電磁波過敏症の症状電磁波過敏症の症状
治療院ホームページ制作専門・カネマサ工房

2017年にある国際的な事件が一部で報道されていたのですが、ご存知でしたでしょうか?

電磁波攻撃自体は海外では決して珍しい事ではありません!


頭内でパーンと拳銃の音で目が覚めるとき

通常の頭痛などの症状ではなく、床に入ってほんの寝入りばなにいきなり「パーン!」という大きな爆発音が耳の側でして、そのまま慌てて飛び起きたものの、周囲では何も起こっていなかったというような経験をされたことはないだろうか。

頭の中でいきなり大きな爆発音がする、そんな経験があるとしたらそれは「頭内爆発音症候群(exploding head syndrome)」といわれるものである。

head syndromeといわれるということは、当然何らかの身体異常であろうと思われる。

電磁波過敏症を訴える人に多くみられるようで、ここではそれとの関連性が疑われるのであるが、日本では一般に注目されるような傷病ではない。


多くの場合、浅い睡眠中に発生するこの爆発音自体はほんの一瞬であり、それも1回のみである。

一晩に何度も連続的に繰り返し発生することはないようだ。


それでも頭内爆発音症候群自体は寝入りばなに発生するので、眠りそのものを妨げられることになる。

keira

これが頻繁に起これば、大抵の場合何かの病気ではないかと本人は不安に襲われるわけで、そのまま症状が解消できなないとなると精神的なダメージまで引き出しかねない。

欧米の統計によると頭内爆発音症候群は高齢者はもとより、若い人も含めた人口全体の10~20%が経験しているとされる。

これだと5人に1人は、頭内爆発音を経験する可能性があることになる。

実は「頭内爆発音症候群」は私も何度か経験がある。

睡眠が中断される不快感はもちろん、この直後には心臓も何だかバクバクする感じである。


これに何らかの薬物が効くのかどうかは分からない。

ただ「頭内爆発音症候群」については、東洋医学分野では以前から知られていた症状である。

鍼灸治療では通常は睡眠障害があるということで、こうした症状であれば肝経や心経の経絡に異常があると判断されることが多いであろう。

そこで肝の経絡上の経穴を選んで治療するところであるが、実際にはそれではほとんど効果が現れない。

sp_fig

経験的にいえば、この「頭内爆発音症候群」の治療の決め手は、肝経ではなく脾経の経穴を治療点にすることでこの不快な症状が解消することができる。

おそらくこの「頭内爆発音症候群」に対して素早く対処できるのはこの鍼灸治療ではないかと思う。

電磁波過敏症の症状と症状

 電磁番製品仕様            通販価格
電磁番サイズ 直径10cm 約220g 厚さ1.5cmの円盤型単価5,000円

※製品には使用説明書・資料を添付いたしております。
電磁波過敏症の症状


ページトップに戻る


 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー