治療院ホームページ制作専門・カネマサ工房

ホームページの価値は「検索結果」で決まるのです

当方のサイトが検索圏外に一気に弾き飛ばされてしまいました


自前でHP(ホームページ)を作るということは、思い通りの内容で自分の店舗を宣伝したり紹介することができます。
それはそれでいいのですが、自作するということでは所詮素人レベルなわけです。

洒落たロゴデザインや画像までプロのように見事にそろえる事はまず無理というべきです。
当然専門業者に注文した場合の仕上がりとは違って、それこそアカ抜けしたレベルには程遠いものであることには違いはありません。

HP制作カネマサ工房

それでも自作することに利点があるとすれば、直接HPが作れるということはすぐに手直しが出来ることです。
自由に内容を付け足したり、削除したり内容の変更が自在にできるわけです。

費用も自前であれば限りなく抑える事が出来ます。
当然のことですが何十万もの制作費や年間維持費などの心配がありません。
作成後も小まめにメンテナンスが出来ます。

ここまではどうにかやっていけるというわけです。

そしてここでもっとも重要なことは、はたしてその自作のHPが多くの人に閲覧してもらえるものであるかということなのです。
業者作成のものであろうと自前であろうと、HPということでは何の変わりもありません。
問題はここから先なのです。

とにかくサイトを閲覧してもらうにはHPの存在そのものをまず多くのネットユーザーに知ってもらわなくてはなりません。
ネット上では調べ物はまず検索エンジンから始まります。
店舗であれ商品であれこの手順が最初のスタートなのです。

HPのアドレスを事前にお知らせするということもあります。
しかしながらHPのアドレスが分かっている場合でもを直接打ち込む手間はいささか面倒ということなのです。

だから検索エンジンが活用されるわけです。
検索されること自体は自然な流れですが、検索される側は必死にその存在をネット上でアピールし続けなくてはなりません。
ここからは競争の世界です。

検索されて上位表示されないことにはHPの存在価値はありません。
検索で上位表示されないサイトはまるで山の中か海の底に看板が立っているようなものであって、誰も見向きもしないわけです。
ただ忽然とあるだけです。

なかにはHPを作っても検索エンジンに登録さえされていないHPさえあります。

それらのサイトは検索されることの重要性をまったく認識していないわけです。

HP制作カネマサ工房

結局のところネット上で頻繁に閲覧されるサイトは検索エンジンに上位表示される一握りのサイトだけということになります。

検索エンジンは特殊なアルゴリズムの手法によって膨大なサイト群を仕分けし、検索順位を設定していきます。
どういう基準で検索順位が設定されているのかは外部には分かりません。

一応コンテンツの充実度だとか、信頼度の高さだとかいろいろな基準があるでしょうが順位設定手順はブラックボックス状態であるということには変わりはありません。

ここにある程度の妥当な基準、信頼度、正確さ、権威ある評価、専門性、閲覧頻度、コンテンツ情報の豊富さ、サイトの継続度、被リンク、更新頻度というものが加味されているようです。

こうした検索エンジンのサイト評価の基準が常に話題になるのですが、専門業者はこれらに対応した手順を駆使して特定のサイトの順位を上げていきます。
これには大変な労力と技術が必要なわけで、これ自体がネットビジネスとして成り立っているわけです。

そういう状況下で素人が自作のサイトの検索順位を上げようとすると、これ自体は大変なことなのです。

昨年12月頃までは当方のサイトもどうにか検索エンジンではうまく認識され上位表示されていたのですが、突然同業種の検索1ページ目から一気に吹っ飛んでしまいました。

一体何が起こったのか分かりませんでした。
それこそ一夜にして状況が変わってしまっていたのです。

必死に調べていると「Googleのパンダアップデートとペンギンアップデート」という情報に行き当たりました。

パンダ? ペンギン? 何ことなのか?

どうやらGoogleの検索エンジンが、より効率よく適切なサイトを検索表示できるようにするために検索エンジンのアルゴリズムを変更調整作業したということでした。

パンダとペンギンとは評価基準を白黒はっきりさせることを目的としてるため、色が白黒のパンダやペンギンの名前を使っているのだそうです。

パンダアップデートとペンギンアップデートが何かというと、ここで言われていることは品質が低いサイトや広告が多数表示されるサイト、他のコンテンツをコピーしただけのペラサイトなど、ユーザーにとって役に立たないサイト、内容のないサイトの評価を下げて検索結果の表示順位を調整していくというものなのだそうです。

誰がそうした評価をするのかは分かりません。
人間が手作業でやるわけはなく、すべては検索アルゴリズムが組み込まれたコンピュータが一気に処理するはずです。

当方のサイトはこれによって見事に検索圏外にはじき飛ばされてしまったということになります。

飛ばされてしまってここでこのまま諦めてしまうか、再度上位表示を狙っていくか決断を迫られた形となりました。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0942-21-1968 icon FAX0942-21-1968
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る