鑑連獅子頭


    戸次鑑連獅子頭之事


     大分市下戸次尾津留(小津留ともいう)に高山という地区がある。(現在、地図上には見出せないが、地元の
    人が「高山」と呼ぶ一帯)
    この高山は、戸次氏本家が「戸次庄(へつぎのしょう)」より大野荘「鎧ケ嶽城」に移るまでの、戸次氏の舊址
    (きゅうし)の在ったとされる所の一つでもある。
    かってこの高山には「高山権現」という小さな祠があり、近くに広さ三十歩許の「道三池」という小池があった。 
    ある年、この池の中より一個の「
獅子頭」が発見された。この獅子頭は、古いが雅やかなもので、尋常の物と
    は異なりと住民は伝えていた。
    この獅子頭は名将「
戸次道雪」が戦陣に臨むとき、兜上に被りたる物であったという。おそらく「兜」の「前立(ま
    えたて)」であろう。
    この獅子頭、大変に「風貌威」有って生きているようでもあった。しかし、その風貌に獰猛(どうもう)さは微塵も
    無かった。
    獅子頭はその後、大分郡稙田荘の敷戸(大分市敷戸)の「獅子神社(現、子子神社)」に「神体」として祀られ、
    神社の「御神体」となったとされる。
    毎年土用のころには、盛大な祭典が行われ、悪疫流行の際には、疫病除けの「祓」とし、この獅子頭を奉じて、
    郡内各村を巡ぐり、住民の尊崇は大変深かった。
    人々は「お獅子様」と唱え、巡幸の際は、病に悩む者や子供は頭を差延べ、お獅子様に嘗めてもらうと無上の
    禁厭なりと、路傍に多く人が集まったという。これは「戸次鑑連(道雪)」が至誠忠直、能く群臣を撫育せるの餘
    徳(死後も受ける恩恵)これは疑いの余地はないことであったと伝わる。

    2007年12月、管理人は現地を調査した。
    獅子頭の見つかった「道三池」今は埋められ平らになっていた。此の「道三池」は大変に小さな池であったが、
    年中水の涸れるはことは無かった。
    川の近くの為に、池は度々洪水を被り、そのため魚がたくさんすんでいて、河川工事で池が埋められるまで地
    元の人はよくここで魚を取っていたそうである。「道三池」と呼ばれるようになった謂れは、その昔、地元の「高
    畠道三」という人が、魚を取るため池に「網打ち」に行き、其のとき網に「獅子頭」がかかりあがったのだと言う。
    以来此の池は「
道三池」と呼ばれるようになったいう。
    「獅子頭」は、前述のように「獅子神社」の御神体となったが、この地域では毎年7月1日獅子神社の神主が、
    獅子頭を連れて訪れ巡行祭礼がおこなわれた。
    祭りは、先ぶれの「太鼓」を先頭に、「神主」「獅子頭(この祭礼の獅子頭は御神体ではなく、獅子舞に使われ
    るような大きななものであった)」、供物の麦入れる「麦かます」担ぐ2〜3人で、地区内を廻ったという。この時、
    各戸「麦一升、あるいは金子」を寄進するのが慣わしであった。
    お獅子様にふれると病気にかからないとされ、皆こぞって集まったという。 この行事は近年終戦後まで続いて
    いた。

     「鑑連」は戸次庄には住んだことはないはず。その「鑑連」の兜飾りが何故この地で見つかったのか。
     大分市下戸次
尾津留には「戸次姓」のお宅が多くまとまっておられる、戸次氏が藤北へ移った後も、
     此の地へ残った一族がいて、何らかの関係があるやも知れない。
     此のことについて別途ページ「戸次名称由来」を参照あれ。


         調査に際し、現地ご案内いただき、何かと貴重な由来についてお話いただいた
        地元高山にお住まいの「佐藤信高様(当時80歳)」にネットを通じ厚く御礼申し上げます。


                   
                            「道三池」のあったところ
                       年中水の涸れることなく魚がたくさんいたという
                       近年まで、地元の人の漁場であった
                       篠竹林は池の周りにあったもの

                   
                         子子神社 (獅子神社・大分市敷戸)
                      場所は、R10号大分市に向かい、大分大学入り口
                      過ぎた左手の斜面。一時的なら車輌駐車可能

                                                     参考資料  鶴賀城戦史ほか



                                 トップへ