マイナスイオンとサンセベリア

マイナスイオンの効果

暑さや乾燥に強く環境に対する順応性の高い植物で比較的育てやすくビギナー向けの植物です。

 

小サイズなので会社のデスクの上や、キッチンなどにも育てやすくなっています。

 

地面から剣のようなかたちをした分厚い葉が出てくるタイプと、短い葉が外側に開いて放射状に並ぶタイプのもの、棒のような葉が伸び出るユニークなものなど葉の形や模様には様々なバラエティーがありますが、すべて地下から葉を伸ばしたような姿です。

 

マイナスイオン効果が高いと紹介され一躍大人気に。

 

「空気清浄植物」という売り文句で非常に話題になったことがありますね。

 

この植物のウリはなんと入ってもその育てやすさと、丈夫さにあります。

 

園芸店などで根のない葉っぱだけのサンセベリアががまるで野菜のように並べられている姿も見ます。

 

冬には一切水を与えなくても生きていますのでらくちんです(笑)

 

 

マイナスイオンの人体への作用では
ストレス緩和

疲労回復
精神安定・不眠の改善

集中力向上
血液浄化……血液のアルカリ化、粘性の低下(いわゆる「血液サラサラ」)

新陳代謝促進……細胞膜の物質交流促進
免疫力亢進

アレルギーの抑制
造血作用亢進

自律神経調整効果
毛髪キューティクルの保護

肩こり軽減
血糖降下作用

若返り  などなど

 

マイナスイオンの環境への作用では
化学的・電気的・放射線的な空気汚染の浄化

タバコの臭いやペットの臭いの除去
スギ花粉などのアレルゲンの除去

自動車の燃費向上

 

その他のマイナスイオン効果
植物の生長促進

除菌・殺菌・防腐効果

スポンサードリンク

サンセベリア(サンスベリア)

マイナスイオン,サンセベリア,サンスベリア

 

[科]
リュウケツジュ科

[属]
サンセベリア属

[学名]
Sansevieria trifasciata アツバチトセラン

[原産地]
熱帯アフリカ

 

植物特徴
マイナスイオンを発生する植物として話題になったサンセベリアの中でも代表的品種で、

「トラノオ」とも呼ばれ、空気清浄作用があるといわれます。

 

水遣りは?
やや乾燥気味を好む。

 

置場所は?
日なたを好む。ただし、夏だけは直射光を避ける。耐陰性はかなり強い。

 

 

耐寒性は?
生育適温は20〜25℃。

低温に非常に弱いが乾燥には非常に強いので水を全く与えない乾燥状態にすれば5℃以下の低温にも耐えます。

 

 

植替えは?
5〜6月が適期。2年に一度が目安。古い土を落とし、痛んだ根も切り取る。


観葉植物でリラックス

サンセベリア(Sansevieria)は、リュウゼツラン科サンセベリア属の植物で、Sansevieria trifasciata、S. grandisなどをいう。
特に観葉植物としてよく流通する S. trifasciata を指すことが多い。サンスベリア、チトセラン、トラノオ(トラノオラン)などの別名もある。

原産地はアフリカ、南アジアなど熱帯の乾燥地帯である。
地中からロゼット状に立ち上がる葉は多肉質で先がとがる。

 

多肉質の草本で、茎は地下にあって横に這い、葉だけを地上に出す。
種によっては根出葉が多少ロゼット状になって、草らしい形に見えるが、S. trifasciata などは、横に這う茎から、少しずつ間を開けて葉をつけ、それが地上に長く直立するので、板のような葉だけが立ち並んだ奇妙な姿となる。

葉に緑色の濃淡による横縞模様があるのが虎の尾蘭の名前の由来である。

 

葉を鑑賞するために観葉植物として栽培され、斑入りなどの園芸品種が多い。
多肉植物だけに乾燥に強く、水不足で葉がしおれることはあってもなかなか枯死しない。

また、日光不足に強いのも特徴である。
ただし低温と過湿には弱く、水のやりすぎなどで根腐れを起こすと葉が黄白色に変色して抜け、枯死してしまう。

 

「マイナスイオン発生効果」が注目され、人気が高まった観葉植物でもある。

 

冬は室内に入れ、水は与えない方がよい。
根っこが水を吸わないため、根腐れを起こすことがある。

土から出して(根を日光などに当てないように)新聞紙などでくるみ、暖かい場所で越冬させてもよい。
暖かくなってきたらまた地面に挿すとまた成長し始める。

 

葉が多く出るようになったら株分けで増やすことができる。
葉挿しでも根着くが、斑入り品種では斑がなくなってしまう。

葉挿しのやり方は、綺麗な痛んでいない元気な葉を5センチぐらいの間隔で切り、上下を間違えないようにそのまま地面に挿せばよい。

 

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』