城築城の謂れははっきりしないが、博多警護の
 大友氏持ち場が香椎浜一帯であったこと、大友氏六代貞宗は
 七代惣領を長男貞順、二男貞載を差し置いて「五男千代松丸」 
 に遺言したことが影響したとも云われる。
 以後、立花城は本家の軍事力背景に「西の大友」として広大な
 筑前一帯を支配する。
 
 240年後「戸次鑑連」は立花城の謀反を鎮圧し立花城督となる
 このことが、後年の柳川藩「立花氏」誕生のきっかけとなった。

  
 1335

 建武2年    

 戸次 頼尊
 (戸次左近
     大夫)

  箱 根

 南朝方 新田義貞の足利尊氏討伐に出陣
 箱根竹下の戦いには豊後より、大友千代松丸、大友貞載
 らが参戦。戸次頼尊もこれに従ったと見られる。
 戦いは、佐々木塩屋判官高貞、大友貞載らが寝返り足利
 足利尊氏方勝利。 これにより、尊氏は京入りを果たす。

 頼尊の名は系図に確認出来ず
 おそらく頼時を指すと見られる

 1336  
    
 建武3年3月
 

 近江
 山城
 播磨国
 筑前国
多々良浜
 

 戸次頼尊は、伊豆君沢より九州筑前多々良浜に戻る間
 100余人の手負い若党討ち死を出す.。
 南北朝期、それほど不安定な世情であった。

 戸次 朝直

 豊後国
 府 内
 
 敷戸孫次郎、賀来弁阿闇梨、府中高国府乱入の時
 鎮圧の大将軍務む。

 朝直は後に戸次氏系「大神氏」を起こす
 

 建武3年8月

 
 
 戸次 朝直
     頼尊
     頼時
 


 玖珠城
 (伐株山城)

 
 

 玖珠城に篭る大友貞順、入田士叔、加来弁阿闍梨らを攻める
 
 

 建武3年

 戸次 貞能  湊 川   南北朝争乱

 三代貞直弟「戸次貞能」湊川合戦に出陣討死
  
 1338

 建武5年

 戸次 頼時

 豊後国
 阿南荘

 光一松名の領家年貢15貫文で請け負うが訴訟受く。
 年25貫文と6年一度の神宝途10貫文納入で収拾。
  
 1347
  
 正平2年  戸次 頼時
 大神 朝直
(戸次 朝直)  
  府内  
 頼時、朝直
 南北朝争乱 大友氏宗に応じ南朝方に協力の起請文を
 書く
 これが将軍家の不興をかう


 戸次頼時 譲状 観応2年2月10日(1351) 立花文書
            嫡男「福寿丸」へ

 
  
 1352
 文和元年  豊後国
 阿南荘
 藤原荘
 
 南朝方への起請文が原因して、足利義詮より、領地の
 田原直貞への宛行受く。
  
 1353
 
 文和2年ごろ      
  
 戸次 頼時
 大神 朝直
 藤原荘
 頼時、朝直
 両名幕府に降参。波多方半分、大神藤原半分回復
  
 1354
 
 文和3年
 戸次 重親   
 戸次庄

 戸次重親
 戸次庄檀原村、由布院4ヶ名等全地頭職失う

 1359

 南朝期正平14年
  (大保原合戦)

 少弐 頼尚  
 懐良 親王
 菊池 武光

 戸次 頼時?
 大保原
 小郡原

 九州最大の南北朝合戦、大保原合戦行わる。
 武家方少弐軍6万、宮方菊池4万 合わせて10万が戦った
 合戦。宮方の大勝利に終わるが、双方の戦死併せて5450人
 負傷25000人の大惨事。
 勝利した懐良親王は大宰府に征西府置く
 一方名門少弐氏は衰退へ向かう。
 
 大友軍も武家方として参陣するも山隈を動かず、
 戸次一族も前後のいきさつから参陣したと考えられる。
  
 1361
  
 
 康安元年 
 
  
 戸次 頼時

 

 所領安堵さる
  
 戸次 時直
 (臼杵 時直)
 戸次 時直 戸次系臼杵氏初代となり所領安堵さる
  
 1363

 貞治2年

 戸次右馬助
  直光
 
 豊後国
 阿南荘


 光一松名 所領安堵
1370年代   
 戸次 直光
 
 戸次氏5代直光  将軍小番衆  今川了俊九州探題
 の頃
  
  14世紀中期の頃
 戸次 直時
(片賀瀬直時)
  
 大野荘
片賀瀬村  
 4代戸次頼時子 「直時」片賀瀬氏初代   豊前守

 1375
 
 永和元年
  
 豊後国
 戸次庄
 臼杵庄
  両庄、北朝方より妙心寺玉鳳院  雲上上人へ
  
 1382

 永徳2年

 戸次頼秀?
 
 戸次庄
 松岡
 
  戸次庄松岡下野入道跡地、 大友親世へ預け置かれる

 1383  

 永徳3年
 
 大友 親世

 戸次庄

 大友親世宛 知行所領注文に、戸次庄切畑名はあるが
 檀原村は見当たらない
 
 1394

 応安元年10月17日

 戸次 直光

 戸次庄
 
 正応3年4月4日、頼時卒
 
 父丹後守(頼時)所領及び諸職等安堵の御判

 1401
 
 応永8年7月11日

 戸次 直世

 三重郷

 戸次直世、奥嶽兵衛四郎入道に対し、智尾地征伐の恩賞
 として三重郷より三貫文与える
 15世紀
 初頭
   
 戸次 直世  豊後国
 足利義満(1358〜1408)の勘気受け小番衆解任
 主家大友氏の加番衆から戸次氏消える。
 以後、戸次氏勢力減退、悲運の時期迎える

 1418
  〜
 1419
 応永24年  戸次 直世  筑後国  長田太郎に対し長田荘(瀬高町長田)の件について問いただす

 1420

 応永27年8月24日

 戸次 直世

 三重郷

 由原宮に対し、三重郷門田のうち、萩田1町2段80歩寄進
  1425  応永32年  戸次采女 三角畠  
 大友「三角畠之乱」の大友孝親の謀反の諫言に向かい
 討たれる
 この乱は11代親著が家督をいとこの持直に譲ったことから
 嫡男の孝親が起こした反乱

  15世紀前中期頃か
  
 戸次 親載
  
 大野荘
 鎧ヶ嶽

 戸次直世が将軍家の勘気受けて以来低迷の続く戸次氏は、
 ついに本貫地戸次庄失い。大野荘鎧ヶ嶽(藤北)に移る。
 この時期戸次氏は相当苦しい時期で有ったと考えられる。
 家督の相続に混乱(複雑)が見られやがて三家に分かれる。

  15世紀中期と推定される

 戸次氏分か
  れる

  本家
  片賀瀬分家
  藤北分家

 片賀瀬

現、竹田市
   片ヶ瀬

 この頃「戸次 親続」片賀瀬城に移る
 「親続」は12代「戸次親貞」の長男。13代は弟「親宣」が継ぐ。
 当時片賀瀬には「片賀瀬氏」がいた見られるが其の当りのこ
 とは不明。

