トップ
着物の歴史
着物の部分名称
着物と帯の種類
はじめての着物
 きこなし術
着物TPO
着物のお手入れ
着物Q&A
日本の行事
冠婚葬祭
 
ふろしきふくさ
着物用語集
プロフィール
着付け教室のご案内
リンク
お問い合わせ先





着物を着る時には着物と帯以外にたくさんの付属品(小物)が必要になります。
  これらの小物は、それぞれ目的に応じて使わけるようにしています。
 
アイコンきものを着る時に必要なもの
アイコン帯を結ぶ時に必要なもの
 着物 (きもの) 
   ミスの第一礼装は振袖です。
   ミセスの第一礼装は留袖になります。
   結婚式や各種パーティで、着てみたい
   訪問着や付け下げ・色無地など。
   色や柄・素材などを 楽しむ小紋など。
   普段着からおしゃれ着まで 着ていく
   場所や用途に応じて、あなたに、似合う
   着物をさがして下さい。
訪問着
 きもの肌着 (きもの下着)
   着物を着る時に、一番下に着るので
   汗取りがよく、洗濯のきく丈夫なものが
   便利です。
   素材はガーゼや合繊などいろいろです。
   形は、ワンピース式のものと、上下
   二部式のものがあります。
   下部は裾よけをつけます。
   
きもの肌着
 長襦袢
   下着の次に着る、半衿の付いている
   着物です。素材はいろいろありますが、
   最近では、色や柄などが、豊富で
   きれいなものも沢山あります。
   とてもおしゃれなので楽しんでください。
   必ず半衿をかけて、衿芯が入れられる
   ようにしておきましょう。
長襦袢
 衿芯
   長襦袢の衿 (半衿をつけたところ) 
    に入れる細長い板状の芯です。
    衿のしわをとり、衿の形をきれいに
    みせます。 硬さがいろいろあるので、
    衿の形がしっかり見えるものを選ぶと
    良いでしょう。
襟芯
 腰ひも
    着物や長襦袢を締めるひもです。
    綿ひもから、合繊ひもまで素材は
    いろいろあります。
    柔らかく滑らないもので、弾力性のある
    ものなど、長さもさまざまです。
    3本〜5本くらいそろえておくと
    よいと思います。
腰ひも
   
 だて締め
  長襦袢の上や着物の上に締める
   幅の広い長方形で、薄手の帯状の
   ものです。
   伊達締めは、長じゅばんの上につける
   ことで着くずれせず、着ることができます。
    
伊達じめ
 
 だて巻
    長襦袢の上や着物の上に締める
    幅の広い長方形の、帯状のものです。
    伸縮性のある、ワンタッチのものです。
    伊達締め・伊達巻の二本あると、
    便利です。
    伊達巻きは着物の上につけると、
    着くずれを防ぐことができます。
    
    
だてまき 
 美容ベルト
   胸ひもとして、ひもの変りに使用します。
   胸元を締め付けずに衿合わせの
   着崩れを防ぐことができる、
   便利なものです。
   なければ、腰ひもで代用できます。
   飾りえりなどを使う時には、襟元の
   着崩れを防ぐことができます。
  
美容ベルト
  た び
    自分の足のサイズに合ったもので、
    伸縮性のあるものを選びましょう。
    最近は、色タビや柄タビなども増えて
    いますが、 正式に着物をきる時は、
    白タビを、はきましょう。
たび
 着物体型補整道具 (タオル)
   きものを着るときは、身体の凸凹を
   とり、筒型の体型に近ずけることが、
   着くずれしないポイントです。
   薄手のタオル3〜5枚を用意します。
   肌着の上につけるので、汗とりにも
   なります。 自分も苦しくなく着て
   いられます。
補整パット
 重ね衿
   きものの衿につける飾り衿のことです。
   単色のものや、二色使いのもの、
   柄の入ったものなど、改まった装いや
   華やかさを出したいときなどに使います。
   華やかに、おしゃれに、素材もさまざま
   です。
重ねえり
 半幅帯 (はんはばおび) 
   普通の帯地の幅を半分に折り、芯を
   入れて仕立てたものです。
   普段着から外出着まで幅広くもちいられ
   ています。 長さ320〜360cm/幅34cm
半幅帯

 名古屋帯 (なごやおび)

   九寸名古屋帯とも呼ばれ、大正末期、
   帯の簡略化を目的として名古屋で
   考案されました。 お太鼓の幅に芯を
   いれ胴にまく部分を半幅にして仕立て
   ました。 略礼装の織りのものから、
   外出用や普段用の染めのものまで
   模様づけもさまざまです。
   長さ470cm/幅34cm   
名古屋帯

 袋 帯 (ふくろおび)

    袋状に織られているもので、原則的
   には、帯芯を入れず、手先とたれ先を
   おりこんで始末しています。
   たれ先から手先まですべて柄が入って
   いる全通柄と、たれ先から六割だけ柄が
   ついている六通柄とがあります。
   長さ420cm/幅30cm

袋帯

 帯枕
   お太鼓や変り結びを結ぶ時に使う
   道具です。
   形や硬さなど、大きさもいろいろ
   あります。
   振袖などの変わり結びには、貝枕を
   使うとよいでしょう。
帯まくら

 帯板

   長さや幅などいろいろあるので注意して
   選びましょう。
   帯の中に入れるので、通気性のよい
   長めのものが帯をいためず仕上げも
   きれいです。

帯板
 帯揚げ
   帯び枕にかぶせる長方形の布です。
   絞りや綸子など素材や色・柄も豊富
   です。
   着物をきたときのポイントになるので、
   きものと帯の素材や色・などを考えて
   選びましょう。
帯あげ

 帯締め

   帯結びの最後に使い、帯全体を
   しっかりと押さえるものです。
   丸組みや平組みなど、形や色・柄も
   沢山あります。
   着物や帯の格・季節、用途によって
   使い分けて下さい。
   着物と帯のポイントになるものです。
帯じめ
 アイコン その他の便利な小物
 
 和装ブラジャー

   着物用に体型を整えるためのものです。
   洋装のブラジャーが胸元の豊かさを
   強調するのに対し、和装ブラジャーは
   胸元を押さえ美しく整えます。
   胸の豊かな人には必要ないものです。

和装ブラジャー
 着物ハンガー
   着物を着る前、着た後にきものに
   風を通し、しわや湿気をとります。
きものハンガー
 

 畳紙 (たとうし)
   厚い和紙で出来ています。
   着物をたたんでしまっておくもので、
   昔は虫よけのために渋をぬったもの
   ですが、今はほとんとみられません。 
   通気性がよいので、着物の保存に適して
   います。

たとう紙
 衣装敷き
   着物の着付けや、後片付けの時には、
   必ず下にひいて使います。
   着物や小物を汚さずにホコリから
   まもります。

衣装敷き