戸次氏祈願所 


   上津神社・上津八幡宮
(かみつじんじゃ)豊後大野市大野町大字片島字上津山

       「
鎧ケ嶽城・戸次氏の崇敬集めた神社

        御祭神「月読尊」「神功皇后」「応神天皇」
       (注)応神天皇は、一般には「八幡神」とされる。
         「八幡大菩薩」は「源 頼朝」鎌倉以来、
          源氏はじめ武家の崇敬を集めた。
     
        開基、神功皇后3年(203)11月3日、月読尊勧請
        その後、聖武天皇の神亀元年(724)応神天皇、神功皇后を相殿に勧請して「上津八幡大神」と号す。
        承和元年(834) 国司大江宇久宮社を造営。
        寿永2年(1183)「緒方三郎惟栄」社殿修復、田地30町歩j寄進。
        寛正3年(1461) 鎧ケ嶽城主「
戸次親載」「一之鳥居」奉献。
        天文19年(1550)大友義鎮(宗麟)、田地5段を寄進。
        永禄9年(1566)「
戸次鑑連」(道雪)、金幣を奉献。
        永禄12年(1569)「
戸次鑑連」鰐口奉献及び田地3段を寄進。
        「上津神社」は、神社背後「上津山」山頂にあったが、氏子の参拝に不便なことから昭和42年麓の
        「一之鳥居」前に遷宮した。
        「
戸次親載」の奉献した「一之鳥居」は「県指定文化財」である。


         
               
上津神社          戸次親載奉献「一之鳥居」(神殿の裏手にあり)



   
成大寺(じょうだいじ)  大分市上戸次利光 

        開基は詳らかではない。案内板によると、建久7年(1196)大友氏が豊後に下ってのち、嘉禎2年(1236)
        戸次氏の祈願所となった。
        只、大友系の戸次は1269年以降と考えられることから、姓祖の
戸次惟澄」がこの時代まで存命して
        いたのだろうか。やや不自然な気もする。
        正平2年(1347)には利光氏の「香厳院」となり、末寺六つの大寺院で有った。
        天文22年には、大友宗麟より肥後の土地十町四反を寺領として寄進された。
        しかし天正14年(1586)島津の乱入で焼き払われた。その後再建されたが現在は寺籍はなく。地元の利光
        地区が管理している。

               
                         成大寺跡風景             左奥 利光宗魚の墓碑・天正14年12月7日戦死
                                                法名:長空院殿前越州刺史水雲宗魚大居士
                                                右 住職信庵阿奢梨正忠墓(1350)
                                                利光宗魚の妻は「鑑連」の妹、宗魚の戦死隠し
                                                島津の大軍相手に退けた




    柞原八幡宮(ゆすはらはちまんぐう)   大分市大字八幡   

           平安時代天長4年(827)「宇佐神宮」より「分霊」し創建される。 
       承和3年(836)国司により社殿造営。
       古文記録では嘉応3年(1171)に名があるという。豊後一之宮、旧国幣小社。
       御祭神、応神天皇、仲哀天皇、神巧皇后

       中世、源頼朝、源範頼はじめ「大友氏、竹中氏」らの崇敬も厚かったと言う
子に恵まれない戸次氏十四代
       「
戸次常陸介親家」夫婦は健やかな男子出生をこの「柞原八幡宮」に祈願した。
       願叶い永正10年3月17日(1513)豊後国大野荘藤北「戸次館」で男子誕生。後の「
戸次鑑連」である。
       祈願した「柞原八幡宮」に因み「八幡丸」と名づけた。

 
           
               柞原八幡宮参拝口                       柞原八幡宮拝殿



   
六所神社(ろくしょじんじゃ)   福岡県新宮町立花口

         立花山の北麓「立花口」にある「産土神」である。
      人々が、土地の開墾にあたり五穀豊穣を祈った所とされる。 
      「六所宮」「六所大権現」として地域に親しまれている。
      古代より「天照大神」が鎮座していた。その後、様々な大神、産土神を合祀し「六所大権現」となった。
      立花山城督「
立花道雪」は出陣に際し必ず「武運」を祈願したという。

                    
                        六所神社(新宮町立花口)


                                      参考資料     新宮町教育委員会公開
                                               九州戦国の武将たち  吉永正春 著
                                                         上津神社案内書
                                                         六所神社案内書




                                     トップへ