雷切丸
        
被雷した戸次鑑連の太刀」


    「雷切丸(らいきりまる)」とは、「戸次鑑連」が愛用した「太刀」のことである。元の銘を「太刀千鳥」といった。
    「鑑連」が、豊後国「鎧ヶ嶽城」藤北館に在していたころの事。ある年の夏の暑い日、鑑連はやかた内の大木
    の木陰に涼み台を置き午睡していた。ところが俄かに天かき曇り強雨が襲い、雷鳴と共に鑑連の涼んでいた
    大木へ落雷があった。
    気丈な鑑連は跳ね起きると、大木へ立ちおいていた「千鳥」を抜き放ち雷を切ったという。以来「太刀千鳥」は
    「雷切丸」と呼ばれるようになったと伝わる。(鑑連雷切之事:参照)
    大友興廃記はこの時「千鳥」には多くの疵が残ったと伝えている。機会があれば是非「雷切丸」を目にしたい
    と思っていた所に、幸いにもその機会に恵まれた。
    2009年1月10日より2月15日に亘り「特別展・柳川立花家の至宝」展が、福岡県立美術館にて開催された。
    そして、この展示の中に「雷切丸」があったのである。展示された「雷切丸」は幾分小振りに見えたが、研ぎあ
    げられた刀身は鋭く照り輝いていた。長い時間「雷切丸」の前に立ち止まり、「被雷」の痕跡を探した。しかし、
    正面からの見た目には一点のくもりも見えなかった。「なーんだ、雷の疵なんかないではないか!」そう思い
    ながら右手より、ほぼ横から目の位置を変えて覗き込んだ。目の位置を変えると、刀身の反射が微妙に変化
    する。そして「あった」、確かに切っ先から小鎬へ大きな変色の痕(あと)。さらに峰部分にも変色らしい痕。
    実はこれまで、雷を切る話など凝った作り話と半ば考えていた。しかしこれでその疑いが晴れた。
    鑑連の雷切は創作としても、太刀が被雷したのは事実ではないだろうか。相州物とされる業物、よほどの高圧
    高熱を受けない限りこれ程大きな変色は現れないであろう。
    「特別展」の会場で、展示品を収録した図録「柳川立花家の至宝」(1200円)が販売されていたので求めたが、
    その8ページに「雷切丸」が紹介されている。
    その写真に「特別展」で確認した疵が写されているので、出典を明示し下記に紹介する。図録の発行は「福岡
    県立美術館」、編集「同美術館 魚里洋一氏 : 御花資料館 植野かおり氏」である。
    「図録」は、福岡県立美術館、御花売店で販売とのこと。お勧めである。

            
                図録:「柳川立花家の至宝」8Pより「雷切丸」刃長58.5cm
             大磨上げにより短く「脇差」へ仕立て直されているが、強い反りは、
             かって太刀仕立てであったことがうかがえる。
             切っ先より小鎬、峰(腰)、鎬地へかけて被雷の痕(あと)と見られる
             白い変色が確認できる。

                      
                          先端被雷部分の拡大写真
                       小鎬(こしのぎ)より鎬地にかけて点々と
                       変色が見られる。

    「雷切丸」写真で見る限り磨上げ後、中心(なかご)の目釘孔(めくぎあな)の数より三度は「拵(こしらえ)」を
    変えていることがうかがえる。中心尻(なかごじり)付近には、「太刀」のころの目釘孔は無くなっている事や、
    中心の形状より雷切丸は、七寸以上大磨上げ(擂上げ)されたのではなかろうか。
    おそらくは元は刃長は、三尺近い大太刀であったみられる。
    太刀の磨上げは戦国時代以降よく行われたという。推論に過ぎないが「雷切丸」の磨上げは「大友興廃記」
    の伝えるところでは、刀身に多くの被雷痕ができたとしている。
    おそらく「雷切丸」はこの疵をを消すため、短く細身の脇差へと大磨上げ、仕立て直したのではないだろうか。


                           参考資料   図録「柳川立花家の至宝」:福岡県立美術館
                                    大友興廃記


                             トップへ