電磁波過敏症

「実験的経絡論」


電磁波過敏症生体波動レベル
有害電磁波中和装置
「電磁番」


「電磁番」は東洋医学の研究情報から独自に開発されたものです。実際の効果や理論的根拠については一部は関連論文を掲載しています。
東洋医学や波動理論に多少 関心のある方でないと理解しにくい記述部分もあるかと存知ますが、当方としては現段階でご理 解いただける範囲で必要とされる方々に活用いただければ十分だと考えております。

本論は参考文献・資料として紹介いたしておりますが、内容は中国医学関連の専門的記述が主体のですので多少難解な部分があることはご了承ください。

「実験的経絡論」 (第1部)No.1-No.13
東洋医学専門誌月刊「医道の日本」誌連載分と一部内容が異なります。

経絡とは、古代中国医学で発見されたとする生体の生命活動に付随して現れる気血エネルギー流動現象、生気論そのものを指します。
死体ではけっして発現しない現象域に属する生命の活動現象そのものというわけです。

死体でのいわゆる解剖学的実態がないということで、これまでは自然哲学的な古典上の概念としてのみ一部で議論されてきました。
経絡そのものは鍼灸医学分野の基礎理論として紹介されるだけでなく、古典でいうところの経絡の存在を肯定すると共にその流れと病症を追求して実際に治療効果を出している専門の鍼灸師や治療家も少なくありません。

経絡現象を生命場と波動環境という観点から捉えていくと、意外にもいま注目されている電磁波過敏症や化学物質過敏症(シックスハウス症候群)にも大きく関連している背景が次第に見えてきます。

「本論の内容紹介」

現代は科学万能の時代である。その範疇に入らない事象や議論は、アカデミックな 分野から徹頭徹尾無視されてしまうという一方的システムがつくられてしまってい る。

無視する、無視されるとはどこまでも評価の対象とならないということでもある。  

まさにそうした事例の中にこの「経絡論」は見事に当てはまる。経絡論自体は、数千年の長い 歴史を持つ中国医学の古典理論として特異な存在であるが、結局現代医科学からは 認知されないままの空論としていまもなお放置されたままである。

これは、経絡というものが明らかに便宜的、経験的レベルの未確認情報としてしか 評価され得ない代物ということである。

もとよりそれ以上の実体追求は医科学的に認識 できないのではないかという、いかにも消極的評価が当の東洋医学分野でも定着し てしまっているようである。

経絡や人体の気のエネルギーそのものについては、残念なことに現代の科学が誇るハイテク・ センサー技術を駆使してもその実態を容易には捕捉できないのである。

ミクロの世界、その事象を捕捉できる限界は10のマイナス24乗までである。

現 代科学ではそれ以上ミクロの物理科学的事象は存在しえないことになるらしい。

おかしな話ではないか。少なくとも未知の領域が存在しうる可能性を謙虚に認めることは科学学問の評価をそのものを低めるものではあり得ない。

当然現段階で捕捉できない事象があるのであれば、逆にそうした未知レベルの生命現象を捕捉する試行錯誤があってもいいのではないか。


最先端科学が発見する以前に、この稚拙極まりない古代医学情報 がはるかに先行していることへの反発があるのか、もとよりそうした賢明な選択も対応する余裕もないということであろうか。
これまで経絡の関連情報は数千年の時間の流れの中でのあらゆる淘汰を経てきている。

この 膨大な近代の医科学情報の流入にあっても、駆逐されることなく営々と存続し続けてきた中国医学の精華ともいうべき遺産の1つと言うべきかもしれない。

「本論の目論見」

特にここでは、古代中国医学さらには東洋医学はどのような生命観の上に立っているのか。そして それは、どのような独自性と現代的意義とがあるのか。

中国医学を評価する上で、最初にこの点を明確にしておく必要があるのではないかと 考え、ここに本論を鋭意発表したわけである。  

まずは、人体の生命現象としての気の波動エネルギーの様相を中国医学理論の経絡 系に求める根拠と、なぜ生命現象として人体に気の波動エネルギーの還流現象が発現するのか。

そ の実態を現代の医科学的情報で再検討した場合、一体どのような方法であれば捕捉できる可能性があるのか。

当然これ自体は限界のある設定ではあるが、一つの思考実験として進めていった場合これが実際の 治療でどのような可能性と対応とが期待できるのか等々。

さらにここから論を進めて、宇宙(空間)と人体間との波動エネルギーの交流現象や量子物 理学的波動理論を視野に置いて経絡論の先駆的様相を多方面にわたって紹介し、多 岐に渡って論考したものである。


