電磁波攻撃の症状電磁波過敏症の症状

悪質な電磁波攻撃から身を守る!

電磁波過敏症の症状嫌がらせ・悪意のある電磁波攻撃に防御対策はあるのか?
目に見えない電磁波攻撃によってどのような被害症状が出るのか?
なぜ電磁波攻撃は取り締まれないのか?
泣き寝入りではなく、やはり自衛していくしか最善の対応策はないのです!
これって、電磁波過敏症の症状なの!?
増え続けるハイテク被害対策は、まず自衛することです!
眼に捉えられないエネルギーそのものだから怖いのです!
気付かずに被曝してしまう執拗な電磁波攻撃・嫌がらせの苦痛から開放される最強の自衛グッズがここにあります!!

電磁波攻撃防御 特別なこともないのに、急に不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばり、引きつるような筋肉の痛み、手のしびれ、皮膚のぞわぞわ感、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴り、さらには不眠症に悩まされたりしてはいませんか?
度々口の中で金属の味がしたり、唾液が泡立つたりする不快な症状の隠れた原因をご存知ですか?
屋外からの電磁波ノイズにいくら被曝していても目にはまったく見えないのです!
電磁波過敏症そのものに伴う不快な症状は、薬では改善することはできません!
電磁波の悪影響が持続的に続くと、身体の健康を維持する働きを調節する自律神経が不安定になってしまうことがあります。
自律神経が乱されると、いろいろな不快感や症状が現れてきます。

電磁波過敏症の症状目が痛い、目の奥がうずく感じがする、目がすぐ赤くなる、まぶたが腫れる
電磁波過敏症の症状 皮膚が乾燥して赤くなる、顔面に湿疹が出る・ピリピリ、チクチクした不快感がある、顔がほてって熱く感じる、発汗がひどい
電磁波過敏症の症状不眠症やうつ症状があるが、薬を飲んでも改善しない
電磁波過敏症の症状鼻づまりや鼻水が続く、口内炎や歯周病が完治しない、口腔内がメタリックな味がする
電磁波過敏症の症状 粘膜の乾燥、異常な喉の渇きがある、呼吸困難、動悸ある、くちびるや手が震える
電磁波過敏症の症状頭痛、めまい、耳鳴り、気を失いそうな感覚、吐き気がある
電磁波過敏症の症状物忘れや鬱症状、身体の疲れ、集中力の欠如やイライラ感がある
電磁波過敏症の症状 首筋や肩のこり、腕の筋肉や関節の痛みが治らない、腕や足のしびれが出る
電磁波過敏症の症状医療機関で詳しく検査してもらっても異常は見つからない

電磁波ノイズの危険性をただここで訴えただけでは、本当の意味では解決はしません。
具体的な防御法を提示しておかなくては、何の対策にもならないということなのです。


電磁波攻撃の実態を追求する!

2017.02.03 FRI 08:00
個人の思考を読み取る「脳ハッキング」に成功:米大学実験 ごく短い時間だけ表示されるサブリミナル画像への脳神経反応を調べることで、個人の宗教的信念や政治的傾向などを調べることができるという実験結果が発表された。
ワシントン大学の研究者、タマラ・ボナチは1月31日(米国時間)、セキュリティーカンファレンス「Enigma」で、ある実験について説明した。単純なヴィデオゲームを利用して、一定のテンポで表示されるサブリミナル画像への神経反応を収集できる方法を示したものだ。
TEXT BY DAN GOODIN TRANSLATION BY MINORI YAGURA/GALILEO ARS TECHNICA (US)

電磁波攻撃防御電磁波攻撃特有の症状とはどのようなものか?


電磁波攻撃って、なに?

いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも殺人光線兵器の開発が密かに試みられていました。

実際はニワトリが殺傷できる程度の威力しかなく当時の技術力では兵器の完成までには至らなかったのですが、初歩的な原理は電子レンジに似たような発想だったようです。

その存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。

これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」(「テレパシー光線銃」)

「新しいタイプの人権侵害と暴力」Finland首席医務官Kilde医学博士の論文
Microchip Implants, Mind Control, and Cybernetics

【電磁波の種類】

[低周波 → → → → → → → → → → → → → 高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ 電波」・・← →・・「光」・・ ←  → ・・「放射線」・・←]

光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波も存在することになります。

しかもその電磁波の種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝してもまったく被害者も気付かないわけです。

医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の温かみを感じます。

調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、温めるということでは原理は同じです。

人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し熱が発生するというものです。

現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでに本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。

これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。

商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。

それには、
・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。

といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。

低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。

「参考資料」(電磁波照射事件ニュース)
違法レーザーポインター販売容疑、10業者摘発
国の安全基準を超える出力のレーザーポインターをインターネットで販売したとして、大阪や京都、栃木など7府県警が今月、計10業者を消費生活用製品安全法違反容疑で一斉摘発し、うち4業者の4人を逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。(読売新聞2016.07.30)http://news.yahoo.co.jp/pickup/6209389
・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙 http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所 http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」大阪府警 http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html

同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚も熱線・赤外線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと火傷や水泡が出来てしまいます。

つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。

現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的に影響はないといえるのかどうかまでは軍事医科学分野の情報に関わるだけに、欧米諸国とは事情が異なる背景もあって日本国内ではその詳細は分かりません。

太陽光発電パネルそうした状況を考えれば、少なくとも国内の政府機関や医療機関でもそうした電磁波関連の情報の共有はありえないということになります。

音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波により過敏に反応する人が少なからずおられます。

その場合も強い電磁波エネルギーがあるから、そこによりはっきりした身体的悪影響が出現しているのだとは一概にはいえないのです。

たとえば実例を上げますと、人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えてくる方がおられます。

ここらの反応には個人差、個体差というものがあります。 こうした場合一般には電磁波過敏症の症状だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

電磁波過敏症の症状とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。 医療機関に行っても電磁波過敏症の症状ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法や薬物とて一切ありません。

電磁波過敏症の症状は日本では医科学的な情報はまったく整備されてはいませんし、一般には認知されてもいないのです。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されておらず、たとえそのような事態が出来していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないと思われます。

しかも現代社会では大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。

さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器などもネット上には多くの情報として存在しています。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり機器類を使用したりということは、当然考えられるわけでまったく無関心ではいられないことになります。電磁波攻撃防御

動物が嫌がる超音波(電磁波)を照射して、野良猫やネズミ、ハトを寄せ付けない専用機器も市販されている時代です。

コンビニ店舗前にたむろする若者だけに感じられる高音域の波動を照射して、その場から忌避させる方法もとられています。

人間とて生体に不快感を覚える波動域の電磁波に敏感に反応するのは当然のことではないでしょうか。

実際にネット上で「電磁波攻撃、嫌がらせ」で検索すれば多くの関連情報が出てきます。

ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体に被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活空間を造ることが重要だといえます。

それが個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。

すでに欧米や中国では暴徒を鎮圧する目的で、非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」などがすでに登場してきています。

有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感」を全身に感じることになります。

このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。

そもそも電磁波で攻撃する、されるという状況は軍事医科学分野の情報によるものであって、平和な日本ではどこまでも考え及ばない想定外の事態ということなのです。

電磁波によるマインドコントロールについて
2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー動画

電磁波、電界、BMI、BCI、それに類似する電磁波で人体がコントロールできる

電磁波過敏症の症状件名:お問い合わせ

ちょっと質問ですが、近所に違法なほどの強い犬除け超音波を出している家があって、うちの犬は散歩にも出られません。

四十メートルも離れていますから、違法だと思いますが、この超音波を防ぐ手だては何かないものでしょうか?

電磁波過敏症の症状ご連絡ありがとうございます。

不快な超音波(音波)や生体に有害な電磁波が照射される方向がはっきりしている場合は、防御用の楯となるような位置に電磁番をセットしていただくとよいです。波動自体に電磁波が含まれている場合は防御が出来ます。

音波は壁などの物理的遮蔽物を設置すればある程度防げますが、電波(電磁波)の方はコンクリートの壁があっても遮断できません。

この場合、もっとも壁側であり、庭に面したフェンス側に設置していただければよいです。

通常ですと1個の電磁番で防御できるエリアが直径3~4メートルほどですので、電磁波がこちらに向かって広範囲かつ強力な指向性がある場合は横に2個セットしていただく必要があります。

犬は電磁波にも敏感ですから、効果自体は犬の反応や動きで実際に確認いただけると思います。

また散歩中は直接犬の背中や首辺りに電磁番をセットしてあげると、電磁波環境下でも散歩には行けると思います。


電磁番は、どんな場合に活用できるのか?

