求人広告の注意点

求人広告とは

求人広告とは何でしょうか?

求人広告とは、従業員募集の広告のことです。

広告手段として記録性や情報量の点から、主に新聞・折込チラシ・求人情報誌などの紙メディアが使われることが多いのが特徴です。

近年ではインターネットのウェブサイトで求人を載せることも多々あり、放送メディアでは求人広告はほとんど行われていないのが現状です。

それぞれ求人広告に利用される各種メディアには特色があるようですね〜

一般新聞は、求人広告としてよく利用されるメディアです。

インターネットやフリーペーパーと違い、求人に関する掲載内容の一覧性が魅力です。

求人の詳細については自社ウェブサイトを参照させたりして、細かく補足している場合も多いようですね〜

スポーツ新聞にも求人広告が掲載されています。

スポーツ新聞では、一般紙とは対照的に、三行広告による求人広告が多く見受けられます。

スペースが限られているために用語の省略が多く、意味を知らない人が読むと分かりにくい場合もあるようですね〜

求人メディアとしては、新聞折込もよく見られるものですね♪

この求人広告は、一般紙に折り込まれるもので、多くのパート・アルバイト・正社員の募集など求人広告を掲載しているといいます。

求人情報誌も各社から発行されていて、店頭で販売されているようですね〜

書店やコンビニなどで、アルバイトや正社員の募集が載っている求人情報誌を買うことはできますし、無料で店頭に設置されたラックから配布されているものもあるようですね〜

大変便利なメディアは、インターネットの求人広告で、仕事探しにぴったりです。

職種や勤務地などの条件で検索できる求人サイトには最新の求人情報が掲載され、他の求人広告にはない便利な機能が満載なのです。

求人広告の注意点

求人広告を見る際に注意していただきたい点があります。

労働基準法に関する問題の中でも、求人広告の内容と実際の仕事や待遇が違うというのは比較的よくあるトラブルです。

ほとんどの求職者は月給30万円と求人広告に書いてあると、当然それだけの給料がその会社に就職すればもらえるものと期待してしうのではないでしょうか?

求人広告の内容は、あくまでも見込みだという場合もあることを理解しておく必要があります。

これから採用する人がどんな経験をしてきて、どんな仕事ができそうかなど、採用予定の人材についてある程度のことが分からないと、求人企業側にしてみても、正確な給与の金額が計算できないのは当然のことではないでしょうか?

求職者の経験や能力によって任せられる仕事は違うので、仕事内容に関しても多少変わってきます。

給与の差がそれによっても出てきてしまいます。

もし未経験の仕事に就きたい場合、意欲と将来性に期待して、採用基準に求職者の能力が満たなかったとしても、採用してくれることもあるのです。

採用条件としてお互いの同意があれば、経験を積むまでの間は、ある程度キャリアのある他の人より給料が安くても、不当なものではないのです。

しかし、いくら見込みだからといって求人広告に何を書いても良いというわけではありません。

前もって、何かわからないことが、求人広告に表示されている内容についてあれば、質問しておきましょう。

そうすることで、失敗せずに求人広告を見ての就職活動ができるのではないでしょうか?

求人広告とはエントリー