 こん日、全国の苗字の中に「片賀瀬氏」は見出せない、途絶えた
 可能性もある。
 
  
 1478

 文明10年

 戸次 親家
  
 鎧ヶ嶽城


 13代「戸次親宣」の子として誕生
 後の戸次氏14代「戸次常陸介親家」   「戸次鑑連」の父
 
 1511

 永正8年

 戸次 親正
    (親延)

 肥前国

 戸次五郎、治部大輔。将軍家への忠誠尽くす。岡山で戦う。
 肥前国小坂にて討ち死。享年17歳   法名: 玄清義山
 親正は藤北戸次氏の祖

 親正の戦死年永正8年は、系図によって天文3年ともある。
 何れも、甥子の親家の出生年次らを考えると不自然な気がする。

 1513
 
 永正10年
      3月17日

 戸次八幡丸
 
藤北の里

 八幡丸誕生     後の 戸次鑑連(立花道雪)
               
戸次鑑連・ァ千代・色姫 
 豊後国大野荘藤北丸山  「藤北館」


 1526
  

 大永6年3月

  八幡丸
 (戸次鑑連)

 藤北館

 八幡丸 14歳で元服 大友義鑑より一字もらい
 「戸次伯耆守鑑連」と称す
 

 大永6年
 
 戸次 鑑連
    初陣

 豊前
馬ヶ嶽城

 戸次鑑連初陣

 病気の父に変わり豊前出陣「総大将」務。、中国大内勢が籠る
 馬ヶ嶽城夜陰に乗じ落す。 早くも勇将の片鱗

 戸次 親家

 藤北館
鎧ヶ嶽城
 
 戸次14代親家没す  享年49歳

 戸次 鑑連
 
 鑑連戸次15代家督継ぐ
 鎧ヶ嶽城主(1526〜1554)

 1527

 大永7年
 
 由布 惟信

由布院?

 
 後年の鑑連側近 「由布 美作入道雪下」 誕生
 戸次道雪、立花宗茂二代に仕え、立花藩家老
 最後まで宗茂と行動を共にした
 柳河入国時 酒見城主3500石        89歳で没す
  
 1535
 
 天文4年秋
 (車返しの戦い)

 戸次 鑑連
 戸次 親宗
 肥後国
 菊池の謀反に鑑連3000騎を率いて出陣
 合志勢が内応してきたがこれを断る。親宗奮戦する

 1546

 天文15年

 戸次 鑑連
 
 筑前国
 古処山
 
 秋月 文種大友に反旗
 大友義鑑、戸次鑑連、佐伯、臼杵、吉弘ら10000の兵を
 差し向けこれを鎮圧

 1548
 
 天文17年
 
 吉弘弥七朗

 豊後国
 筧  城
 後の吉弘鎮理(高橋紹運)誕生

 1550

 天文19年
     2月10日

 (大友
  二階崩れの変
 
 大友 義鑑
 塩市丸
 斉藤播磨守
小佐井大和守
 田口蔵人佐
津久見美作守
豊後府内
 大友館
 
 大友二階崩れの変
 大友20代義鑑は、嫡男の義鎮を廃嫡にして側室の子
 塩市丸に家督を継がせることを図る。重臣4人に持ちかけたが
 反対され。策略を以って、斉藤、小佐井を切るも。
 駆けつけた田口、津久見に「塩市丸」共々討たれる。
 田口、津久見らも家臣らに討たれる。
 義鑑は二日後に死す。  享年49歳
 
 変の折「義鎮」は別府に湯治に行っていたというが、義鑑に
 行かされたものか、自ら行ったのかは不明。
 しかし事後処理の義鎮の動きは素早かった。
 

 天文19年
     2月20日
 大友 義鎮  大友 義鎮 21代大友氏家督継ぐ
 
 天文19年3月
 
 戸次 鑑連
 
津賀牟礼     城
 (入田)

 戸次 鑑連

 二階崩れの変、義鎮廃嫡を画策したとされる首謀者
 重臣入田親誠を攻める。親誠は阿蘇惟豊を頼り逃亡するも
 逆に討たれ、首を豊後に送られる。
 鑑連は二階崩れの事後処理で地位を築く。
 

 天文19年8月
 
 肥後国
 隈本城

 戸次鑑連を総大将に大友軍35000は肥後に進出
 菊池勢撃破。 隈本城落す

 1554

 天文23年10月
  13日〜15日

 戸次鑑連ら
 大友軍

 門司城
 
 大友軍1万5千  毛利勢総崩れ  門司城奪回

 天文23年

 戸次 鎮連

 鎧ヶ嶽
    城

 戸次鎮連は、鑑連の実弟鑑方の嫡男
 鑑連の養子となって鎧ヶ嶽城継ぐ(1554〜1583)

 1557

 弘治3年7月7日
      〜12日

 戸次 鑑連

古処山城


 総大将戸次鑑連率いる大友軍2万、秋月古処山に
 秋月文種攻める。  秋月文種自刃。
 嫡男 種實は中国毛利氏へ避難
 
 1558

 
 永禄元年6月18日

 大友 義統

 大友館

 長寿丸(義統)誕生
 1559
 永禄2年6月26日
 

 大友 義鎮
 
 府 内
 豊前、筑前両守護  薩摩除く九州の守護に

 永禄2年8月

 戸次 鑑連

 宗像領
 許斐城
 蔦  嶽
 白山城

 宗像氏貞の城攻めるも徒労に終わる
  
 1561
  

 永禄4年 又は
 永禄6年の説

 戸次 鑑連
 
 宗像領


 大友加判衆 臼杵鑑速、吉弘鑑理と共に三老の一人
 宗像大宮司家の城攻める

 永禄4年7月15日
 (香春岳城合戦)

 戸次 鑑連
田北刑部少輔
田北民部少輔
 田原 親賢

香春岳城

 戸次鑑連、毛利勢の原田義種籠る香春嶽落す、 義種自刃
 香春岳城とは、現田川市の石灰採鉱山「一の岳」中腹にあった
 山城である。香春城は、応永年間は大友の配下、千手興房が
 守っていたが、中国大内氏に攻められ婦女子共々自害。
 大内後も、毛利大友の間で争奪が続いていた。
 
 
 永禄4年9月2日
 (門司城合戦)

   
    10月10日
    10月26日
    11月 5日
    11月 6日

 戸次 鑑連
 田原 親賢
 臼杵 鑑速
 吉岡 長増

 門司城

 門司城は大友氏の守将怒留湯主人に与えられていた
 この門司城を元就は義鎮との密約を破って攻め落とす。
 おさまらない義鎮は門司城取り返す行動に出るこれが発端で、
 二ヶ月に及ぶ門司城攻防が行われる。
 鑑連は布刈神社近くまで攻め入る。
 ポルトガル船門司城砲撃

 明神尾の激戦
 大友軍総攻撃 鑑連800丁の弓、鉄砲使用
 大友軍は攻めきれず夜陰に乗じ撤退。陸戦は互角であったが、
 毛利の小早川水軍の待ち伏せなど大友軍苦戦。

