痛くない「完全無痛麻酔注射」

 Aさん「怖がりなので、痛くないようにお願いします」
 歯医者「痛い処置をするときは麻酔をしますので、大丈夫ですよ」
 Aさん「その麻酔の痛みがイヤなんです」
 歯医者「塗り薬の麻酔をしてから針を刺すので大丈夫ですよ」

 歯科医院でよく耳にする会話です。

 一般に、注射の痛みには2種類あると言われています。(1)針を刺すときの痛み、(2)薬液を注入するときの痛み。この2種類です。そして、この2種類の痛みには、それぞれに複数の原因があります。麻酔注射を完全無痛で行うには、これらの原因を全て理解した上で、ひとつひとつ取り除いていく必要があります。


(1)針を刺すときの痛み

 いきなり針をブスッと刺すような麻酔は痛いに決まっています。まず表面麻酔薬を塗って、粘膜がしびれてきてから麻酔注射をする必要があります。もちろん、注射針は最も細い33Gを使用します。ところが、このようにすると痛みが軽減されるのは事実ですが、無痛にはなりません。
 何故でしょうか。原因として、①使用する表面麻酔薬の効果が弱いこと、②針を刺すときのかすかな音や圧を痛みとして感じてしまうこと、などが考えられます。当院の「痛くない完全無痛麻酔注射」プログラムでは、これら2つの原因に対してしっかりと対策します。

ジンジカインゲル
TAC

 上の写真左は、我が国で最も一般的に使われている「ジンジカインゲル」という表面麻酔薬ですが、粘膜の表面しか麻酔されません(「ハリケイン」もよく使われますが成分は全く同じです)。もっと深いところまで麻酔されなければ、針を刺した時の痛みを止めることはできません。当院の「痛くない完全無痛麻酔注射」プログラムでは、粘膜の下の骨にまで浸透するくらい強力な表面麻酔薬「TAC」を使用し、完全に効果を発揮するまで十分な時間をおきます。この強力な表面麻酔薬は、日本では販売されていませんが、欧米諸国では広く使用されているものです。粘膜に塗るだけで、通常の注射の麻酔をしたくらいよく効きます。簡単な手術や乳歯の抜歯はこれだけでできますので、これにより無痛状態で針を刺すことができます。

 粘膜が完全にしびれていても、針を刺す時のかすかな音や圧を痛みと感じることがあります。下の写真をご覧ください。当院の「痛くない完全無痛麻酔注射」ログラムでは、専用に開発された機械で、粘膜に弱いバイブレーターのような振動を与えながら針を刺します。この強力な表面麻酔薬と適度な振動により、ほとんどの方は針を刺したことがわかりません。


(2)麻酔液を注入するときの痛み

 薬液を注入するときに痛みを感じる原因として、薬液の温度注入スピードがあります。体温と異なる温度の液が体内に注射されると、たとえ麻酔液と言えども痛みを感じます。また、痛みを感じさせない為には、麻酔液はゆっくりと注入する必要があります。当院の「痛くない完全無痛麻酔注射」プログラムでは、下の写真のような機械で、麻酔液をあらかじめ体温に近い37℃に温めておきます。さらに、下の写真のような電動注射器を用いて、ゆっくりと麻酔液を注入します。

麻酔液を温める器械
電動注射器



 これらをすべて確実に行うことにより、ほとんどの方は、全く痛みを感じることなく、完全に無痛で麻酔注射を受けることができるのです。特に、注射が怖くて歯科治療を敬遠されているあなた。この「痛くない完全無痛麻酔注射」プログラムを利用し、痛くない、快適な歯科治療を受けてみられてはいかがでしょうか。


スマートフォン、携帯電話の方はこちらへどうぞ