大伴部博麻
                  



         
己を奴隷に売り、國の危急を伝えた男「大伴部博麻(おおともべのはかま)」愛国の言葉の
      うまれたいきさつ。

          


   
                           持統天皇勅語

  朕嘉厥尊朝愛国
       売己顕忠
                                  大伴部博麻の碑
                           右の柱「尊朝愛国(そんちょうあいこく)」
                                  左の柱「売身輪忠(ばいしんゆちゅう)」

         これは、女帝 持統天皇が持統4年(690年)「大伴部博麻(おおともべのはかま)」という元倭国(日本)兵士に
         与えた勅語である。(日本書紀:第三十三巻持統天皇より)
         こん日まで一般個人に与えたられた「勅語」はこれ以外にない。また、この勅語にある愛国」の文字は、持統
         天皇が初めて用いた国を思う言葉でもある。
  
         勅語の意味は
       
          は おまえが朝廷を尊び わたし天皇の国を思い
              
己を売ってまで忠誠をしめしたことをあきらかにした
                            
うれしくおもうよろこぶ

                                                     
と云うおおよその意味である。

        西暦660年7月、朝鮮半島では「新羅、唐」の連合軍に「百済」は滅ぶ。旧百済の遺臣「鬼室福信」らは、661年
        百済再興かけ「倭国(日本)」に居る百済の「豊璋王」の擁立と併せ救援を倭国(日本・斎明天皇7年)に救援を
        要請。中大兄皇子(天智天皇)を中心とするヤマト朝廷は全国から傭兵。日本は661〜662年、三派に亘り都合
        およそ五万の援軍を送った。
        この日本軍の中に、筑紫國上陽東S(つくしのくにかみつやめごうり)出身の兵士「大伴部博麻」と云う兵士が
        いた。「部」は古代の部民制であるので、「博麻」は豪族「大伴氏」に属する何らかの職業集団の一員であった
        のであろう。
        「博麻」は「人軍丁(一軍丁)・ひといくさよぼろ(日本書紀:詔軍丁)」として「百済へ出征した。
        天智2年8月(663)「白村江の戦い(はくすきのえ、と言っていたが今は「はくそんこう」と読みを統一)」
        気象、地形に不案内の日本軍は、主力唐「水軍」の前に一昼夜にして軍船の大半炎上壊滅する。 白村江は
       日本軍の血で赤く染まったという。
        (翌年、天智3年・664年水城が築かれる。日本書紀:筑紫、築大堤貯水名曰水城)

       「博麻」は捕虜となり「長安(西安)に連行される。長安には既に4人の捕虜がいた。遣唐使として唐入りしていた
       大和の役人達であった。四人は「土師野富杼(はじのむらじほど)」「氷連老(ひのむらじおゆ)」「筑紫君薩夜麻
       
(つくしのきみさつやま)」「弓削連元宝(ゆげむらじげんほう)」である。
       白村江で日本が負けたことにより捕虜となっていたとい云う。
       「長安」に連行された博麻らは、捕虜とはいえ拘束されること無く自由に長安を往来できたようだ。
       こうした生活の中で博麻らは、「唐」が「倭国(日本)を攻める計画」を知る。なんとしてもこの事を、ヤマト〔日本〕に
       知らせなければと「博麻」は、自分を「奴隷」に売り、他の四人を日本に帰す事を「土師野富刀vらに相談。緊急
       事態を知らせることを決意する。
       「博麻」の作った資金をもとに四人は衣服、食料、旅費を準備、ヤマトへ向かう。
       天智10年(671)ごろ四人は対馬に着く。このことは直ちに「筑紫國大宰府政庁」に伝えられる。

       奴隷として長安に留まった「博麻」はそれからおよそ20数年、知り合いの「唐人(外交官とも)」から倭国(ヤマト)に
       行くが一緒に帰るかと声をかけられる。
       日本書紀によれば、持統4年(690)十月乙丑(二十二日)「博麻」30年経て日本に帰ってくる。
       この、己の身を奴隷に売ってまでし情報を伝えた「大伴部博麻」の国を想う忠誠に、時の女帝「持統天皇」は博麻
       に「勅語」、「階位」、布三十端、稲一千束、、田4町など与え、三族(三代)に亘り免課(免税)とし、その忠孝を称
       えたのである。そしてその勅語の中に「愛国」の言葉がうまれた。

       では「愛国心」とは何か。それは「愛国」と云う言葉の生まれたいきさつより、古くは単に國を思う心と云うものでは
       なく、身を捨てて国即ち、天皇に尽くすと言う意味があったとみられる。

             
                 左の写真、八女市上陽町北川内寄口の公園の頂上に碑はある
                この碑は、文久3年7月15日、神職「小川柳好幸」、庄屋「木下甚助」ら
                地元有志により建立された

                      
                      久留米城址(篠山城)の大伴部博麻之碑
                      何故此処に建てられているかは不明


                   参考資料   文化講演  生き方の鑑としての歴史  占部 賢志 氏
                                 上陽町の石碑説明書きほか
                                 日本書紀 三十三巻「持統天皇}
   


                               トップへ