 1562

 永禄5年
 

 戸次 鎮秀

 豊 前

 鎮秀は号を宗傑と言う。片賀瀬戸次氏4代  山城守
 後に大友義統の加判衆  妻は高橋紹運の妹

 戸次 鑑連
 
 鑑連入道して「麟伯軒道雪」と号す

 1563
  
 
 永禄6年1月
 
 戸次 鑑連

 豊 前

 毛利勢の籠る豊前松山城攻める
 松山城は背後を海に囲まれた要害。攻めきれず
 以後大友氏は松山城より手を引く

 永禄6年1月27日

 足利 義輝、戸次鑑連に対し豊芸和談につき、義鎮に
 意見加ゆべく命ず

 1564

 永禄7年

 戸次 鑑連

 


 酒色に溺れる宗麟の行状諌める

 1565

 永禄8年6月
      7月4日
 立花城謀反発生

 立花 鑑載 

 筑前国 
 立花城

 西の大友として君臨してきた立花城
 立花鑑載最初の謀反
 戸次鑑連、吉弘鑑理、立花城包囲  立花鑑載降服

 1566

 永禄9年2月吉日

 戸次 鑑連

 大野荘
上津神社

 豊後国大野荘「上津神社」へ「金幣寄進」

 1567

 永禄10年8月14日

 秋月 種実

 戸次 鑑連 
 臼杵 鑑速
 吉弘 鑑理
  ら大友軍
 
 

筑前秋月  休山
  茄子城
(安見ヶ
    城)
 
 

 大友軍に攻められ自刃した秋月文種の嫡子「秋月 種実
 中国毛利に身を寄せ優れた武将に成人。古処山に帰還し
 旧臣らを集め侮れない勢力となっていた。

 大友義鎮戸次鑑連ら三老に2万の軍勢を与え秋月種實攻める、
 1日に七度もの鎗あわせ、鑑連も自ら太刀打ちの激戦
 秋月も1万2千の軍勢で互角の戦い

 永禄10年8月15日

 大友軍は秋月の?城休山茄子城落とす
 戸次鑑連休山(休松)に陣を敷く 
 守将坂田越後守諸正自刃。介錯で飛んだ諸正の首の落ちた
 首淵(つぶろぶち)の名のつく地名今も残る。
 
 秋月勢居城の古処山に退去


 (注) 休松は現在「安見ガ城」と呼ばれているが、明治の頃
     までは「休山茄子城」と呼ばれていた
 

 永禄10年9月3日
    9月4日未明
    
 休山茄子城合戦
 (所謂休松合戦

 戸次 鑑連
 戸次 鑑方
 戸次 鑑堅
 戸次 親繁
 戸次 親宗
 戸次 親久

 戸次 鎮連
 戸次 鎮秀

 戦いは二十日に及ぶ中、毛利襲来との噂が大友軍に流される
 大友陣中からは理由をつけて筑後勢らが引き上げ始める。
 大友軍は一旦軍を筑後まで引くことにする
 大友軍撤退の報に秋月種實は4000の軍勢で、撤退前の大友
 臼杵、吉弘陣地に夜襲(未明)を掛ける。。
 大友軍は大混乱、戸次陣地へなだれこむ、おりしも鑑連陣地
 朝飯中。突然のことに同士討ちを演じる混乱、鑑連は悠然と
 握り飯を口に放りこみ兵を叱咤励まし陣を建て直す。
 鑑連、朽網、清田、一万田、田尻勢が踏みとどまりかろうじて
 討ち返し兵を筑後赤司城から山隈城まで引かせる。
 この戦いで戸次一族は甚大な被害を蒙る。
 家中の討ち死五十余人、中でも鑑連実弟「鑑方」叔父「親久」
 従兄弟「鑑堅」従兄弟違い「親繁、親宗」の親族5人が首を
 取られる 。
 (この合戦で戸次鑑連の弟5人が戦死したとするものがあるが、
  系図、米多比戦死帳などの検証より、これは間違い)
 また、田尻家中にも多くの戦死だす。

 この戦いは、伝える書によって異なるが、大友軍には負けに
 等しい合戦であった。
 特に、戸次軍の損害甚大
 

 永禄10年11月18日

 吉弘 統虎
  (千熊丸)
 
 吉弘館

 後の立花宗茂誕生、 父「吉弘鎮理(高橋紹運)」
 国東軍都甲荘長岩屋 筧城吉弘館で生まれる。
 (筧城の場所ははっきりしない)
 統虎は鑑連のァ千代の婿に迎えられる
 
 永禄10年12月23日
 
 戸次 鑑連    大友義鎮、鑑連に対し、宰府社家人の忠意を糺させ不忠の者
 に 誅罰を加ゆべく命ず

 1568
  

 永禄11年2月5日

 戸次 鑑連

 上津神社

 豊後大野市 上津神社(上津八幡大神)鰐口寄進
 
 永禄11年2月
 (立花鑑載謀反

 立花 鑑載 

 立花城
 
 清水左近将監率いる毛利勢8000芦屋に襲来。
 立花鑑載、高橋鑑種と示し合わせ再び大友に謀反。
 同意しない大友に忠義の薦野三河守、米多比大学を謀殺
 立花山白岳守将、怒留湯融泉 脱出して大友へ連絡。
 
 
      同4月6日
 

 立花鑑載挙兵 中国毛利史清水軍8000に高橋軍あわせ
 10000余騎にて備え
  
     同4月24日
 
 戸次 鑑連
 臼杵 鑑速
 吉弘 鑑理
 戸次 鑑直
戸次次郎兵衛

 鑑載誅伐の大友軍30000余騎立花城包囲
 先陣は切岸まで押し詰める
 3ヶ月を要する合戦の始まり

     同7月4日
  
  立花城崖下の戦い

 戸次 鑑連
 戸次 刑部
 戸次 治部

 総攻撃 鑑連軍は苦戦、敗色濃厚のところへ、戸次刑部、
 戸次治部らが駆けつけ挽回。
 鑑連は敵の弓撃ち狙撃に至近から狙われるが、内田玄悠の
 兄が中にいり身代わりとなって即死。鑑連命拾う。
 この戦いでは鉄砲が使われたと言う。
 

     同7月23日
    立花城合戦
    
    立花城陥落
  立花鑑載自刃

 戸次 鑑連
 

 大友軍は要害の立花城を攻めあぐねていた。鑑連は密かに
 諜略をまわし、立花鑑載の将「野田右衛門大夫」を内応させる。
 右衛門は木戸を開け大友軍を場内へ手引き、立花城は遂に
 陥落。鑑載は立花城を僅かな配下とともに脱出、一旦支城の
 古子城へ落ち延び立て直しを図ったが、兵が集まらず新宮浜
 目指す。途中野田右衛門に見つかり鑑連に追い詰められ、裏
 切った右衛門を罵りながら共の者とも自刃す。

 238年続いた大友氏直系の「西の大友」は終わる
 

 大友宗麟は立花城の守将として
               津留原掃部助、
               田北民部丞
               臼杵進士兵衛   を配置
 
