まぎゃのROメモ
カスタム検索
↑サイト内検索

メモリアルダンジョン−禁忌の研究所 入場クエスト

禁忌の研究所についてはコチラ

 

 

禁忌の研究所 前提クエスト

生体工学研究所侵入

レゲンシュルム研究所

レッケンベル社の噂

 

・レゲンシュルム研究所

必要アイテム
・囚人の腕輪 1個 常に持ち歩いておく、減りはしない。
・スピングラスと白ひげ NPCに使う、減らないので使いまわせる。
・ガラス球 1個 消費する
・聖水 5個 / 花たば 1個 消費する。


まず生体のダンジョン内で自動会話で呪われる必要あり。

 

そのあと、フィッシボーンに話しかけるとMAPに赤い点が出てくる。

 

すでに過去に呪われている場合があるので先に貧民街を歩く

 

「囚人の腕輪を1個もった状態で」貧民街の4箇所
貧民街入ってすぐの治安維持員付近 (294,227)
貧民街中央付近にいる修道女アンゼラの右方向 (343,278)
貧民街南東の酒場(344.229)の1階左下 (177,22) )
貧民街北東の奥 (366,315)
でのろいをくらう。

このとき、右上のところで 少年のすぐそば、黒丸のあたりを通ると「・・・」のみのウィンドウがでて、赤丸のあたりが正解の自動会話なので注意。

 

で、この自動会話が発生しないときは「囚人の腕輪を1個もった状態」で生体のダンジョンへ

 

今は土管から生体2に入ったらのろわれるのでそれでOK

 

で、貧民街4箇所で無事のろいを受けたら

 

 

長老にあいにいって会話。

 

その次はレッケンベル本社へ。

入ってまっすぐのシャンデリアの下を通ると自動でメッセージが出て呪いにかかる。

 

そのまま正面にいる [ガイド](114,181) に話し掛けて「企業の歴史について聞く」。

 

 

本社1階左奥の本棚付近に [ガイド](28,246) がいるので 「企業の事業内容について聞く」を選び、次に「企業の歴史について聞く」も選ぶ。

 

 

 

[図書ガイド] が続きはパンレットを見るように言うので本棚にある [案内パンフレット] を読む。

 

入口方面に戻って赤い絨毯の階段から2階に上がり

 

 

東の突き当たり(右に曲がる)(230,226)の秘書室へ。(273,228)付近をうろつくとメッセージが出て呪いにかかる。
秘書には話し掛けずに1階に戻る。

 


左奥にいる [警備員] に"スピングラス"と"白ひげ"を装備した状態で話し掛けて地下へ。

 

地下へ降りたら奥の部屋(右上)(58,129)へ入り、ちょっと右上に移動すると 自動で「・・・・・・」とメッセージが出た後、過去の部屋へ転送される。

転送されない場合、 パンフレットを見る → 秘書室のメッセージ&呪い → 研究室NPCに近づく の順でリトライする。

転送された部屋にいるNPC二人のどちらかに話せば二人の会話が始まる。
会話を聞き終えると元の部屋に転送される。

今度は地下研究室の南の部屋(43,114)にいるマッドサイエンティスト [ボルゼブ] と会話。
「私が誰かわかりますか?」→「あなたと話がしたい」と選択。

丸くて輝いてる物を持って来いと言われるので"ガラス玉 1個"を持って [ボルゼブ] と会話。
「仕事は何ですか?」→「何の研究をしてるんですか?」→「あなたの研究は危険を感じます」と選択。

今度は地下研究室の北の部屋(43,144)へ。
研究員NPCに近づくと「・・・・・・」とメッセージが出て、再び過去の部屋へ転送される。

NPCが1人いるので話し掛ける。元の部屋に転送されたあと自動会話で"古ぼけたペンダント 1個"を獲得する、同時にやっていると自動会話が出ないので注意。

"古ぼけたペンダント"を持って貧民街へ。
[長老] に話して「ペンダントを見せる」→呪いを解くか?→「はい」と選択。
呪いを解くので下記のアイテムを持って来なさいと言われる。

聖水 5個 / 花たば 1個

 

"聖水"と"花たば"を持って [長老] に話すと呪いを解いてくれる。
開かれたペンダントの中の写真の少女はどこかで見た気がした、と出るので [足の悪い少女] の所へ。

 

この中↓

[足の悪い少女] と会話し、「ペンダントを見せる」を選ぶ。

「ペンダントを見せる」→「今まであった事を説明する」を選ぶと自動的に家を追い出される。
家に入ろうとすると「ドアが開かない」とメッセージが出て入れないが、4回目で入れるので再び少女と話す。


会話を終えて家の外へ出ると自動でメッセージが出て、"経験値(Base 変動,Job 変動)を獲得する。
家の外付近に誰かいるとメッセージが出ない事がある。

"囚人の腕輪 1個"を所持した状態でレッケンベル本社2階秘書室へ。
奥にいる秘書 [スウェイ・シュリオ] と会話し、問い詰める。


選択肢は全部上。会話は何回も打ち切られる。

問い詰め終わったら調査するので暫く待って下さいと言われる。何度か話し掛けると調査終了。
"古い紫色の箱 1個"と"速度変化ポーション(加速Ver.) 10個"が入手できる。

 

レッケンベル本社地下1Fのマッドサイエンティスト [ボルセブ] のいた部屋に行くと NPCがいなくなっており、書類だけが山積みにされているというメッセージが流れる。
※「レッケンベル社の噂」クエストを始めるためには、ここまで完了させる必要がある。


Copyright(c) 2007-2014 magya All Rights Reserved