島津氏の城変遷                               リンク : 島津氏発祥の地



          「惟宗忠久(初代島津忠久)」が、島津荘(現都城市一帯の広大な所領)を所領し「下司職」に任じられた
       ことにより「島津姓」を用いたことは疑いの余地がない。従って「都城市」が「島津姓」の発祥の地である事は
       事実であろう。
       (「島津姓」発祥の地と、戦国大名「島津氏」成立の過程とは分けて考える必要がある。)
       都城市郡元町には、「島津氏発祥の地」と称する「祝吉御所」という所があって、初代忠久の館(やかた)跡とし
       ている。しかし、「吾妻鏡」によれば「忠久」は生涯鎌倉に在し鎌倉で没し、二代「忠時」も鎌倉で没している。
       このことより「都城市」の「祝吉御所跡」を初代「忠久」の館跡と決するには史料に乏しく伝承に過ぎない。
       三代「久経」も博多で没し、四代「忠宗」も北部九州にいたとされ、島津氏の薩摩在住が確認できるのは、五代
       「貞久」になってようやく南部九州での所在を確認できるのである。この様な状況証拠により、「戦国大名」とし
       ての島津氏が薩摩に拠点を構えるのは、五代「貞久」以降と考えられるのである。
       三木靖氏の南日本新聞への寄稿文によれば、島津家家臣の山田聖栄という人の書いたものによると、忠久
       は薩摩山門郡(出水市)より庄内の堀之内御所に移ったとあり。江戸時代の「島津氏正統系図」には、1186年
       山門院に下向、「島津国史」に同年「木牟礼城(出水市)」に入ったとあり、江戸時代後期の「三国名勝図会」
       には、島津五代は「木牟礼城に在り」と書かれているとする。
       「忠久」の薩摩下向は疑わしいので史実ではないが、これ等の書き物は何れも先ず山門院(出水市)へ先ず入
       ことになっている。また忠久は1213年薩摩国守護に再任された際、職執行のため薩摩に守護所を設けたが、
       この守護所と木牟礼城が結びつき、出水市を島津氏発祥の地としたのではないかとする。
       さらに「旧記雑録」によれば「島津貞久」は川内市碇山にあった「碇山城」に守護所を置いたとあるとされる。
       (前記のごとく、島津氏の当主が確実に薩摩に居たと確認できるのは、「旧記雑録」に書かれた五代貞久が
       碇山城へ守護所を置いたとするものである。)
       
このように「貞久」が最初に居城としたのは、「木牟礼城(出水市高尾野町江内)」であったのか、碇山城なのか
       は定かにできない。
        (筆者考えるに、貞久は後年鹿児島「東福寺城」を攻略するが、鹿児島に近い中心地川内「碇山城」を此の
         城攻めの拠点として在城したと見ても不思議でない。)
       初代「忠久」と「山門院(出水市)」とを結ぶ記述や伝承より、「木牟礼城」が草創期の戦国大名「島津氏」の重
       要な拠点であったことは間違いないであろう。
       このように戦国大名島津氏が都城(都之城)へ居住したする証拠は今のところ見つかって無い。
       
       南北朝期、薩摩でも島津氏一族、国人領主たちが南北方へ分れ激しい戦いが行われた。暦応3年(1340)、同
       4年(1341)、北朝方に組した「島津貞久」は鹿児島「東福寺城」へ籠もる矢上、長谷場、谷山氏等に大隅より
       支援の「肝付兼重」を攻める。貞久勢にも多くの損害出すが、激戦のすえこれを破り東福寺城を占拠する。
       以後貞久は東福寺城を島津宗家の居城とする。
       六代「氏久」、七代「元久」と東福寺城を居城としたが、七代元久は嘉慶元年(1387)「清水城」を築き、要害な
       がら手狭な東福寺城より清水城へ拠点を移す。
       其の後、薩摩を平定した「島津貴久」が伊集院「一宇治城(伊集院城)」を居を構え、鹿児島に「内城」築くまで、
       清水城は島津宗家の居城となっていた。
       「貴久」は、金峰布施麓「亀ヶ城」に生まれ、伊作「亀丸城」を拠点に、当主をめぐる一族間の混乱を勝ち抜き、
       薩摩国内を統一したのである。
       「島津義久」「義弘」も内城を居城としたが、関ヶ原合戦後家督を継いだ義弘嫡男「家久(義久の子婿養子)」は、
       薩摩領が安堵されると慶長7年(1602)新たな城作りへ着手、(1604)「鶴丸城(鹿児島城」を完成する。
       以後鶴丸城は、維新まで薩摩藩の居城となる。