     
    同8月7日

 戸次 鑑連
 
 筑前国

 大友宗麟 鑑連に対し立花城攻めの功で感謝状

 1568

 永禄11年8月19日

 戸次 鑑連
 秋月 種實
 古処山
 戸次鑑連秋月へ軍進める
 種實おそれをなし降参
 

    同11月25日

 戸次 鑑連
 
 
 筑前国
 山隈城

 鑑連山隈城より高良下「トイモト城」へ移る
 トイモト城の位置は未確認
 筑後耳納連山発心山の北の麓「富本」を指す説もあるが
 高良下にはずいぶんと遠い。
 高良下の麓本村に「城」と言うところがある。この当りでは
 
 
 1568
 
    同11月28日
    (鑑連 再婚)
 
トイモト城

 門註所鑑豊の娘「仁志姫(西姫)」と再婚。男女二人の子伴う

 1569

 永禄12年正月

 戸次 鑑連

 佐賀城
 (佐嘉城)

 戸次鑑連肥前佐賀城攻め出陣
 同年3月攻撃開始

 1569
  
 永禄12年4月15日

 立花城

 毛利軍筑前侵入着陣 立花城包囲

    同5月3日

 毛利軍立花城の水脈を絶つなどの策を使う
 宗麟は一旦城を開けるよう命令
 大友軍撤退

    同5月5日

 戸次 鑑連
 戸次 玄珊
 戸次 宗傑

  博多

 大友軍30000 博多に集結

    同5月6日
 (多々良川の
        戦い
 
 筑前国
 多々良川

 立花城奪回をかけた戦い
 鑑連自ら鎗を手に奮戦
 

    同5月18日

 多々良川合戦最大の激戦。両軍鉄砲使用
 大友軍35000、毛利軍40000、中世九州戦国史上最大の戦
 い。戸次鑑連猛攻撃、毛利軍数町引く。大友軍大勝利。

 永禄12年8月「戸次ァ千代」誕生
    同10月12日
 戸次 鑑連
 臼杵 鑑速
 吉弘 鑑理

  芦 屋

 毛利軍は立花城に野瀬兵部ら200余り残し撤退開始、
 大友軍追討、毛利軍3491人の戦死
 
 同10月13日大友の三将は毛利追討し芦屋に入る。
 三将は筑前擾乱の元凶は高橋鑑種とし、豊満城を攻め
 切腹させることを決める(芦屋会談)

    同11月9日

 立花城

 立花城に残っていた毛利勢城を開ける
 大友軍は、これを芦屋まで送る
 1570
 元亀元年3月

 戸次 鑑連
 大友 親貞

  佐 賀

 脅威となりつつある肥前竜造寺を攻めるため、大友宗麟出陣
 高良山に本陣を置く。
 大友軍は60000、佐賀の北へ長蛇に陣を張る。
 総大将大友八郎親貞は西の今山に、戸次鑑連は東の柿村へ
 迎える竜造寺軍5000。
 
  大友親貞は圧倒的な戦力に勝ち戦とばかりに慢心
 戦意低く油断酒宴。
 
 竜造寺軍は緻密な情報収集に加え、地元郷士の士気高く
 20日未明、形勢不利と見た鍋島信昌は手勢僅か800余りで
 大友親貞本陣の背後山に回り一気に奇襲をかける。
 大友軍は酒盛り最中、不意打ちに大混乱。
 総大将の八郎親貞も山沿いに逃亡将とするが待伏せに合い
 討たれる。
 統制の抜けた大友各隊は筑後方面へ逃亡。この中にあって
 鑑連は殿を務め陣を動かず防備を固め陣を引いたと言う。
 この戦の大友軍の戦死は2000に上った。
 
 この合戦を契機に筑前筑後における大友離れが顕著となる
 大友衰退の発端とも言える。
 元亀元年8月20日
   (今山合戦
 鍋島 信昌
 大友 親貞

 戸次 鑑連

 1571

 元亀2年

 戸次 鑑連
     色姫
 筑前国
 
 宗像氏貞の妹「色姫」戸次鑑連の側室となる
 (実質は和睦の人質)
  鑑連 58歳  色姫 23歳

       
 
 元亀2年5月6日

 戸次 道雪
 
 立花城

 戸次鑑連 立花城へ入る 立花城督。 「道雪」と号す
 所領94ヶ村 3000町

 1572

 元亀3年8月15日

 戸次亀菊丸

 

 筥崎座主麟清の養子となる

 1574

 天正2年3月

 戸次 道雪

 立花城

 立花城に石火矢(大砲)二門着く
 後に「国崩し」と呼ばれる

 1575
  
  

 天正3年3月23日

  養孝院
 
 立花城

 戸次道雪養母「養孝院」没す。 墓所は「梅岳寺」

     同5月28日
 
 戸次ァ千代

 道雪は7歳の「ァ千代」に立花城督を譲る
 この時の道雪の譲り状が残る。生活用品から武具まで興味を
 引く(立花文書)

 1577

 天正5年

戸次左京入道

 緒方荘

 緒方荘間別調注文  緒方庄300町  小川名80町
 戸次左京入道直納分 (入道宗傑のことか)

 1578
 

 
天正6年
   1月
土持氏
攻め

 戸次 鎮秀

 肥後国
 (阿蘇)

 大友主力の日向進出に際し南部衆として肥後に駐在
 戸次宗傑鎮秀  山城守  片賀瀬戸次第4代

 大友 義統
 戸次 鑑連
 戸次 宗傑
 田原 親賢

  縣城
松山城とも言う
 (延岡)

 日向の国は長く、伊東氏が日向48城と呼ばれる如く栄華を
 誇っていた。
 一方薩摩では島津四兄弟が結束して勢力を拡大していた。
 この島津に対し、伊東三位入道義祐は、元亀3年5月3日
 島津義弘が守る真幸院(えびの盆地)を押さえる為、
 伊東加賀守祐安ら3000にて加久藤城を攻める。後年九州の
 桶狭間と喩えられる「木崎原合戦」である
 伊東軍は義弘の巧みな戦術と、油断が重なり大敗の返り討ち。
 この敗戦により伊東氏は一気に求心力失い、地元土豪たちは
 島津へと靡く。其の一人が縣城土持親成である。
 土持氏は、耳川以北を領地として大友に予同していたが、
 この時期大友の顔色覗いつつ島津へ内応していた。
 この土持親成を討つべく宗麟は、嫡子義統以下有力重臣率い
 る30000で一気に縣を攻め六代134年続いた土持氏は滅ぶ。

 戸次一族も鎮連、宗傑が第七陣として出陣した

 宗麟の土持氏攻めは「耳川合戦」の発端と共に、大友島津の
 所謂「豊薩争乱(豊薩合戦)」の発端となった。

                豊薩争乱辿る(1)
                豊薩争乱辿る(2)
                豊薩争乱辿る(3) 参照
 

 天正6年9月4日
    宗麟出陣
 天正6年11月9日
       〜12日
  (耳川の戦い)       


