戸次氏の家紋 「杏葉紋


       杏葉紋は其の形が「あんず」の葉に似ているから、あるいは馬飾りの杏葉を
       図案化したものなど説明されている。また「揚げ羽」に似ることから「翹葉」
       とも書くこがある。
       形が「抱き茗荷」に似ていることから混同されていることもある。注意要す。
       「杏葉紋」は大友氏の家紋として知られ、一族に許された「同紋衆」がいる。
       また、今山合戦で大友軍に勝利した「龍造寺隆信の武将・鍋島信生」が戦勝を
       記念して家紋にしたという「鍋島杏葉」も知られている。
       両紋の違いは大友系には外の囲いが無いことである

 
       「戸次氏は、大友同紋衆として使用が許され「抱き花杏葉紋」である


       「家紋について」(大友興廃記)これについて大友興廃記は次のように書く。
       「家紋同紋衆」
       「古庄黨、志賀其外能直公下向の御供の侍一筋は、御家の御紋なり。
        茗荷のまるなり。ただしわり茗荷杏葉の御紋と是を云うなり。
        御一姓の侍には是をゆるされる」とある。
 
       こん日では、「杏葉紋」「茗荷紋」は区別して扱われているが、大友興廃記は
       同一に扱っている。そういえば、豊後の一部地域に「杏葉紋」を「茗荷紋」と
       呼ぶ所がある。


                             べっきのかもん
                     戸次氏家紋 抱き花杏葉(花翹葉)



                               ホームへ