生の松原合戦


      「生の松原」とは福岡市西区、今宿湾に面しておよそ2kmに亘って松原の続く海岸線である。
     名称の通り、白砂青松緑の美しいところである。「生の松原」の由来は「仲哀天皇」御宇に、神功皇后三韓討伐に
     船で九州に降り立ち、筑前の濱で軍立てのおり、松の枝を切り逆さに濱に挿し「今般の軍に勝利あらばこの松生き
     よ」と勅宣ありしかば皆生付きて松原となる。皆栄えたる松なり。扨こそ生の松原と言う名を付きたれ。
     これが「生の松原」その名の由来である。
     1276年、蒙古襲来の時には、鎌倉幕府は九州の守護たちに博多湾に面し、20kmもの防塁を築かせる。この生の松
     原には、肥後国によって延々と築かれ、この地で戦った肥前竹崎季長の残した絵図は、様子を知る上で貴重な資料
     となっている。現在も、その防塁は「元寇防塁」遺跡として調査され保存されている。
     「生の松原」の位置について「大友興廃記」は、筑前国高祖より三里隔ててとある。
   
     この松原で戦国期、大友勢と原田勢の合戦があった。「原田氏」は漢の高祖の後裔とされる大蔵春実が九州に下向、
     肥前基山の麓原田に住まい、「原田氏」を名乗り開祖となったという。原田氏の一類は大変に多く、その勢が同心す
     れば大きな勢力になったとさえ言われる。原田氏が筑前伊勢の山(高祖山)へ城を築いたのは原田種継、種頼親子
     による建長元年(1249)
     の事とされ、麓に在った怡土城跡の一部を利用したとも言われる。城の名前を「高祖城」としたのは遠祖が「漢の高
     祖」の末裔大蔵嫡流との名門意識があったとみられる。
     原田氏、中国大内氏と手を結びこれを背景に台頭、大内滅亡後は毛利氏を頼り、筑前を牛耳る大友勢と対立する。
     大友氏も筑前西部の押さえに「柑子岳城」に城代を据えて原田氏と対峙した。両氏の小競り合いは度々であったが、
     高祖城、柑子岳の攻守にかかる合戦は三〜四度とみられる。
     最初は、永禄11年(1568)「立花山城」「立花鑑載の謀反」の時と見られる。謀反鎮圧に参じた柑子岳城代「臼杵新助
     鎮広」の隙を突き「原田隆種」は柑子岳を占拠する。驚いた「臼杵新助」はとって帰し、原田勢と一戦に及び奪回する
     (筑前国続風土記・柑子岳より)。
     この時の様子は、本ホームページ「柑子岳城」を参照されたい。「九州諸家盛衰記」に「原田下総守敗軍附切火縄智
     略之事」「吉野八郎計略附染川弑下総守親種事」に記述がある。この日、原田、大友勢は七度の槍あわせがあり、
     大友勢は大勝する。敗者の原田下総守親種は、筑後高良山に逃げ込んだ。
     (原田系情報では親種は高祖山で戦死したことなっている。)これを討つため大友は、田原、臼杵、田北、吉岡、志賀、
     吉弘、朽網、戸次、一萬田以下、二万余騎を差し向け高良山を囲んだ。 親種は道雪の小姓吉野八郎の計略によっ
     て殺されたという。
     また、原田氏系情報では、永禄11年8月5日に生の松原での大友との合戦に勝利したとある。立花山鑑載の謀反は
     永禄11年2月と鑑載の自刃した永禄11年7月23日である。ことから、原田系情報の8月5日合戦は鑑載の二度目の謀
     反に関連した、生の松原での出来事とも取れるが疑問残る。
     元亀2年 「新助」豊後に帰国。替わって「臼杵進士兵衛鎮氏」が入城するが、鎮氏は驕慢で思慮に欠け、 元亀3年
     正月、今津の毘沙門天詣で帰りの「原田隆種」を襲うが難を逃れる。同月、今度は原田勢が寺帰りの鎮氏を襲撃、
     「池田川(今の瑞梅寺川の中流をこう呼んだ。中世、瑞梅寺川は高祖川と呼んだ」)というところで激戦が行われる。
     「鎮氏」は追い詰められ、郎党共々自刃する。後にこの「鎮氏」の死は「義鎮」の怒りをかう。

     下って天正7年、筑前国の支配地図は大きく変わろうとしていた。中国毛利と連携する「秋月種実・原田了英」肥前
     「竜造寺隆信」は、もはや大友にとって侮れない勢力となっていた。こうした中、柑子岳城も原田氏の圧力に抗しき
     れなくなっていた。兵糧の補充もままならず城代「木付鑑実」は、立花山「立花道雪」に食料救援の書状を送った。
     その年次であるが、通説では、多く歴史書には天正7年8月14日とあるが、7月12日とする情報。天正8年8月23日と
     するものなどあるが、柑子岳は天正8年冬(天正7年説が通説)までには開城したと見られる。
     救援要請受けた道雪は「小野正弘、足立対馬、後藤隼人佐、井手七郎左衛門」らに救援物資を柑子岳へ無事届け
     た。しかしその帰路、立花勢が生の松原に到ったとき、原田隆種の軍勢が襲った。不意を突かれた立花勢は序戦は
     苦戦となったが、軍を立て直し応戦盛り返し、逆に負いたて立花山城へ帰城した。
     しかし立花勢の損害も大きく、井手、佐伯、小野らの甲者含む数十の多くを失った。