 大友 宗麟
 田原 紹忍
 田原 親賢
 佐伯 宗天
 田北 鎮周
 吉弘 鎮信
    ほか
 日向国
 高 城
 耳 川

 日向を追われた伊東義祐は、縁戚関係にあった大友宗麟に
 日向の領地回復の支援を求める。
 この時期宗麟は、キリシタン信仰に強く傾倒、世情急変著しい
 戰國の情勢を見極める戰國武将としての気概に疎くなっていた
 義祐の要請に宗麟は妄想を抱く。日向国にキリシタン王国を
 夢見る。
 日向侵攻には軍師を始多くの重臣たちが反対したと言う。
 宗麟はこれを 聞き入れず、天正6年9月4日出兵する。
 総大将「田原紹忍」以下40000の軍勢
 宗麟は海路 縣務志賀(無鹿)に本陣を置く。宗麟はここでも
 一大合戦を他所にキリシタン信仰に明け暮れる。

 田原紹忍は途中[島津]の防衛陣を退けながら高城に進軍
 高城の向かいカンカン原に「松山の営」を中心に陣を張る。
 高城は島津の守将「山田新介有信」率いる3000がいた。
 多勢の大友軍は周辺の焼き討ち、高城の谷を切り払いこれで
 埋めるなど攻め立てたが、高城周辺の地形は中位段丘の侵食
 地形のため急崖で比高は低いが要害をなしている。
 大友軍は攻めあぐみ日時を費やした。
 11月11日大友人では「軍議が開かれた」しかし主戦論の
 田北鎮周らと、慎重はの田原紹忍、佐伯宗天らとの間で意見が
 分れ「軍議決裂」田原紹忍は軍を統率できなかった。
 
 決戦の日「11月12日」未明、作戦の無いまま大友軍「田北隊」
 が切原川の渡河強行、続いて佐伯隊、斉藤隊らが渡河、序戦
 大友の勢いが勝り島津の先鋒崩れる。大友の先鋒はなおも
 島津陣の奥深くまで深追い。
 戦況を覗っていた島津義久は、伊集院隊、戦さ上手の歳久隊、
 潜ませていた野伏せを動かし大友隊の側面に一気に鉄砲弓矢
 で攻撃、この横入れで大友軍は混乱、形勢一気に逆転。大友軍
 は多くの数戦死者出し敗走。島津軍は耳川まで追討、大友軍は
 ここでもおくの犠牲だす。大友軍の戦死者は4000とも2万とも言
 われる。大友軍の死骸は累々と川、街道を埋めたと言う。
 
 大友宗麟はこの敗戦により南部衆中心に家中の求心力失う。

     
 

 1578

 天正6年12月3日

 戸次 道雪
 高橋 紹運

 岩屋城
 
 秋月種實、筑紫広門の連合軍が大宰府に攻め込むが、道雪、
 紹運これを撃退するも、道雪軍の被害大

 柴田川の戦い
 
 天正6年
 戸次道雪
 森  鎮実
 猫ヶ城

 鷹取城「森鎮実」、宗像氏の端城「猫ヶ城」に」押し寄せる



 1579
 

 天正7年正月11日
 大友 義統  
 府 内
 大友館
 
 大友宗麟、家督を嫡子「大友義統」に譲る
 義統併せて九州探題となる
 この後、7月15日宗麟はキリシタンの洗礼を受けキリシタン大名
 となる

 天正7年4月
 戸次 道雪  二日市  二日市の戦い

 天正7年8月14日
(天正8年8月23日)
      ?

 戸次 道雪
 筑 前
生の松原

 道雪は志摩半島柑子岳城(254m)の大友方木村鑑實の支援要
 請に、食料救援。 帰路この地方の藩大友原田勢に襲撃される
 天正8年8月23日とするものあり
  

 天正7年7月27日

 戸次 道雪
 高橋 紹運


 大宰府
 岩屋城

 再び秋月、筑紫連合軍大宰府に攻め込むがこれを撃退
 
 天正7年8月

 戸次 道雪

 箱 崎

 宗像氏貞、麻生、原田、などの反大友軍、多々良川左岸箱崎に
 攻め込むも戸次道雪これを退ける
 
 天正7年9月11日

 戸次 道雪
 十時摂津
 安楽平城  佐賀竜造寺 安楽平城攻める。 
 道雪小田部紹叱救援、十時遣わすもするも落城
 
 天正7年9月18日

 戸次 道雪

 鞍手郡

 戸次道雪、高橋紹運、宗像領鞍手に攻め入る


 1580
 
 

 天正8年2月

 戸次 道雪
 十時摂津守

 筑 前
 早良郡

 立て篭もった肥前竜造寺に味方する郷士討つ
 

 天正8年2月3日

 戸次 道雪

 月隈村

 砦(切寄せ)築く

 天正8年2月16日

 戸次 道雪

 立花城

 道雪、豊後の重臣たちに大友危機を説き奮起を促す檄文発す

 天正8年3月
 
 戸次 道雪  筑前国
 宗像氏貞大友と和睦。氏貞妹「色姫」どうせつに輿入れ
 道雪 58歳  色姫 25歳

 天正8年5月
 戸次 道雪
 森  鎮実

 筑前
 遠賀郡
 上底井村

 道雪は鷹取山城森鎮実に、宗像氏の端城猫城を攻めさせるが
 鎮実合図を違えて敗走する、

 天正8年7月

 戸次 道雪
 竜造寺隆信
 
 筑 前

 道雪、竜造寺隆信と和睦。西九郡隆信領。東六郡大友領

 天正8年9月

 戸次 道雪

 筑 前
 穂 波
 道雪、紹運 秋月種實と戦いこれを破る
 天正8年冬
(天正7年説 ?)
  木付鎮実  柑子岳城  

 原田了栄へ城開城。大友の志摩支配終わる


 1581

 
 

 天正9年3月6日
 
 戸次 道雪

 筑 前
 那珂郡
 麦野村
 

 道雪保塁築く

 天正9年8月18日

 高橋 統虎
 (戸次統虎)
 戸次ァ千代

 立花城

 高橋紹運の嫡男「統虎」養子縁組 立花城へ
 統虎 15歳  ァ千代 13歳
          後に立花ァ千代

 天正9年11月6日

 戸次 統虎
 戸次 道雪
 高橋 紹運 

 穂 波
 潤野原

 戸次統虎初陣(後の立花宗茂
 秋月方の敵将と組討これを討ち取る

 天正9年11月12日
       〜 13日
  (小金原の戦い)

 戸次越中
 戸次右衛門
      大夫
 薦野 増時
 足立 式部
 由布 惟信

 古野神九朗

筑前若宮
 小金原

 戸次道雪、統虎親子は、鞍手郡鷹鳥城(630m)城主森鎮實の
 飢饉を救うべく、米300表に800の兵で救援に向かわせた。
 途中宗像氏貞領内を通過するので、道雪は事前に了解をとった
 しかしこれには立花、宗像の和睦をよしとしない若宮郷士の不満
 根強く、機会をねらっていた。行きに秋月方が襲ってきたがこれは
 のけ米を届ける。翌13日帰路、若宮の若党郷士が待ち受けてい
 たが、川の水位の変化に気づきまちぶせを察知。戦いは激戦とな
 り、夕方にまで及ぶ、立花勢は勝利するが重臣足立式部を始め
 多くの戦死者を出す。若宮方は、郷士の殆どが討ち死全滅
 応援の秋月方にも多くの損害出す。
 この戦いで、足立式部を倒した「古野神九朗」の墓が、現在若宮
 ゴルフ場に残る。
 