「すべてが非科学であるとは言い切れない」

古代中国では体系的な人体解剖が成されてこなかったとの批判があるようである。どうやらそれは、その時代に書かれた古典籍において稚拙な内臓の解剖情報しか記述がないことに起因しているようだ。

しかし中世の西洋医学の暗黒時代に比較すれば、そうした評価自体がまったくの的外れというべきであろう。

二千年前の古代中国においてさえ、当然ながら医師は一般庶民以上の専門知識が問われた。

そうした古代の医師たちが人体解剖にまったく無関心であった、解剖自体がほとん ど行われなかったというのはいかにも不自然であろう。

確かに、中国の最古の医学書「黄帝内経」には、人が死んだ時は病理解剖ともいえる記述として「解剖して之を視るべし」(経水篇)と書かれている。

中国の食文化としてみたとき、その肉食に伴う家畜や狩猟動物の手際のよい解体作業自体には眼を見張るものがある。


中国では、そうした伝統的食文化の存在もあって古代から動物の解体や人体との比較解剖 が日常的に行われていた。経験的にも各内蔵器官の位置関係や生理的な機能についても詳しい情報が 蓄積されていたことは確かである。

現代中国でさえ、ナイフ1本で一頭の羊を十数分で解体してしまう見事な伝統技術を 目にすることが出来る。肉、内臓、血液、骨、毛皮を短時間のうちに手際よく仕分けてしまう。

先にあげた医学書「黄帝内経」にはすでに内臓に関わる各固有名詞が使われているだけでなく、内臓の部位について「肝は左に生じ、肺は右に蔵し、心は表をすべ、腎は裏を治め、脾はこれが使となる」(刺法論篇)というように観察記述されている。

ここでも臓器のそうした解剖学的所見よりは、むしろその各臓器の持つ生理的機能や身体全体との関連性について相当量の記述があることの方が注目されるべきだろう。

しかも生命現象としての臓器機能(生理学)とその機能異常(病理学・疾病論)、さらに治療(臨床学)が同次元で論述されていることも1つの特徴といえよう。



(写真は、中国での日常のバザール風景)

「実験的経絡論・目次」

「電磁番」トップ
「電磁番」のご案内
「電磁番」の中和効果について
「電磁番」の特徴と取り扱い方について
「電磁番」のセット方法について
「電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁番」の機能と構造について
「電磁番」に関するご質問と解説
「電磁番」を使った気の調整法について
「電磁番」の種類と価格紹介
電磁波過敏症とはなにか
「電磁番」による防御の実例
最近の重要な電磁波情報
電磁波過敏症とはなにか
不眠症対策について
電磁波過敏症の対策予防法
ミツバチと目くらまし電磁波




Darpa Looks to Tap Nature’s Quantum Effects
By Katie Drummond March 12, 2010 | 9:00 am | Categories: DarpaWatch

For years, some scientists have suspected that quantum mechanics might have a little something to do with biological processes. Now, over a year after they first announced plans to look into quantum effects in biology, the Pentagon’s far-out research arm is asking for research and prototypes that may help harness that knowledge.

Researchers have already established several biological realms that seem governed by quantum mechanics. For example, they already know that photosynthesis, one example of nature’s incredible efficiency, is ruled by quantum energy transfers. Energy “simultaneously samples” potential routes, and opts for the most efficient one to get the job done. Now, Darpa wants even more examples that demonstrate “tantalizing evidence” of biological systems that “operate using ‘manifestly’ quantum effects.”

That’s part one. Darpa also wants developers to develop a prototype of a biomimetic sensor that mimics some of biology’s most impressive quantum phenomena.

Lockheed Martin, for one, are already hard at work on the possibility of a quantum radar that could spot IEDs through soil or the walls of underground bunkers, see through camouflage, and even take down stealth planes. Right now, that patented science remains conceptual. But it sounds like Darpa’s ready to invest in the potential applications.

For now, they’re after high-performance sensors. But if and when quantum biology takes off, the possibilities - beyond quantum computing ? seem endless. In Quantum Evolution, molecular biologist Johnjoe McFadden hypothesized that certain DNA mutations exhibit signs of intelligent quantum calculation. So it might only be a matter of time before Darpa gets its hands on the meaning of life, or at least some mathematical version of it.
[Photo: College of DuPage]




TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房


Copyright(C) 1998-2017 - DENJIBAN - All Rights Reserved