     其の年9月(天正7年なのか、8年なのかは特定できない)大友の「道雪、紹運、道輝」等が軍儀し、原田親秀討伐を
     評定した。この時、高橋紹運は「秋月、筑紫」に備え岩屋に留まり、出陣は道雪の柑子岳木付鎮実、安楽平小田部
     紹叱、鷲ガ岳宗雲、合わせ総勢三千余騎をもって高祖城を攻撃した。
     守る原田親秀の高祖勢も、原田林慶、波多江の三千余を配置して備えたが、道雪は城下を焼き払い深く攻め込み、
     危うい状況となったが。小野和泉守鎮幸の働きで危機を脱し原田勢を敗走させた。
     これは「筑前戦国争乱」の書くところであるが。「大友興廃記、戸次軍談」の書くところは「生の松原」を舞台の戦の
     様子である。



     
    大友興廃記、戸次軍談の伝える「
生の松原合戦


        原田親種が臼杵新助に撃ち負け、高良山へ逃げ込み誅されて後も、原田一族は歴々究意の勇士も多い
       ことから「原田親秀」は高祖城に在して、「秋月種実」に内通し大友氏との対立は一層激化していた。
       このため、大友義鎮はその討伐を命じた。
       天正7年9月(1579)下旬、「道雪」を総大将に三千騎、「小野和泉」「由布雪荷」を先陣にて、「生の松原」へ
       出ばった。立花勢は在々(村々)に火を放ち高祖山へと迫った。
       この非常事態に原田親秀は、同族の「原田林慶」を大将に六千余騎もの大軍を指し向けて応じた。林慶の
       邀撃は凄まじく、立花勢の先陣を散散に切り崩し、一人も討ち漏らさずと追いたてた。この林慶の勢いにの
       って所々在々の郷士達も次々と参陣、たちまち原田勢は多勢となり、道雪の旗本等も追いたてられ、生の
       松原にまで到った。この時道雪は、何を考えてか一戦も返さず二里半余り引いた。勢いに乗った原田勢は
       道雪を討ち取るべしと我先にと突き進んだ。林慶は道雪が引いたのは何かの仔細があるに違いない。
       林慶も、戦い慣れた軍巧者のため、軍卒を集めて示した「このまま押しかけても道雪背後の川、今は満潮
       である。道雪の雑兵一人として落ち延びること出来ない。潮に溺れて死すよりも、敵に向って死すべしと撃
       ち懸かって来るに違いない。満潮は敵に利している。今少し干き潮を待って押しかけるべし。」
       道雪陣では、家老小野和泉守は道雪を諌めていた。「今日の戦い、今までは後れを取った。しかし今は満
       潮、帰路の川は渡りも出来ない。わが陣は雑兵に到るまで落ちゆくことはもはや困難。ならば潮の溺れて
       空しくなるよりは、敵に向って死すべしと覚悟決めれば、満潮は味方の力となる。これが干き潮となれば、
       雑兵以下臆病の心も出候わんことは無くもなし。このように申し上げるのは、今日の戦いを如何に思し召し
       ですか。今日は一戦も勝利していない、このような時は、皆何か食い違いがあるものです。」
       これを道雪聞いて「尤もなり我の分別も是なり。其のほうの才覚と同じように、林慶が控えて懸かって来な
       いのはこの分別のためだ。  古語に曰く、三軍の師をば奪うべし、匹夫の師をば奪うべからずという事あり、
       この道雪が此処まで引き退いたのも、この考えによるものだ。林慶が控えて機を窺うのも、わが勢の気鋭
       遠のけ、惰気を撃つとの心にて控えているのだ。双方共に仔細あっての事である。しばらく人馬休めて懸
       かるべし」と評定した。
       猶も、林慶は干き潮を待って控えていた。そこへ、道雪の先陣「小野和泉守」「由布雪荷」の五百余騎が
       左右両手より、控えていた原田勢林慶の先陣へどっと突きかかった。是に後陣脇備えの軍卆、道雪の廻し
       につけて詰め寄せ切り乱れ原田勢の多くを討ち取る。立花勢の勢いに林慶はたじたじとなって引き退る
       所を、生きもつかせず追い詰め「高祖城」の城下まで押し寄せる。もとより「林慶」も誉れ高い勇剛の者なれ
       ば、馬乗り廻し取って返し、和泉守を一〜二町追い返す。雪荷は是を見て、左の備えより横槍突き入れて
       林慶を中に取り込む。そこを和泉守の手の者が取って返し揉みあい、遂に林慶を討ち取る。この勢いにの
       って立花勢の後陣が詰め寄せ、高祖城の二の丸、三の丸まで攻め込み、原田勢は詰めの丸へ篭る。
       立花勢は火を放ち焼きたて勝ち鬨あげて生の松原へ引き取る。
       道雪は、常の儀式にのっとり首実験を行い「立花山城」へと馬を入れた。
       原田勢の手負い死者は千二百、道雪方にも斬傷八十余人、討ち死は三十余人であったという。

        

           「生の松原の戦い」は、「原田氏系」「大友氏系」によって、それぞれ顛末がまるで逆である。しかし
           双方が数度に亘り厳しい戦を繰り広げたことは史実である。
           知ってか知らずか、数々の歴史を秘めながら「生きの松原」は、美しい緑を人々に提供している。

                                 トップへ