 道雪は約束破った宗像勢に怒り、立花山松尾城の色姫〔松尾殿)
 を訪れ、、口汚く宗像勢を罵倒したという。道雪と色姫がうまくいか
 なかったのは、こうしたことも原因したであろう。
 
 

 1582

 天正10年2月


    
      同4月

 戸次 道雪

 早良郡
 山門村
 生松原

 山門村の郷士討伐に向かう
 帰路道雪、いきの松原で原田勢と鉄砲戦。手負い87人月


 
戸次統虎、原田の久辺野砦落す

 天正10年3月16日

 戸次 道雪
 小野 和泉
 由布 雪下

 宗像郡
 八 並
 許 斐

 小金原合戦のシコリを残す道雪は、宗像への侵攻を命ず
 しかしこの時は徒労に終わる

 天正10年4月16日

 戸次 統虎 

 那珂川筋
 岩戸村

 筑前の志摩、糸島に勢力を広げる高祖城「原田信種」は筑紫広門と
 示し合わせ、大友方猫峠城へ手をのばす。道雪はこれを討つため
 重臣の薦野増時ら1000余騎で攻め込む。
 原田勢も必死の抵抗見せたが、立花勢が切り込み原田勢退去
 立花勢の討ち取った首は150首に上ったと言う。

 1582

天正10年11月18日

 戸次 道雪
 戸次 統虎
 
 立花城

 戸次道雪、大友宗麟より「立花姓」許される
 立花氏の名跡継ぐ。 「立花道雪」と称す

 立花城西の御殿にて道雪重臣二十数名えお招き御旗名字を
 継ぐ祝宴開く。この時の着座順が「米多比文書」に残る
  家老七人 「由布甲斐守家続」「堀越後守入道東雲」
         「十時興五郎連秀」「安東助五郎家栄」
         「由布源兵衛尉惟延雪下」
         「森下備中守入道釣雲」「安東紀伊介宗忠」

  また重臣に、戸次越中守、戸次次郎兵衛(立花次郎兵衛)
          戸次右衛門大夫(立花右衛門大夫)らが見える

 天正10年ごろ

 戸次 鎮連?

 豊後国
 三重郷
 松尾山

 この時期、島津の北上に備え、「三重松尾城」築く
 柴田紹安の宇目「朝日ケ嶽城」も築かれる

 1583
 

 天正11年3月15日
 
 立花 道雪

 許斐城

 立花道雪3000の兵で、宗像氏貞の支城許斐城を攻める
 宗像民部逃亡、宗像氏貞も白山城へ退去。
 許斐は立花勢が入る

 1584 
 
 天正12年3月24日

  色  姫
  道雪側室

 立花城

 色姫は、立花、宗像の和睦の証として、道雪の側室となって
 いたが悲運の生涯閉ず   享年39歳
 「當院開基竹龍院妙渭大姉」 墓地は古賀市青柳石瓦にある
 墓標は一枚岩の転石で立派である

 天正12年7月

 立花 道雪
 高橋 紹運
 筑 後
 黒 木

 盛夏の中道雪、紹運、3000の兵引連れ黒木家永籠る猫尾城
 攻める。 家永自刃、娘が介錯。
 この時道雪は「輿」で進軍したと言う

 1584

 天正12年

 戸次 統貞

 入田郷
 津賀牟礼    城

 豊後入田津賀牟礼城は、入田氏の居城であったが、入田氏が
 親誠の誅伐後、重臣戸次統貞に与えられていた。
 親誠の子義實は許され、九重野緩木城にいた。義實は九重野
 を拠点に旧領回復を図った。大友義統は戸次統貞に命じ誅伐
 させた。
 義實は焼き討ちにあうなど激しく攻められ和睦
 

 1585
 

 天正13年

 戸次 鎮秀

  肥後

 戸次鎮秀、島津の阿蘇侵入に対し阿蘇惟光の要請で支援

 天正13年3月

 立花 統虎

 立花城

 秋月種實、道雪筑後出陣の留守突き立花城攻めるも、統虎
 これを撃退

 天正13年9月13日
 (立花 道雪死す



 立花道雪の死(1)

 立花 道雪

 筑 後
 北野
  天満宮
  陣中

 道雪の筑後出陣は長期になっていた。高良大社を本陣に各城
 攻め、筑後鎮圧中がであった。天正13年夏、道雪は酷暑の中
 北野へ陣替え北野天満宮へ。道雪は高齢のうえ暑い中での陣
 替えの疲れで発病、一旦は持ち直すが重臣たちの見守る中
 遂に没す。  享年 73歳
 13歳の初陣以来、大友宗麟の片腕として主家に忠義を貫き、
 生涯を合戦に身を投じた誠の戰國武将であった。
 道雪は生涯37度の合戦に臨み一度も敗れなかったと言う。
 晩年下半身不随となっても輿にて出陣したと言われる
 道雪の死によって大友の筑後制圧は頓挫する。
 道雪の遺体は敵味方見守る中、1000人の兵に守られ立花城
 へ送られる。
 
 道雪の終焉を大友興廃記は次のように書く
        「國中野心の武士も道雪開陣と聞き、矢一筋も射る
                                ことなし・・」
  
 道雪の墓は、新宮町立花口の梅岳寺に。養母「養孝院」
                 側近「薦野増時」とともに眠る
         法名:梅岳院福厳道雪大居士
             福厳院殿前丹州太守梅岳大居士
     

 1586
  
 

 天正14年
 
 戸次 鎮連
 戸次 鎮秀
 (戸次宗傑

 豊後国

 そろって大友家加判衆

 天正14年3月4日

 宗像 氏貞

 宗 像
 蔦岳城

 宗像大宮司家80代「宗像氏貞」没す  享年 42歳
 氏貞に世継ぎ無く、秀吉により廃絶される
 宗像大宮司家滅ぶ

 天正14年6月1日

 戸次 宗傑
 志賀 道輝
 志賀 道雲
 朽網 鑑康
 田原 親家
 
 豊後国
 緒方荘
  政所

 大友義統
 緒方荘、緒方政所へ国分けの御倹視が派遣されるので
 一勢(助勢)を出せと命令
 
 1586

 天正14年7月12日

 高橋 紹運
 
 岩屋城
 島津忠長岩屋城囲む

 天正14年7月27日
  (岩屋城玉砕
 

 高橋紹運
 道雪と共にに大友氏へ忠義を尽くす。紹運は降伏を勧める
 島津忠長の大軍を前に悠然とこれを拒否。
 家臣も全てが紹運と運命を共にすることを決意。岩屋城は
 強固に抵抗。合戦は二週間に及び島津の損害が広がる。
 しかし遂に763名全員が壮絶な玉砕。これは戰國合戦史上
 稀に見る合戦である。
 島津軍がこの岩屋城に日にちを費やしたことは、島津の九州
 制覇の戦略に微妙に影響するのである
 島津軍の損害は、戦死3000、手負い1500、実に岩屋城
 篭城者の6倍に上る。紹運の凄まじい抵抗が覗える。

