大友二階崩れ


         「二階崩れの変」とは、天文19年2月10日(1550)、豊後国大友館で起きた「大友義鎮」 の
        家督継承にまつわる内乱。
        通説では、大友氏20代「義鑑」は家督の譲与に際し、粗暴で病弱な「義鎮」を廃嫡にし、寵愛
        する側室(後妻とも)の子「塩市丸」を後継とするため、まず義鎮を別府へ湯治へ向かわせる。
        その隙に、義鑑は4人の重臣を館へ呼び、塩市丸を後継とすることを申し渡す。これに4人は
        反発席を立つ。激怒した義鑑、義鎮廃嫡の露見を恐れ再び4人を館へ呼ぶ。これに応じ登城し
        た重臣「斉藤播磨守」、「小佐井大和守」に刺客を送り謀殺する。危険を感じ登城を避け難を
        逃れた「津久見美作守」「田口蔵人佐」は、どうせ討たれるならばと2月10日、変装夜陰に紛
        れ館の二階へ忍び入り、塩市丸、その母、息女らを斬殺、桐の間にいた義鑑を襲い深手を負
        わせる。津久見、田口の一党は、駆けつけた近習らと凄まじい切りあいの末討ち取られたが、
        深手を負った義鑑は二日後死亡する。
        別府で急報聞いた義鎮は「佐伯惟教」軍に先導されて府内大友館に戻る。直ちに「戸次鑑連
        「斉藤鎮実」らにこの乱発端の黒幕とされる「入田親誠」の誅伐を命ず。親誠は直入郷入田の
        居城「津賀牟礼城」へ逃亡、さらに「阿蘇惟豊」のもとへ逃れるが惟豊に討たれる。
        こうして豊後大友氏21代は「大友義鎮」が継承する。

        この乱の発端であるが、義鑑後の家督相続めぐる「義鎮」派、「塩市丸」派の争いに起因して
        いることは間違いないとされている。特に「入田親誠」は、義鎮の廃嫡と塩市丸の家督継承を
        義鑑に強く働きかけたと見られている。「大友興廃記」等みれば結局この乱は「主君」を殺した
        重臣の謀反として処理されている。が、処罰された「津久見」「田口」の一族にとっては悲劇で
        あった。只、この乱の原因については諸説ある。

        第一に、義鑑の塩市丸への家督執着である。これには二つの事が考えられる。 その一つは
        義鑑の塩市丸母子の寵愛説。二つには、義鎮の母が中国「大内氏」の女であったことから、
        「義鎮」では義鑑死後、大内氏の豊後蹂躙を心配したこと。

        第二に、義鎮謀略説である。義鎮は自身の廃嫡を予見し、別府へ湯治に出向き態と留守を
        作った。隙を見せ義鑑を動かしたとする説。これは別府に居た義鎮が連絡受け、素早い事後
        処理を行ったことなどの状況証拠による。

       第三は、義鎮派、塩市丸派。あるいは旧臣団と新参組など、家臣団の勢力争いとする説。

        どの説が史実かは計り様もないが、当時大友家中にのっぴきならない抗争があったことは否
        めず、このことが家督相続めぐり勃発した乱であったみられる。




                  
                      大友館見取り図 東西 130m ・南北150m
                  西〜南に幅10〜25mほどの土塁築いていた。その基底部
                  に空堀を掘り、北〜東は自然の崖で守られていた。北西に
                  枡形設け大手口となっていた。
                  館は二階建てになっていたと推定されている。
             
                  
                  「二階崩れの変」の有った大友館跡南端に僅かに残る土塁
                  左下(南)に空堀があったが今は埋められ住宅地となっている

                  現在、大分市県庁近くの「府内城址」は、中世には海に面し
                  大友氏の船着場のあった所とされ、今の城址は藩政時代の
                  もので、直接大友氏とは関係ない



                  
                        津久見・田口に討たれた大友義鑑の墓
                         (臼杵市野津町寺小路・到明寺跡)

                  到明寺は大友義鑑が建立したとされ、度々訪れたたという。
                  国道10号の入り口には立派な案内標識が立っているが、
                  残念ながら、市指定の文化財にしては、墓地の管理甚だ
                  良くない。墓にまで雑草が生え黄色い花までついていた。
                  これでも墓周りの雑草大夫取り除いていて撮影した。
                  墓の周りには、小さな仏像や、多くの五輪塔の頭部が並べ
                  てある(周囲に散らばっていたので、撮影前に並べた)
                  かって此処にはたくさん塔があったことが分る、他の部材は
                  どこへ消えたのか。


                                              参考資料  大分歴史事典


                                 トップへ