戸次鑑連剃髪之事


      
戸次鑑連」の剃髪の事について「戸次軍談(彦城散人)」より紹介する。「軍談」は
     「鑑連」の剃髪に関する記事にしては、戸次氏累代に触れるなど、やや唐突な感もするが、
     原文は読みづらいので、管理人の自己流解釈にて書き改めたものである。

     「戸次丹後守鑑連」は年を重ねるにつれ、その武将としての勢いは益々盛んとなっていた。
     その戦功は、九州において比べらる武将なしとも評された。
     「戸次氏」の氏祖「戸次左衛門尉重秀」はその時代鎌倉の「赤橋相模守重時」とは、親戚
     (縁座)の好みの関係にあったことから「戸次兵庫守頼時」までの間四代に亘り「北条家」
     とはなれ親しく(眤近)仕え、何れも「諱・イミナ」一字を許され、また従五位下に叙し
     「鎮西評定衆」としてその時代権勢を振るった。その後「頼時」の嫡男「戸次右馬助直光」
     は「足利右兵衛佐・源直冬」へ従い(扈従)、さらに京都将軍家へ仕え「戸次下野守頼秀」
     と改める。
     以後戸次氏は、数代継いで室町幕府に奉公してきたが、頼秀より六代後の「戸次丹後守親貞
     入道玄心(十二代当首)」は、文亀元年豊前国「馬ガ嶽」において中国「大内氏」と戦い、
     73歳の高齢を以って討死を。
     この頃より戸次氏の領地は削られ衰退の一途をたどり、戸次氏は、「戸次庄」離れ、居住を
     大野荘藤北の「鎧が岳」に取り留める事となった。

     (注)戸次軍談に豊後
戸次荘藤北とあるがこれは間違い

      長く落日の苦難を過ごした戸次氏であったが「親貞」より四代孫「戸次鑑連」にいたって
     戸次氏家門は俄かに繁栄を迎えた。
     元亀二年の春、干戈(カンカ・守り防ぐこと)しばらく静まり「鑑連」も、合戦働きのない
     暇(イトマ)に、法體(ホツタイ・仏門にいり剃髪染衣した姿)の志しのあることを宗麟に
     申し出た。
     これに宗麟は鑑連に「麟」の一字を贈り、鑑連は剃髪して「
麟伯軒道雪」と号することと
     なった。
     後に「道雪」は宗麟により「筑前守護職」となり軍令を執り行い、中国勢の押さえとして
     立花山城に入り、「氏」を「立花」と改める。
     これはひとえに、「道雪」が機変の智謀に卓越し、武勇があるが故あってのことで、道雪は
     「立花山城」に在って、いよいよ武威盛んにして「大友家」の棟梁頭領)の人と仰がれた。 




                      トップへ