 高橋紹運の墓は、岩屋城二の丸跡に、首塚は二日市にある
   法名:天臾院殿性海紹運大居士


 天正14年8月24日

 島津忠長

 立花城

 岩屋城に時間を費やした島津忠長は、遂に主目的の立花城
 攻略をあきらめ、囲み解く

     同 8月25日
  (統虎鳥居城攻め)

 立花 統虎
戸次次郎兵衛

 高鳥居城

 島津に応じ立花城の押さえとして、高鳥居城に居た星野吉實
 星野吉兼兄弟は、島津に置いていかれる。
 立花統虎は間いれず出陣。星野兄弟討つ
 兄弟の首は吉塚に葬られている。現「吉塚地蔵」
 「吉塚」地名の起こり

 この合戦では戸次次郎兵衛の武勲が伝えられている。
 次郎兵衛は、戸次鑑連(立花道雪)の妹の夫「戸次親行」の子
 次郎兵衛2歳の時父早世、鑑連によって厳しく育てられたという。

 次郎兵衛は後の「立花次郎兵衛」、清廉実直、義を重んじる武将
 であったが肥後「加藤清正」の罪人をかくまった事がきっかけで
 引き取りに来た加藤家の者の約束違反に激高、加藤家の侍を
 切ってしまう。これの責任を問われ自刃する。
 

 1586

天正14年10月20日
   (島津豊後侵入)

 戸次 鎮連?
  (戸次氏)

 島津 家久
 柴田 紹安

 三重町
 松尾城

 島津は、耳川、沖田畷で勝利し、九州制覇をたくらんでいた。
 耳川で大友に勝利したとはいえ、豊後大友氏は依然脅威である
 大友攻略にに島津は、肥後口、日向口より豊後へ侵入
 日向口の島津家久は「縣」、北川、八戸をへて、国境「梓峠」を
 越え宇目「柴田紹安」の朝日ガ嶽城無血開城。、三重郷に侵入
 柴田紹安は家臣の反対を押し切り夜陰に乗じ逃亡、島津へ走る
 三重では、かねてより島津に内通していた、馬喰商人「麻生紹把」
 の手引きで「戸次氏」が守る「松尾城」を落とし、此処に本陣お置く
 島津軍が到着した時、麻生紹把一族は家族総出で迎えたと言う。
 島津家久軍は「松尾城」を拠点に集結。

 戸次氏十六代「戸次鎮連」は島津に内応したとして「義統」の誅伐
 を受け、大野で自刃したとされている。推測だが、松尾城に居た
 可能性が高い。
 

天正14年10月22日

 島津 義弘
 新納 忠元
 新富 新介

 志賀 親次
 戸次 鎮秀
  

 片賀瀬城
(片ヶ瀬原)

 肥後口より豊後侵攻の島津義弘は、肥後高森野尻より豊肥國境
 越え、九重野高源寺「入田宗和」の緩木城へ入る。
 
 10月22日島津の先鋒「稲富新介」率いる5000は片賀瀬戸次氏
 の片賀瀬城を落とし侵入。続いて島津の主力集結
 先鋒は、岡城下「滑瀬口」まで侵攻する。
 

天正14年10月24日
 

 戸次 統貞
津賀
  牟礼城

 島津義弘は、津賀牟礼城の戸次統貞(玄珊)に策を巡らし
 下城させ入城。玄珊は島津に内応したとされる。
 
 恐らく、片賀瀬城の統貞父「戸次鎮秀(宗傑)」も同様と見られる

 天正14年12月7日
 

 利光 宗魚

 鶴賀城

 豊後入りした島津家久は、佐伯「栂牟礼城」、臼杵の宗麟の居る
 「丹生城」と攻めるが、何れも攻め倦み損害出して撤退していた。

 三重松尾城発った「島津家久」18000は、「豊後府内」への
 玄関口「戸次庄利光 鶴賀城、別名 利光城」を囲む
 義久は、鶴ヶ城の南1キロほど「梨尾山」に本陣を置く
 一方、鶴賀城の利光宗魚は柵を築くなど警護を固め、、将兵、
 男女3000余りで篭城作戦。家久軍は二の丸までは攻め入るが
 鶴賀城は 強固に抵抗、島津軍の戦死は増える一方、見かねた
 家久は、一旦兵を5町ばかり引く。これを櫓上で見ていた宗魚は
 狙撃され戦死。敦賀城は、宗魚の死を隠して抵抗、
 双方合わせて6000もの戦死を出す。
 島津家久は、敦賀城攻めに勝利しなかった。

 

天正14年12月12日
 (戸次川の戦い




 戸次 統連
 戸次 鎮時
 戸次 鎮直

 長宗我部
     信親
 仙石 秀久

 大友 義統

 戸次川
 (大野川)

 鶴賀城危うしの中、大友宗麟の嘆願により「豊臣秀吉」の派遣
 した四国勢「長宗我部信親」「仙石秀久」らが救援に到着。
 四国勢に、戸次統連などの大友軍8000は戸次川挟ん竹中に
 本陣を置く。
 これに島津義久、市村と利光村の境当り、戸次川の右岸に集結
 島津義久は、大友軍をみて一旦陣を引くが、家久は案外大友勢の
 手薄なことを見て取っていた。三段の備え引く。

 大友方では、敦賀城の危機に仙石秀久が渡河を主張、大友陣
 は意見が分かれる。これには、豊臣秀吉から救援の本隊到着迄
 決して軽率な行動をとらぬよう戒められていた。
 長宗我部らの反対を押し切って、秀久は渡河を強行。これに
 長宗我部らもやむ終えず渡河する。序戦は大友勢が押し込み
 島津はさがるが、家久は全軍に生きて薩摩へ帰ると思うなと檄を
 とばし、二番手、三番手と繰り出し大友軍に襲い掛かる。
 遂に大友勢は総崩れ、長宗我部親子戦死、十河一族らにも多数
 討ち死。大友義統は吉弘統幸に助けられ、高崎山さらには龍王城
 まで落ち延びる。仙石秀久も逃亡、秀吉の怒りかう

 戸次氏最後の当主「戸次統連〔統常)」は、島津に内応した父鎮連
 を恥、汚名を晴らさんと一族挙って参陣。2000名が壮絶な戦死
 「統連」は合戦にあたり、討ち死覚悟、決死の覚悟を以って累代の
 家宝書物悉く焼き払って出陣したという。
 
  統連(統常)の墓は、豊後大野市藤北「常忠寺」にある
 統常 享年22歳
            法名 : 常忠寺殿節宗義圓大居士
 
 
 1587

 