     木牟礼城跡 (出水市高尾町江内)

        
                  木牟礼城跡
      






  鹿児島県出水市
  国道3号線上り線屋地信号左手、国道より見える。
  島津貞久が薩摩下向するまで「本田貞親」が城内に
  「竹林城」を築き守護代相当職にて日向、大隅、薩摩の
  情勢把握に当たった。
  出水市が「戦国大名」としての「島津氏」発祥の地とする
  根拠となった城跡である。
  現代の遺構は8m四方の台地残るのみで大変に小規模
  現地案内板、石碑がある。


     碇山城跡 (川内市天辰碇山)

        
       川内川の左岸堤防上住宅越しに「碇山城跡」見る
       石切場の崖の一部残るのみ。背後は寺山嶺
      







  JR川内駅の北東、川内川左岸「天大橋」近く。
  五代「貞久」が守護所を置いたとされている。貞久の
  三男「師久」は相州家島津氏を興し碇山城を拠点とした。
  城跡は近世採石場として石が切り出され、大半破壊され
  一部は住宅地化した。当時は、西は川内川に接し、東は
  寺山へ続く要害であった。
  現状は、破壊尽くされ城跡の面影はない。
  碇山城跡の標柱の近くに、小さな保食神社があるのみ。
  案内板もなし。


     東福寺城跡 (鹿児島市清水町)

        
             島津氏居城東福城本丸跡
     



  東は錦江湾へ面した崖上の山城。
  天喜元年(1053) 藤原純友の四代後裔、長谷場永純の
  築城とされる。
  三州(日向、大隅、薩摩)における最初の山城。
  鹿児島湾に面した急崖の要害である。
  南北朝期の、暦応3〜4年(1340〜1341)この城に籠もる
  南朝方長谷場、谷山氏、矢上氏に、救援の肝付兼重らと
  北朝方島津五代貞久との間で激しい争奪戦が行われた。
  貞久は序戦は敗北するが遂に勝利、東福寺城は元久が
  清水城築くまで居城となる。
  島津氏の三州統一へ向け最初の拠点である。
  その後も要害の為、非常時の詰めの城となった。
  現代は「多賀山公園」として整備されている。
  「東郷平八郎」の、墓、像が立つ。


     清水城跡 (鹿児島市清水町)

        
           現、清水中学校・背後清水城跡の山
           写真右端中央に五輪塔が見える




  現地は「清水中学校」。
  嘉慶元年(1387)第七代「島津元久」築城.。
  六代「氏久」築城ともいわれる。
  城山には、堀切等残るとされるが、確認できる現地状況
  にはない。以後、160年にわたり第十四代「勝久」までの
  島津氏宗家居城となる。
  現在の中学校敷地辺りに館があり、詰めの城は背後の
  山にあった。「島津貴久」によって「内城」が築かれると、
  館跡に「大乗院」が建立され島津氏の祈願所であった。
  大乗院は明治の廃佛毀釈により、最初に取り壊された。
  現、中学校正門付近に五輪塔などの遺構が残っている



     亀ヶ城城跡(南さつま市金峰町布施麓)

        
              亀ヶ城跡の亀城神社








  亀ヶ城とは、相州家島津氏の居城。
  相州家は「島津友久」が初代。
  友久は、惣領家島津氏を継がず「相州家」を起こす。
  友久が相模守を用いたことから相州家と呼ばれた。
  第二代は「島津運久(ゆきひさ)」。
  未亡人であった「島津忠良」の母「常盤」は、運久の求婚
  に、忠良を相州、伊作両家の後継者とすることを条件に、
  運久へ嫁ぐ。こうして「忠良」は相州家第3代を継承する。
  そして島津惣家第十五代「貴久」はこの城で誕生する。
  城跡は現在「亀城神社」。ほぼ平地の城といっていい。

