マタニティ・サポート佳  本文へジャンプ
産前・産後の腰痛や恥骨痛について

産前産後の痛みについて

妊娠すると、腰が痛くなったり、恥骨や股関節など
が痛くなったりする方が多く見られます。
 

その原因としては、                                       
  @赤ちゃんの重みで姿勢が変わってくること 
  A体重増加による直接的な腰への負担
  B出産準備のための体の変化 
                     などがあります。

Bの体の変化とは                                  
 出産をする時には、赤ちゃんの通り道である 
産道(骨盤・膣)を広げる必要があります。
 そのためリラキシンというホルモンが分泌され、
骨と骨を結びつけている靭帯をゆるめます。 
 
 出産には必要なことですが、
靱帯や筋肉が緩むと、関節の動く範囲が過剰になることで、 
筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなります。 
 
 それに加えて、妊娠中に増加してくる自らの体と
赤ちゃんの重みでゆがみが出たり過剰な負担がかかったり
するので、腰痛や恥骨痛・股関節痛などがでたり 
激しく痛んで歩けなくなったりすることさえあるのです。


 痛みは、体の大事な信号です。
ですから、妊娠中でも仕方ないなんてことはありません。
体にゆがみが有るから、痛みが出てくるのです。
そのまま放っておくと、産後にゆがんだり、開いたまま
骨盤が固まってしまいます。
骨盤は、家で例えるならば基礎部分です。
その骨盤がしっかりしていないと、上の骨はぐらぐらしてしまい、
何かあった時に障害が出やすくなってしまいます。

産後は、緩んでいる分、元に戻りやすい時期でもあります。
女性がいちばんきれいになれる時期です。
このチャンスに、ぜひ、骨盤を整えましょう。