 天正15年3月1日

 豊臣 秀吉

  大坂

 「秀吉」島津討伐に20万の兵を引連れ出立

 天正15年3月17日

 島津 家久

 松尾城
 三重郷

 島津家久は秀吉の九州入りに、松尾城、城下にひを放ち退去
 島津は撤退に際し、多くの三重の住人を人質にしたという。
 
 戸次氏の築いた松尾城の短い使命終わる

 天正15年5月8日

 島津 義久
 
薩 摩
  川内

 島津義久「秀吉」に降伏


 天正15年5月23日
 (大友宗麟 没す

 大友 宗麟

 津久見

 「大友宗麟」 没す  享年 58歳
 豊後の王と呼ばれ、九州 6カ国の守護にまで上った宗麟も
 晩年は、キリシタン信仰に傾倒し治政を疎かにした。
 急変する戰國の世に対応できなかったと言っていい
 加えて、嫡男「義統」は臆病で戰國武将としての器量を備えて
 いなかった。
 後年、義統は挑戦の役での敵前逃亡をとわれ失脚
 400年続いた大友氏の豊後支配は終わる。
 さらに1600年「石垣原合戦」の敗退で大友家は滅ぶ
 

 1587

 天正15年6月15日
 

 立花 統虎
   ァ千代

  柳 川

 立花宗茂(統虎)は秀吉より筑後「柳河」132200石を与えられる
 宗茂は15日立花城を発ち17日柳川へ入る。

 ァ千代は父「立花道雪〔鑑連)」の眠る、住み慣れた立花山を
 離れたくないと拒むが、過信に諭され1日遅れで柳川へ。

 戸次氏一族も多くが柳川に同行しtと見られる
   戸次山城守鎮秀(宗傑)
   戸次親良(鎮秀嫡男)
   戸次鎮林
   戸次統直
   戸次次郎兵衛(立花統春)
      次郎兵衛は「立花次郎兵衛」として知られ、道雪妹の婿
      「親行」の子、道雪の甥にあたる。2歳の時父が死亡
      道雪に育てられる。
      実直な武将であったが悲運の自刃

 1600

 慶長5年9月14日
  鶴見原合戦之事
 (所謂石垣原合戦
 
 
 大友 義統
 吉弘 統幸
 黒田 如水

 豊後國
 石垣原
  (別府)
 

 関ヶ原合戦の前日に行われた合戦
 大友家再興を掛けた大友義統は「黒田如水」との「石垣原合戦」に
 破れ、400年続いた豊後大友氏遂に滅ぶ

 慶長5年9月15日
  (関ヶ原の戦い)

 立花 宗茂
  
 大阪

 関ヶ原の戦い。 ァ千代は「徳川」に味方するよう勧めるが
 宗茂は秀頼へ
 結局 豊臣方敗戦 宗茂領地失う

 関が原合戦後、筑後八院、江上表の戦いにて「戸次右衛門大夫」
           次男「善四郎」戦死

  
 
 1600
 慶長5年10月20日  
戸次右衛門
     大夫

同  善四郎
     親雄
 筑後国
   江上
  関ヶ原敗戦後、肥前「鍋島直繁、勝繁」の乱入の邀撃に
 親子で出陣討ち死。八院の戦い

 1601

 慶長6年5月3日

 戸次 宗傑
 (戸次 鎮秀)

 柳 川

 片賀瀬城 4代山城守没す  入道宗傑
 大友加判衆務めた重臣
   父 「親方」  母 道雪の妹  妻 高橋紹運妹

 墓は 玉名市石貫「広福寺」
     法名 : 節心院岩雄英甫宗傑大居士
 

 1602

 慶長7年10月17日
  (ァ千代 没す

 立花 ァ千代
 (戸次ァ千代)

 肥後長洲
  腹赤村
 庄屋伊蔵
   納屋

 柳川でのァ千代は宗茂との折り合い悪く、宮永に別居
 宗茂が領地召し上げられてからは、寂しい余生であった。
 長洲腹赤(はらか)、庄屋「古庄九朗右衛門」屋敷に住み
 此処で没した。 享年 34歳
 気が狂ったとも、井戸に身投げしたとも言われる。
 墓は、没後柳川藩に復帰した「宗茂」が14年をへて建立したという

  法名 : 光照院殿泉誉良清大禅尼
  神号 : 瑞玉院
 
 ァ千代の墓はその形から「ぼたもちさん」と呼ばれている

 1620  元和6年
 (柳川復帰
 立花宗茂  柳川藩

 立花宗茂20年かけて旧領「柳川」に復帰
 11万石

 1634  寛永11年
 (ァ千代墓建立
 立花宗茂  長州腹赤

 「立花ァ千代」没後32年にして墓建立される
 墓碑は「ぼたもちさん」と呼ばれ、墓柱の上に平たく丸い石が 
 乗っている。
 墓碑に「慶長七年壬寅十月十七日」とある。


 1642

寛永19年11月25日
  (立花宗茂 没す)

 立花 宗茂
 (吉弘統虎)
 (戸次統虎)

 立花藩
 江戸屋敷

 立花宗茂は 1620年(元和6年)
 苦節20年経て柳川へ復帰。 柳川「立花藩」109600石

 立花飛騨守左近将監宗茂   享年 76歳
 法名 : 大円院殿松蔭宗茂大居士
 墓所 : 東京都練馬区 広徳寺
       京都府大徳寺大慈院
       福岡県柳川市福厳禅寺

 1643

 寛永20年8月21日
  (戸次親良 卒)

 
 戸次 親良
 立花藩
 戸次親良は、片賀瀬城第4代「戸次鎮秀」の三男で、宗茂に従い
 父と共に柳川へ。
 大阪城屋敷の留守居役など務めたとされる。
 由布雪下と共に、宗茂を守った。)

   享年79歳  法名: 巧誉宗徳居士
 

(
余談 1 
  1575年(天正3年)戸次右近広正という者が加賀国大聖寺城
  を修復、守将となったと言う記事を見た。
  大聖寺城は一向宗の城であったが廃城となっていたものを、
  織田信長の加賀侵攻に際し、柴田勝家の家臣ともされる戸次
  広正が修復して守将となったと言うものである。
  この戸次広正は「戸次」を「別喜」とも書いてあり、豊後の「戸次」
  に繋がるものか不明。
  
  実は熊本県の菊陽町に「戸次」の地名があるが未調査。
  こちらは「トツギ」と読むようである。

余談 2 
 1652年(承応元年9月)  俗に言う「承応の変」
  戸次庄左衛門と言う「兵法者」が居た。由比正雪の弟子という
  この時代江戸は大名の改易、減封相次ぎ、牢人者が増え
  世の不満が渦巻いていた。
  戸次庄左衛門は、これらの牢人者を集め政変を起こそうと図る
  4代将軍「家綱」の行う、増上寺での2代将軍秀忠夫人27回忌
  混雑に紛れ増上寺に火を放ち、駆けつける老中襲撃を企てるが
  事前に発覚捕縛され浅草で「磔」の刑となる。
  この事件は、その後幕府の牢人対策の転機となる。

(余談 3 ) 
 1870年(明治3年) フランス
  柳川藩士「戸次親任正三郎」(1854〜1872)
  陸軍留学生としてフランスへ。現地にて病死
  墓は、パリ近郊の フォンテブローにあると言う。
  (西日本新聞 2003、7、7)



                                                        トップへ