当店は健康を専門に商っています



カネマサ健康通販 からだ健康ネット資料館 時代小説ネット書店
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街







健康・体脂肪率チェック表>>
健康・性別標準体重表>>
肥満度の計算リンク表示>>
メタボリックシンドロームとは>>
自宅で出来る骨盤ダイエット>>
厳選・交通事故対策マニュアル紹介
リンク・東洋医学ツボ図鑑の紹介>>
不眠症対策について
波動環境について
電磁波過敏症関連書籍紹介
バランスチェア・腰痛対策

個人情報保護の取り扱いについて
当店ではお客さまの個人情報保護について細心の注意で取り組んでいます。
(店長)


カネマサ・オンライン・ショッピング
〒830−0051
福岡県久留米市南2ー21ー39
宇田整骨院内 カネマサ通販
電話/FAX 0942−21−1968



なぜ減量が必要なのダイエット健康情報


普段より「ダイエット」に関心をもつことは、健康指向への最初の第一歩になります。レッツ、トライ!

メタボリックシンドロームについてご存知ですか


最近注目されているメタボリックシンドロームとは、コレステロール値や血圧、血糖など、個々の検査データはそれほど悪くなくても、健康診断的には要注意の項目が複数ある状態を指します。
日本人一般の食事の欧米化と運動不足による内蔵脂肪の蓄積からみると、中年世代以降に複数の危険因子が集中し易く、しかも動脈硬化が進行したり心筋梗塞や脳卒中などの病気が発生してくる症候群ということになります。
2005年4月8日、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会など8学会が合同で、「メタボリックシンドローム(Metabolic Syndrome)」の診断基準を公表しました。
以前より、世界保健機関(WHO)や米国コレステロール教育プログラム(NCEP)が作成したメタボリックシンドロームの診断基準はありましたが、日本における診断基準が出されたわけです。
今回の診断基準では、日本人を対象としたウエスト周囲径の基準が明確に出されたことが注目されます。立位で軽く息を吐いた状態の時の、へその高さでのウエスト周囲を測定したとき、男性では85cm以上、女性では90cm以上を内蔵脂肪蓄積があると判断されます。(注:最近では、女性も85cm程度が適切であるとも言われてきています。)
これはメタボリックシンドローム状態の指標であり、医学的には内蔵脂肪蓄積があって、脂質異常(中性脂肪値が150mg/dl以上あるいは、HDLコレステロール値が40mg/dl未満)、血圧異常(130/85mmHg以上)、高血糖(空腹時血糖が110mg/dl以上)の3項目のうち2項目以上が該当すればメタボリックシンドロームと判断されます。
「メタボリックシンドローム」では、成人病といわれる「糖尿病」「高血圧症」「高脂血症」などのいわゆる生活習慣病を併せ持つと、動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険がより高まることが指摘されるわけです。
肥満の中でも、今回の診断基準では内臓脂肪の蓄積をメタボリックシンドロームの重要なカギとなる存在と位置づけました。
(注:中性脂肪とHDLコレステロールの数値は、日本動脈硬化学会の、高脂血症の診断基準を満たしています。一方、血圧の数値は、高血圧と診断される、収縮期血圧≧140mmHg、拡張期血圧≧90mmHgではなく、いずれも「正常高値血圧」の下限値に設定されました。空腹時血糖値も、糖尿病域(≧126mg/dL)ではなく、正常域(<110mg/dL)を超えた数値に設定されている)




メタボ中高年、1940万人=男2人に1人、女5人に1人−厚労省の国民健康調査


2007年5月16日報告

内臓脂肪型の肥満で、脳卒中などの生活習慣病を引き起こす危険が高い状態「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)に該当する40〜74歳の中高年とその予備軍が、2006年は約1940万人に上ることが、厚生労働省が16日公表した05年と06年の国民健康.栄養調査(06年は速報値)で分かった。
04年に同症候群の調査を初めて実施して以来、中高年の男性の2人に1人、女性の5人に1人が、同症候群か予備軍に該当する状況が3年間続いている。同省は「生活習慣病にならないため、運動する機会を増やし、食生活を改善する必要がある」としている。
05年調査では2575人、06年調査では2792人のデータから、同症候群に該当する人の推計値を出した。


耳ツボダイエットをご存知ですか
最近耳ツボダイエットが健康志向の方々に注目され るようになってきました。
安全で効果的な痩身法として、東洋医学情報としてもテレビや女性誌で紹介されるようになってきたからでしょうか。

耳ツボダイエットのメリットはまず経済的なことです。
特に体重を20キロ減量するのに、エステティック サロンでは五十万から百万の費用がかかるのにくらべ、 耳ツボ痩身法がきわめて経済的で安全確実な方法として高 く評価されてきております。

耳ツボダイエットは健康を最優先します
耳ツボ痩身法はただ減量効果を第一の目的とするの ではなくて、体をバランスのとれた健康状態に改善し ていくことも大事なポイントと考えております。
つまり減量によって体が痩せおとろえたり体力が 低下してしまのではといった、いわゆる健康面での心配や不安はまったくありません。

