切支丹宗之事


      「田原紹忍」は「宗麟」へ「切支丹宗」を勧めたか ?

      切支丹大名「大友宗麟」が初めての「切支丹」との出会いは、天文20年8月ポルトガル船が豊後日出港へ
     寄港したことが切っ掛けとなり、山口にいた「フランシスコ・ザビエル」を府内へ招致した時である。
     ザビエルの豊後滞在は短いものであったが、彼らの整然とした府内入りを見て、彼の随行者、運んできた
     船長、商人らがザビエルを神のように尊敬する姿に、「義鎮」は深く感銘し二人の心はおおいに通じ合った
     という。
     ザビエルが去った後も、多くの宣教師たちが府内に入り、中でも「パルテザル・カゴ」、「コシメ・デ・トレロス」、
     「ルイイス・デ・アルメイダ」、「ルイス・フロイス」らは、義鎮の庇護のもと布教に努め、切支丹は急速に豊後
     国内へ広まったとされる。こうした環境の中で、「義鎮」もまた切支丹へ強く傾注したのである。
     義鎮の切支丹化は一般的には概ね以上ように理解されている。
     ところが「大友豊筑乱記」や「大友記」の伝えるところは随分違うのである。それによると両記には、義鎮に
     重用された「田原紹忍」の弁舌に勧められ入信した趣旨のことを伝えている。大友記宗麟公キリシタンニ
     成タマフ事
」には「南蛮国ヨリ、キリシタント云宗旨ワタリテ、府内丹生島ニ一宇ヲ建立シ其宗旨ヲトク、・・・
     ・・・田原近江守(
紹忍)彼宗ニツキ、日夜聴聞ス。宗麟公御聞アリ、近江守ヲメサレ吉利支丹宗ノ儀尋タマ
     フ。近江守ハ九国一ノ弁舌人ニンナレバ、吉利支丹外道ノ仔細ヲ、サモ面白クコソカタリケリ。・・・
」とある。
      こんにちの歴史観では田原紹忍は義鑑の時代より大友氏を支えた「吉岡長増、戸次鑑連、吉弘鑑理、
     臼杵鑑速」らが義鎮の下を離れると急速に権力を強め、義鎮正室の兄と云うこともあって、義鎮にへつらい
     重用された。しかし、切支丹について反切支丹の代表として信徒を威嚇した。京より田原家に養子に迎え
     た「親虎」の入信には強固に反対、意思の硬い親虎を廃嫡にしているので、真の史実は判らないが、大友
     関係資料上の田原紹忍は評判よくない。大友記などは「紹忍はもとより臆病にして」と伝えている。
     
      以下に大友豊筑乱記切支丹宗沙汰之事」より。
     
      「近年南蛮国より商売のため本朝(日本)に渡海の船、豊後国に着津(入港)して、大友宗麟公を尊敬奉
     り(
たてまつり)、七珍萬宝の進物を持ち奉り、其の上切支丹と云ふ宗門を勧め、切支丹の作法を言上した
     りと云聞へし(
うわさが流れた)。
     宗麟公は、田原紹忍(紹恩)に重宝の数をつくし、音信饗応せり。
(田原紹忍へ貴重な物を与え、重用し、
     度々招いてはもてなした
)。 田原はこれに帰依して(服従してへつらい)寄り寄り(度々)宗麟公のご機嫌
     をはかり、邪法(
切支丹)を勧め奉る。
     宗麟公仰せけるは、佛神を諌々(
かんかん)する宗門のよし聞き及びたり(神仏の信仰を改めよとする
     
切支丹宗のことは聞いているが)。日本は神国にて神功皇后の御宇に、新羅、百済、高句麗を攻め給い
     し以来は、神力にあらざれば、弓矢の勝利得難しと宣ひ(
のたまい)聞召入れられず(聞き入れなかった)。
     紹忍はかの宗門に深く帰依して、宗麟公のご機嫌伺ひて宗旨の遺命共(
教え)を寄寄申上げ、近辺の若
     輩にも言葉を進めさてまた、世間づくの事に云ひなし(
世の中のことにも話をからめ)、弓矢の沙汰に及ぶ
     (
矢の作法扱いの事にも話が及んだ)。
    
 「南蛮国には、仏神の起こり奉る国なりと云ふとも、七珍万宝国土に満ちて、国に余りぬらん(南蛮国は、
     信仰心の厚い国であると共に、珍しい物が国に満ちあふれていた)。遥遥の海上を凌ぎ(しのぎ)この遠国
     迄運送して売買しなければ、本朝の重宝なり(
遠くの国まで品々を運んで売買してくれることは、我が国に
     とっても大事なことである
)。
    
 「 弓矢の業も佛神の加護にあらずとも鉄砲を討掛けなば(神仏の加護や、弓矢に頼らずとも、鉄砲を撃ち
     かければ
)、敵何十万騎来るとも眼前に退治たやすかるべし。
     「昔の軍(いくさ)は弓矢をもって遠きてきをなびかしけれど(倒したが)、人別に弓矢の達者なく勝負にて
     (
射る敵の人別なく、また将兵の弓矢の上手、下手に関らない戦いであるが)、特に弓取りの器量(弓の
     扱いに慣れている
)による事なり。
     「
石火矢鉄砲は達者に限らず、また神佛の加護あらずとも、誰が放ちかけても岩石鉄壁をも嫌がらず、当
     る所は破れ崩るるなる事目前なり。
と弁舌にまかせ語り散らし、さては諸寺諸山の僧出家に向かいひて
     は、理不尽の沙汰を云掛け、切支丹のひいきを強く引いて(
強く肩入れして)問答をさせ、色々に取って
     かへし、佛法神道は世上の騒災を求むるなりとぞ見へけれ(
そのように吹聴した)。

        このように、「宗麟(義鎮)」の切支丹信仰は「田原紹忍」の勧めによる事を伝える。
        以下に、その後の顛末を簡潔に記す。


      臼杵の
海蔵寺は、大友政親の菩提寺で大友氏歴代の崇敬を集めていた。宗麟も度々の参拝を欠かさ
     なかった。そのころ、この寺の住職は京都「大徳寺」の真叙和尚であった。
     (海蔵寺には、17代大友政親の墓所であった)
     そのうち、宗麟は邪宗門に心を引かれていくうち、やがてその参拝も途絶えていった。この宗麟の行動に
     近習や外様の者たちは佛道をうっとみ、邪宗門へと心がかたむいていった。そうした中にも、常々佛道を
     崇敬する人々は、誅伐を恐れ病気などととりなして、近習の奉公なりがたしと領地に引き込んだ。
     遂には人々の「海蔵寺」への参通は途絶えていった。この状況に紹忍はますます佛道を嘲り(あざけり)
     邪宗への肩入れを尽くした。
     海蔵寺の住職「真叙」、このままでは佛法も世上も思いやられると、三衣一鉢の体に、共の僧二〜三人に
     て寺を抜け日向目出して落ちて行った。この事を聞きつけた悪党あぶれ共、よほど落銭料を持っていると
     追いかけ山中で襲い身ぐるみ剥いで殺害する。 
     田原紹忍、この仕業が悪党共の犯行と知りながらこの事には沙汰せず、かえって和尚の悪口を吹聴し
     「是は佛道邪教への天罰である」と宗麟にも弁舌巧みに言上したいう。

         果たして
田原紹忍」はキリシタンであったのであろうか・・・?

     


                                 トップへ