理念

私たちはすべての人々が自らの意志に基づき、自分らしい生き方ができるよう、人格と個性を尊重し、支え合う豊かな社会の実現を目指します。

運営方針

  1. 利用者から選ばれる施設づくりを目指します。
  2. 専門的な知識と技術の向上を図り、質の高いサービスを提供します。
  3. 安定した経営基盤の確立を図ります。

これらの方針を実現するため、
  • サービス(信頼と安心)の向上に努めます。
  • 施設の計画的整備に努めます。
  • 組織の強化と人材育成に努めます。
  • 地域貢献度を高めることに努めます。

沿革

昭和50年 6月 設立認可
7月 設立登記
11月 熊本県身体障がい者福祉センターの管理運営受託開始
昭和56年 4月 熊本県ひばり園の管理運営受託開始
10月 熊本県くすのき園の管理運営受託開始
昭和58年 8月 熊本県身体障がい者能力開発センターの管理運営受託開始
昭和61年 4月 熊本県りんどう荘の管理運営受託開始
平成18年 4月 指定管理者制度導入に伴い上記5施設を指定管理者として受託運営開始
平成22年 4月 熊本県身体障がい者福祉センターを除く4施設が民営化
  熊本県身体障がい者福祉センターを引き続き熊本県から指定管理者として受託
平成23年 10月 熊本県りんどう荘がグループホームに加えてケアホームと一体型の事業開始
平成24年 4月 熊本県ひばり園が多機能型障害児通所支援事業所へ移行
平成25年 4月 熊本県身体障がい者福祉センターを引き続き熊本県から指定管理者として受託
  熊本県社会福祉事業団相談支援事業所を開設
平成26年 4月 熊本県りんどう荘が介護サービス包括型グループホームに移行