耳ツボダイエットは体質面でも個々に対応します
当院のシステムは2カ月から2カ月半の期間、あるいは20回 前後の施術で無理なくバランスのとれた状態で健康的標準体重にもっていこうというものです。
肥満はけっして健康な状態ではありません。肥満の 裏には過剰な食欲やかくれたストレス状態の影響があります。

耳ツボダイエットは脂肪代謝を促進します
それほど食べなくても脂肪組織が増えてしま う肥満症もありますが、これらは体の正常な脂肪代謝 がバランスを失ってしまった状態なのです。
体に吸収されたこれらの脂肪はできるだけ余分な分はすみやかに燃焼されて、使いきっていくことが望 ましいことですが、逆に少しづつ体に蓄積されてしま うことが肥満の原因の一つとなります。

耳ツボダイエットは自律神経を安定させる効果があります
肥満の中にはいわゆる水分の代謝やホルモン代謝、さらには体の 排泄機能全体の低下を伴う場合があります。これらは多くの場合、体の自律神経の働きがうまく コントロールされずに生理的機能が低下してしまっていることが少なくあり ません。
耳ツボダイエットはこの点でも、優れた対応性を発揮して おります。
特定の耳のツボを刺激することによって、効率よく この自律神経を刺激調整することができるからです。


耳ツボダイエットは胃の大きさ、容量を正常に戻します
まずツボ刺激の反射は自律神経を介して、胃に伝わ り反射的に収縮運動を起こします。 これによって胃の容量は小さくなり、食事で一度に 食べられる量が徐々に少なくなってきます。(1週間程度で次第に 自覚できるようになります。)

耳ツボダイエットは満腹感をコントロールします
同時に食事中に満腹感がはっきり感じられるように なり、自然と食事の摂取量を減らすことができるよう になります。 これが耳ツボ痩身法の実際の減量効果となります。 つまり無理に食べる量を減らしてしまうのではなくて、 食欲コントロールによって不必要な食物の過剰摂取を 防止するという合理的方法なのです。

耳ツボダイエットはツボ効果を最大限引き出します
なお、当院のダイエット法は耳ツボ反射を最大限効 率よく組み合わせた手法で行いますので、特別なダイ エット食品や矯正下着を併用した抱き合わせ痩身法は いたしておりません。純然たる耳ツボ痩身法を行って おります。ご安心下さい。




私たち人間の身体は、本来、医食同源と言われるように、食べ物と医療とは密接な関係があります。

これは人間が健康を保つためには食事の内容や食べる量にも注意をはらわなくてはならないことを示唆しています。

同様に食生活によって不健康な状態をも作り出してしまうことへの警鐘もあることになります。

現代生活は快適な部分もありますが、あまりにも人工的な機能性を追求してきた結果、それがかえってストレスの原因にもなっています。
不自然な姿勢で作業を続けたり、体重増加によって余分な負担を関節にかけたりして筋肉靱帯を痛めてしまいます。

もちろん逆の運動不足の場合もあります。運動量と摂取する食事の量とのアンバランスも当然ここには出てきます。

食べ過ぎは非常に悪い習慣となります。成人病の誘因ともなりやすいのです。

そして、次に内臓に負担が掛かり過ぎ、最初は胃腸障害、便秘などの自覚症状でわりと判りやすい形で現れてきます。

その「信号」を感じた時に手遅れにならないよう「身体の総合的な治療」を施し、そこから自然治癒力を喚起させる必要があるのです。







・40代男性 3割が肥満
(国民栄養調査・2001年3月1日付日経新聞)

・日本人の5人に1人が肥満(厚生省統計・2000年報告)

・ 肥満は病気・ガン発生多く、短命の傾向
(全米医学研究者会議・米ガン協会・1985年報告)


現代の飽食の時代を背景に肥満に悩む人は多くなりつつあります。

その一方では偏った食事による栄養失調や糖尿病に代表される生活習慣病など、毎日の食事に原因したさまざまな「食原病」が問題となってきています。

生活習慣病は糖尿病だけでなく、動脈硬化・高脂血症・高血圧虚血性心疾患などがあり、近年ますます増加傾向にあります。

肥満は万病の元といわれるように、肥満状態が長く続くとこれらの内科的疾患を引き起こすことは健康情報として周知されだしたわけ

です。 しかも体重増加によってカラダにかかってくる負担は全身の筋肉靱帯にストレスとなり、変形性関節症や変形性股関節症、慢性の腰痛・椎間板ヘルニアといった治りにくい疾患を引き起こします。

特に女性は健康面だけでなく容姿や美容に対する意識が高く、ほとんどの方が何らかの形でダイエットを経験されたことがあり、常に痩せたいという強い願望を持っておられます。


カネマサ健康通販 からだ健康ネット資料館 時代小説ネット書店
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街




企画・制作 カネマサ

Copyright(C) 1998-2013 - Kanemasa - All Rights Reserved