マタニティ・サポート佳  本文へジャンプ
院長紹介

助産師 : 井 佳世子 

福岡県北九州市在住
1994年 助産師免許取得後、総合病院に勤め
切迫早産での安静による産後の筋力低下の有る方へのリハビリの研究や
NICUにおける授乳についてのスタッフへの指導・
NICU入院児の母親への母乳外来の導入に携わるが、
特に産前・産後の腰痛・恥骨痛に疑問を持ち、総合病院を退職後、
2005年よりクラニオ・セイクラル・テラピー(藤牧経乗先生に師事)
   母子のための整体
   リラクゼーションのためのフットケア
   アロマテラピー
                 等を勉強
その間、個人病院や、保育所勤務を経験し、2009年4月に開業。

開業に際して
痛みというのはつらいものです。
私自身も腰痛を経験したことが有り、どういう体勢をとっても
 楽になりませんでした。
その時に、施術を受け、痛みが取れたことで、体に痛みがないことが
 いかに幸せなことかと実感しました。
痛みがあれば、体を動かしたくなくなったり、気持ちがふさいでしまいます。
食欲がなくなったり、眠れなくなることもあります。
また、痛みをわかってもらえないことによるイライラや、孤独感で人間らしい
 気持ちを損ないます。

産婦人科に勤めてわかりましたが、さまざまな痛みを訴えられる方が、
非常に多くいらっしゃいます。
赤ちゃんが大きくなるのだから、妊娠中の痛みは仕方がないと
以前は言われていました。
しかしながら、痛みは体のSOSです。放っておいていいものではありません。
今は、この痛みにも原因が有ることを理解し、取り組んでいる産院もあります。

痛みを抱えていると、赤ちゃんや周りに目が向きません。
幸せなはずの妊娠・出産・子育てをつらい思いを抱えたまま、過ごさないで
良いように、理解のある産院と連携しながら、快適に過ごせるお手伝いを
させていただきたいと考えて開業することにしました。