「中和装置電磁盤」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。(※電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症や不眠で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)

室内のパソコンや身近な電気製品、タップからの過剰な電磁波、電磁誘導が気になる方 日常生活レベルでの「電磁波過敏症の症状」、「電磁波ハザード」「原因が特定されないアトピー症状」で困っておられる方 店舗入り口の自動ドアの電磁波や照明器具の電磁波に不快感を感じて困っておられる方 パソコン操作中の不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばりや痛み、しびれ、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴り、慢性的な不眠症が気になる方車を長時間運転すると、目の周りが腫れたり顔がむくんでしまう方老年期でもないのに白内障傾向が指摘されている方 自動車運転中や通勤電車内で頭痛や肩・首筋の引きつるような筋肉痛や不快感、吐き気、めまい、疲労感に悩まされる方 自宅周辺もしくは隣接する工場、電柱トランス、送電線・変電所施設からの電磁波が気になる方 マンションなど壁越しに隣接する部屋からの変動電磁波が気になる方外部からの悪質な電磁波照射にさらされている方



店内設置の盗難防止装置の電磁波レーダーに不快感を感じる方 電磁波調理器具、ガス器具点火プラグの電磁波や静電気による皮膚のピリピリ感や掻痒感(カユミ)、目の不快感が気になる方 携帯電話やテレビゲームを頻繁に使用していて心配な方 職場でのレジスター、事務機器、モーター類の周辺でのもやもやした不快感を解消したい方近隣に設置されたソーラーパネル・パワーコンディショナー装置や動物忌避用の機器から照射される電磁波・超音波の波動が気になる方 ドライブ中のペットの車酔いを解消したい方 寝室や居室内のジオパシック・ストレス(住居環境・風水)を改善したい方 その他、原因が特定できない頭痛や疲労感、慢性的不眠症、皮膚のほてりや痒みに悩まされる方強い電磁波をあびるとめまいや、ふらつき、発作などが頻発される方

「でんじ・ばん」のさらに詳しい使用方法につきましては、 「中和装置電磁盤」を使用されているお客様の声 をご覧ください。

これ以外にも苦痛を伴う電磁波障害の症状自体は多種多様ありますが、効果的な対処法は電磁番による防御法を検討されることです。

当初より電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症で苦痛や障害のある方にご利用いただくことを主対象といたしております。

電磁波過敏症の症状等の症状が 発現していないいわゆる健常者の方には、本器具による直接の効果は何ら自覚いただけないと存じます。

ちょうどメガネなどの補助具が日常の生活にどうしても必要な場合とそうでない場合とがあるのと同様です。
本体が光ったり、振動したりして警報を発するものでもありませんので、何の情報もなく手にされただけでは、 いわゆる(なんじゃ、こりゃ?)ということになります。(ただし電磁波被曝防止効果ということでは、 健常者にもそのまま健康器具としてご利用いただけます)

これまでにも、当方の電磁番をご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が実際に幾例もあります。
当初は半信半疑でお使いになった結果、いままでの日常的な不快感から開放されたとして大変喜ばれております。

できましたら始めに1個だけ購入していただき、電磁番の実際の防御効果を確認して十分に納得いただく手順をお勧めいたします。

磁盤電はすべて手造り製品で通常の装飾品や量産品ではありませんので一般には市販はされていません。
少数の、それも必要とされる方だけに使っていただければというポリシーのこだわりの製品です。
炭素成分を 多く含んだ黒いゴム面で被覆しており決して見栄えのよい外観ではありませが、 機能構造上のどうしても換えがたくありますのでこの点は何卒ご了承ください。
また手作りの製品ということで在庫が少なく、一度にたくさんのご注文には対応できない場合があります。

電磁波過敏症の症状対策電磁波中和装置は過敏症で困っておられる方を対象といたしております。
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばん」は、大量生産品ではありません。
すべて1個づつ、丁寧に手造りした東洋医学の考え方から生まれたオリジナル製品です。

電磁番使用時の注意事項
★「中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波の波形を変換してしまいます。
電磁波過敏症の症状
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合があります。
店内持ち込みによる警報機誤作動トラブルには十分ご注意下さい。

★「中和装置電磁盤」は、治療器具ではありません。電磁波被曝対策器具です。

「でんじ・ばん」を被覆するゴムの臭いが気になる場合は、本体をラップ類で包んでいただければ機能に支障なく使っていただけます。

「でんじ・ばん」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。

電磁波中和放電装置・電磁波過敏症の症状対策 いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。

ご家族やお知り合いに、電磁波過敏症の症状の方がおられませんか?
電磁波による傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないと思います。関心のレベルがどこにあれ、一方的に電磁波過敏症の症状を否定し差別視することは許されることではなく論外だと認識しております。
ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って海外情報などを紹介していますが、これらは国内でひろく社会問題として議論されていることではありません。健康被害があるとしても極わずかな少数意見でしかありません。 このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があります。喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」がもっとも重要と考えます。
現状において電磁波障害はまったく存在しないというのが権威ある学会や産業界を含めての社会一般の定説ということであれば、もとよりその科学的証明をここでもってやたら問う必要はないわけであります。 よって各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」には当方はまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。


ページトップに戻る