文房四宝


書の道具として用いられる最も貴重な 筆・墨・硯・紙 の四つを称して「文房四宝(ぶんぼうしほう)」と呼ぶ。

皆さんが使い慣れた、ご自由な文房四宝での練習をお勧めます。
用具の選び方が分からない場合は、お気軽にお尋ね下さい。

-かみ-
正しくは宣紙や画宣紙(がせんし)と言い、紙の大きさは「全紙」が基準です。
 ・全紙(ぜんし):136cm×68cm
 ・半切(はんせつ):全紙を縦に二分の一の大きさ。(136cm×34cm)
 ・聯(れん):全紙を縦に四分の一の大きさ。(136cm×17cm)
 ・聯落(れんおち):全紙の四分の三で、全紙から聯を切り取った残りの大きさ。(136cm×51cm)




書道とは・・・ | 月例教室 | 師範資格取得講座 | 渓雲会年間計画 | | | | | 中国古典について | メールペン字講座【無料】 | 関係リンク

《 TOP 》