電磁波過敏症の症状電磁波過敏症の症状

電磁波過敏症の症状対策マニュアル・電磁番の効果と活用方法

電磁波攻撃防御生体波動レベル
有害電磁波中和放電装置
「中和装置電磁盤」

「中和装置電磁盤」は東洋医学の研究情報から独自に開発されたものです。実際の効果や理論的根拠については一部は関連論文を掲載しています。
東洋医学や波動理論に多少 関心のある方でないと理解しにくい記述部分もあるかと存知ますが、当方としては現段階でご理 解いただける範囲で必要とされる方々に活用いただければ十分だと考えております。
★「中和装置電磁盤」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。

★「中和装置電磁盤」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
★製品には詳細な「電磁波情報」についての資料を添付いたしております。

「中和装置電磁盤」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。(※電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症や不眠で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)

電磁番は、どんな場合に活用できるのか?

室内のパソコンや身近な電気製品、タップ、さらにはスマートメーター(次世代電力量計)からの過剰な電磁波、電磁誘導が気になる方 日常生活レベルでの「電磁波過敏症の症状」、「電磁波ハザード」「原因が特定されないアトピー症状」で困っておられる方 店舗入り口の自動ドアの電磁波や照明器具の電磁波に不快感を感じて困っておられる方 パソコン操作中の不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばりや痛み、しびれ、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴り、慢性的な不眠症が気になる方車を長時間運転すると、目の周りが腫れたり顔がむくんでしまう方 自動車運転中や通勤電車内で頭痛や肩・首筋の引きつるような筋肉痛や不快感、吐き気、めまい、疲労感に悩まされる方 自宅周辺もしくは隣接する工場、電柱トランス、送電線・変電所施設からの電磁波が気になる方 マンションなど壁越しに隣接する部屋からの変動電磁波が気になる方外部からの悪質な電磁波照射にさらされている方



店内設置の盗難防止装置の電磁波レーダーに不快感を感じる方 電磁波調理器具、ガス器具点火プラグの電磁波や静電気による皮膚のピリピリ感や掻痒感(カユミ)、目の不快感が気になる方 携帯電話やテレビゲームを頻繁に使用していて心配な方 職場でのレジスター、事務機器、モーター類の周辺でのもやもやした不快感を解消したい方 ドライブ中のペットの車酔いを解消したい方設置されている動物忌避用の超音波・電磁波発生機の照射が気になる方 寝室や居室内のジオパシック・ストレス(住居環境・風水)を改善したい方 その他、原因が特定できない頭痛や疲労感、慢性的不眠症、皮膚のほてりや痒みに悩まされる方強い電磁波をあびるとめまいや、ふらつき、発作などが頻発される方

電磁波過敏症の症状対策電磁波中和装置は過敏症で困っておられる方を対象といたしております。
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばん」は、大量生産品ではありません。
すべて1個づつ、丁寧に手造りした東洋医学の考え方から生まれたオリジナル製品です。

「でんじ・ばん」のさらに詳しい使用方法につきましては、 「中和装置電磁盤」を使用されているお客様の声 をご覧ください。

【電磁波の種類】

[低周波 → → → → → → → → → → → → → → → → → → → → 高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・・・・・・・・・・ 電波」・・・・・・・・・・・←  →・・・・・・・・・「光」・・・・・ ←  → ・・「放射線」・・←]

これ以外にも苦痛を伴う電磁波障害の症状自体は多種多様ありますが、効果的な対処法は電磁番による防御法を検討されることです。

当初より電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症で苦痛や障害のある方にご利用いただくことを主対象といたしております。

電磁波過敏症の症状等の症状が 発現していないいわゆる健常者の方には、本器具による直接の効果は何ら自覚いただけないと存じます。

ちょうどメガネなどの補助具が日常の生活にどうしても必要な場合とそうでない場合とがあるのと同様です。
本体が光ったり、振動したりして警報を発するものでもありませんので、何の情報もなく手にされただけでは、 いわゆる(なんじゃ、こりゃ?)ということになります。(ただし電磁波被曝防止効果ということでは、 健常者にもそのまま健康器具としてご利用いただけます)

これまでにも、当方の電磁番をご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が実際に幾例もあります。
当初は半信半疑でお使いになった結果、いままでの日常的な不快感から開放されたとして大変喜ばれております。

できましたら始めに1個だけ購入していただき、電磁番の実際の防御効果を確認して十分に納得いただく手順をお勧めいたします。

磁盤電はすべて手造り製品で通常の装飾品や量産品ではありませんので一般には市販はされていません。
少数の、それも必要とされる方だけに使っていただければというポリシーのこだわりの製品です。
炭素成分を 多く含んだ黒いゴム面で被覆しており決して見栄えのよい外観ではありませが、 機能構造上のどうしても換えがたくありますのでこの点は何卒ご了承ください。
また手作りの製品ということで在庫が少なく、一度にたくさんのご注文には対応できない場合があります。


電磁番使用時の注意事項

「中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、CD・DVDショップや電気店の盗難防止システムの電磁波センサー(レーダー)の電波にも敏感に反応し有害電波の波形を変換してしまいます。
「中和装置電磁盤」本体からは何ら電気的エネルギーは出てはいませんが「中和装置電磁盤」を携帯したままで入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合があります。

店内持ち込みによる警報機誤作動やそれによる店側とのトラブルには十分ご注意下さい。

★家電製品や事務用電子機器、精密時計の傍に「中和装置電磁盤」を置かれても何ら機能的支障は生じません。
★「中和装置電磁盤」は構造上防水ではありませんので水洗いしないで下さい。また、無理に折り曲げたり分解したりしないで下さい。内部の微調整波動板や電子回路が断線してバランス構造が破損してしまいます。

季節変動などで波動吸収板(ゴム板)の接着部分が緩んで隙間が出来た場合は市販の接着剤で補強してください。破損しなければそのまま数十年間は充分に使用いただけます。

★加熱部分や火気に触れるところには「中和装置電磁盤」をセットしないでください。不燃素材ではありません。また電子レンジ内には入れないでください。電磁波過敏症

★本体を被覆するゴムの臭いが気になる場合は、「中和装置電磁盤」をそのままラップで包んでください。効果自体は変わりませんが、製品表面からのゴムの臭いが確実に防げます。

★また「中和装置電磁盤」を壁面や装置に両面テープを使って貼り付けて固定する場合は、必ず剥がしやすい固いゴム面側にテープをセットしてください。
★「中和装置電磁盤」自体には機能的な裏表の違いはありません。


「でんじ・ばん」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。

電磁波中和放電装置・電磁波過敏症の症状対策 いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。

ご家族やお知り合いに、電磁波過敏症の症状の方がおられませんか?
電磁波による傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないと思います。関心のレベルがどこにあれ、一方的に電磁波過敏症の症状を否定し差別視することは許されることではなく論外だと認識しております。
ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って海外情報などを紹介していますが、これらは国内でひろく社会問題として議論されていることではありません。
健康被害があるとしても極わずかな少数意見でしかありません。

電磁波攻撃防御 このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があります。喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」がもっとも重要と考えます。
現状において電磁波障害はまったく存在しないというのが権威ある学会や産業界を含めての社会一般の定説ということであれば、もとよりその科学的証明をここでもってやたら問う必要はないわけであります。 よって各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」には当方はまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。


ページトップに戻る