トップ
着物の歴史
着物の部分名称
着物と帯の種類
はじめての着物
 
きこなし術
着物TPO
着物のお手入れ
着物Q&A
日本の行事
冠婚葬祭
 ふろしきふくさ
着物用語集
プロフィール
着付け教室のご案内
リンク
お問い合わせ先








着物の歴史
私達の祖先が長い年月をかけて、季候風土や生活の中で培ってきたものは、
  その時代の社会環境の影響を受けながら、様々に変換をしています。
  現代の着物を知るためにも、過去の歴史を調べてみましょう。
古墳時代の衣服 古墳時代
   
   埴輪にみられるような服装で、「衣」と
    「褌」・「裳」をつけていました。

  ・男子・・・「衣」といわれるブラウスに
        下には「褌」をつけ脚結 といわ
        れるくりひもで膝の下を結んで
        いました。
  ・女子・・・「衣」の下に「裳」とよばれる
        長いスカート状の下衣を用い、
        ウエスト に倭丈織の帯をしめて
        いました。     
飛鳥・奈良時代

   聖徳太子の時代
   中国の唐文化の影響を受けた時代です。
   衣服令が定められ身分階級に したがい
   礼服・朝服・制服が決められ衣服の組み
   合わせや色目も階級により決められてい
   ました。

 ・男子 ・・ 頭に冠をかぶり、欠腋袍を
         着て下に表袴をはき革帯を
         しめていました。
 ・女子 ・・ 髪は前髪をとり、裾にひだの
        ついた裳をつけていました。 
         食物繊維で作った布を
         まきつけるだけの質素なもの
         でした。
奈良時代の衣服
平安時代の衣裳 平安時代

  「源氏物語」でおなじみの日本の服装の
  中でも一番美しく複雑な時代となりました。
  日本独自の色や型が出現した時代です。

 ・男子 ・・ 束帯・衣冠・直衣・狩衣・水干
         直垂などが生まれました。
 ・女子 ・・ 十二単衣・小袿袴・細長・衣被
        手には、あこめ扇と帖紙を
        もっていました。
        十二単衣は上流階級の女性の
        晴れ装束で、髪はおすべらかし
        で髪飾りをつけていました。
        長袴をはき、袿を何枚も重ね
        唐衣・裳をつけ、時季によって
        色の重ね方をちがえていました。
        庶民は麻の小袖で細帯を
        しめていまいた。
鎌倉時代

   武士が主役になる時代です。
   服装は簡素でより活動的なものに
   なりました。
 
  ・公家 ・・平安時代に略礼装とされていた
        直衣が礼装とされ十二単衣は
        五枚重ねの五つ衣でした。
  ・武士・・狩衣や水干が礼装になりました。
       平常着には前時代で寝巻として
       用いられた直垂が格上げされ
       ました。
  ・女性・・小袖(肌着)が変化し、白小袖が
        考案され色や模様のあるものが
        用いられました。
  ・上流婦人の外出姿 ・・
       つぼ装束に、垂衣をかぶり、
       髪は下げ髪でした。
       外出の時には、かけ帯を胸元に
       かけ守り袋をさげていました。
       この時代に女性は髪を結う
       習慣がでてきました。
鎌倉時代の衣裳
室町時代の衣服 室町時代

   オランダ人やポルトガル人が来朝した
   ことによって更紗やビロード、繻珍など
   多種多様の染色品が輸入され、
   我が国の染織技術の発展に大きな
   役割をはたしました。
 
  ・男性 ・・ 大門長袴
         武士の平常着であった直垂が
         礼服となり、裾を長く引く長袴と
         なって定紋をつける習慣がでて
         きました。
  ・女子 ・・小袖が表着となり、下級女官は
        腰巻姿で帯がありませんでした。
安土・桃山時代

    現在のきものの形を作り出した時代で
    着物の確立時代といえます。
    小袖が下着から豪華な衣裳として登場
    しますが、帯はありませんでした。
    片身替りや肩裾模様の意匠が生まれ、
    現在の訪問着や留袖の原型ができた
    時代といえます。
    帯が登場し、名護屋帯といわれる
    組紐の帯で、長さ一丈二尺、房が
    八寸ほどある長いものを何回も
    まわして後ろで結んでいました。
    
   ・武士 ・・ 直垂・大紋・素襖が
          主流となりました。
          平常着てして、公方・大名
          ・中間にいたるまで袴が
          用いられました。
桃山時代の衣服
江戸時代の衣服 江戸時代

   現代の和服のほとんどがこの時代に
   生まれ染織技術も、深み・味わい・精緻さ
   の点で比類ない発展をとげました。
  
  ・帯 ・・ 帯は幅が広くなり、一人では
        結べなくなったため着付け師が
        登場しました。
        この時代、帯は前後左右
        どこで結んでもよかったが、
        しだいにミスは後ろ、ミセスは
        前で結ぶようになりました。
        たつみ芸者の登場によって、
        お太鼓を結び、帯揚げ、帯締め
        が初めて登場しました。
  ・着物 ・・丈が長くなり、おはしよりが
         出てきました。
         髪ゆいが始まり、島田などの
         いろいろな形が生まれ、それに
         必要とされる髪飾りも
         生まれました。
  ・武家の女性 ・・ うち掛け姿。
  ・武士 ・・ 裃が定着しました。
明治時代

   明治維新により西洋風俗が流れ込んで
   きました。文明開化の嵐により、
   服装面も混乱状態をおこしていました。
    
 ・女学生 ・・髪は洋髪に結い上げ
         大きなリボンをつけていました。
         矢絣のきものに女袴、
         編み上げブーツをはいた
         姿が流行しました。
 ・上流女性 ・・鹿鳴館時代
          バッスル(尻当て) のついた
          洋服姿で腰の部分を大きく
          誇張し手には柄の長い洋傘と
          扇を持っていました。
  ・帯 ・・八寸帯や丸帯が主となり、
       お太鼓結びが定着した時代です。
       丸ぐけや色彩豊かな帯締めが
       登場し、帯揚げも色ものが多く
       なりました。
       衿もとに花をそえる、刺しゅう衿が
       大流行し、羽織もすっかり
       一般に定着しました。       
       着物の型は、上流社会も庶民も
       同じものとなりました。
明治時代の衣服
大正時代の衣服 大正時代

    洋装化の時代に入り、特に男性の
    洋装化はめざましく背広が流行します。
    女性は鮭色や紫のぼかし染めの
    派手な羽織や道行コートが出現
    しました。
    しかし
    第二次世界大戦の始まりとともに、
    国防色の上下服、筒袖の着物に
    モンペスタイルとなりました。
    終戦を迎え、洋装は進歩し日常生活
    から切っても切れないものと
    なりました。 
    一方、和服の方は色彩が淡くなり、
    日常的ではなくなってきましたが、
    逆に和服独自の魅力がきわだって
    くるようになりました。     
昭和時代・平成時代

   日常的な衣服でなくなってきた着物
   ですが、 逆に、着物の美しさや
   すばらしさが見直されるように
   なりました。
   日本独自の和服を楽しむ人が増えて
   きました。
   歴史の深いきもの、伝統のある
   日本の着物を、ますます発展させ、
   世界中に誇る民族衣装として残して
   いきたいものです。
昭和時代の衣服


                         (装道礼法きもの学院テキスト参照)