    遺構 : 荒神祠(こうじんし)、両亀石


     伊作亀丸城 (日置市吹上町与倉)

        
           伊作亀丸城跡の忠良らの誕生石


  伊作家「島津氏」の居城
  伊作家「島津氏」 初代久長の築城、広大な山城。
  40万uにも及ぶ。
  義久義弘家久歳久もこの城で誕生
  日新斎、貴久親子の薩摩平定の拠点となった。
  貴久の島津家当主相続にかかわり一時「島津実久」の
  軍勢に占拠された事があったが、実久一党の駆逐を果
  たし奪回する。
  伊作城は鹿児島県特有のシラス土壌の山の尾根尾根を
  削って曲輪として築城されていた。
  西のの亀丸城、東の蔵之城など曲輪跡は大小28にもな
  るという。周囲に土塁や深い空堀、井戸跡ものこる。
  本丸跡には島津忠良、義久、義弘、家久、歳久
  忠良の姫たち誕生石が幾つもある。
  「貴久」以降、島津家当主は全て伊作家が継承する。



    花見ヶ城 (出水市麓町)

        
          本丸曲輪と見られるところの現況

        

  出水城、和泉城、亀ヶ城とも呼ぶ。
  島津氏宗家の居城と云う訳ではないが「島津実久」の
  登場など、歴史的意義の深い城として取り上げた。

  出水は古くには「泉」で、中世には和泉であった。
  花見ヶ城は建久年間(頼朝の時代)「和泉大夫兼保」の
  築城とされる。以後400年近く続くが1417年当主「和泉某」
  の戦死で後継が途絶える。
  享徳2年(1453)、島津十代忠国の弟「用久」が薩州家を
  起こし、和泉城を改修入城「亀ヶ城」ともいった。
  五代「実久」は当時島津一の実力者で、忠良、貴久親子
  と対立、一時は権力を握ったが、反撃にあい降参する。
  秀吉の薩摩いりの時、七代忠辰は他に先んじて降伏、
  所領安堵されるが、文禄の役では兵を出さず秀吉の怒り
  をかい改易となる。
  現地は、保存状態極めて悪く、多くが墓地公園となって
  しまった。

    一宇治城 (日置市伊集院町城山)

        
                 一宇治城跡示す碑
        一宇治城跡は、JRは伊集院駅の西に見える山


  別名「伊集院城(鉄丸城)」
  鎌倉時代「紀四郎時清」によって築かれ四代続く。
  その後「伊集院氏」の居城となり数代続く。
  「島津貴久」は薩摩平定にあたりこの城押さえた。
  天文14年(1545)貴久伊作城より移る。
  天文19年には貴久鹿児島に「内城」築き、一宇治城は
  6年ほどの在城であった。この間フランシスコザビエルと
  面会し、日本で最初の切支丹布教の許可を与えた。
    遺構は、本丸とも云うべき神明城跡
    二の丸釣瓶城跡、
    ザビエル会見跡仲之平城跡、井戸跡、井戸
    溝跡、蔵跡など多く残る。
  公園化のため手が加えられ過ぎ。
  



     内城跡 (鹿児島市大竜町)

        
         大龍小学校の一角にある大龍寺跡遺構









  現地は「大龍小学校」
  天文19年(1550) 第十五代「島津貴久」薩摩統一後
  内城築城。一宇治城より移る。島津義弘まで50年に
  亘り此の城を居城とした。
  関ヶ原後、家久の鶴丸城築城により廃城となった。
  廃城後は「大龍寺」が築かれたが、廃佛毀釈により
  廃寺となる。
 


    鶴丸城跡 (鹿児島市城山町)

        

                   鶴丸城跡





                  トップへ




  関ヶ原敗戦の責任とり隠居した義弘に変わり義久の
  養子となった義弘嫡男「家久」の築城。
  以後藩政時代薩摩藩の居城となる。
  此の場所への築城には義弘は海に近く防御には適
  さないとして反対したという。鶴丸城には天主は築か
  れなかった。

  現在城址には歴史資料館「黎明館」や図書館が建て
  られている。
  遺構は石垣と水濠